読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

最初は短編小説その本にある事をすると長編小説

不思議な本達

ハサミを持ってお読み下さい

生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)

その本のタイトルは、生者と死者です。

 

この本のキャッチコピーが、消える短編小説!!

 

実は、この本袋とじが、沢山付いています。なので、袋とじを開ける前は、十数ページの短編小説、袋とじを全部開けると、200ページの長編小説!!

 

この本の作者の泡坂妻夫さんは、作家の他に手品師も行っていたそうです。なので自分の小説自体に、短編小説が消える手品の魔法をかけたんですねぇ(^○^)

 

この本は、昔友達が持っていたのを少し読んだのですが、その頃には、もう短編小説の面影は無く、ただの小説になっていました(~_~)何故か読んだのにストーリーをまったく覚えてません。消える短編小説のインパクトが強すぎたんでしょうね。

 

わたしは、この本を今でもたまに探してます。

 

勿論袋とじが、完全な状態でね(^○^)