読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

正月の主役伊達巻を自分で作ってみたら 100%得をする!?

一本まるまる食べてみたい

 

f:id:retogenofu:20150102121208j:plain

f:id:retogenofu:20150102121148j:plain

正月といえば[伊達巻]

伊達巻といえば[正月]ですよね。

そんなみんな大好きな伊達巻ですが、

難点を言えば[伊達巻は結構豪華な食べ物]で、しょうか。

そんな豪華な伊達巻をたくさん食べるにはどうしたらいいのか?

 

[自分で伊達巻をたくさん作れば良い]です。

 

そんな伊達巻の作り方を調べてみると結構簡単です。

なんでも伊達巻というのは、卵に魚のすりみを入れて焼いた物出そうで、

味付けも、塩と砂糖のシンプルなコンビです。

(あのなんともいえない、伊達巻の旨味は魚のすりみが出していたんですね)

 

しかも、魚のすりみのかわりに[はんぺん]で代用出来るそうで、

今では自家製の伊達巻を作る家庭が多いそうです。

「なら、作るっきゃない」て事でチャレンジしてみました。

 

材料は、

卵 12個

はんぺん 600グラム

砂糖 120グラム(卵1つに対して10グラム)

塩 12グラム (卵1つに対して1グラム はんぺんに味がついているので)

 

なんと、伊達巻の材料はたったこれだけです。

後はでっかい卵焼きを作って[巻きす]で巻くだけ。

(巻くといっても外側に波形を付けるだけでOKですね)

[巻きす]を輪ゴムで縛ったまま6時間置いて出来上がりですね。

 

早速自家製の伊達巻を食べてビックリ、

「売ってる伊達巻の味だぁ~」なんて、感動しました。

「正月以外にも又絶対に作ろう···」そう思ったのでした。

 

伊達巻一本の値段で、

自家製の伊達巻が三本作れる、

そんな100%得をする裏技の様な体験でした(^O^)

 

はてスターやコメント、ブックマークを付けて貰えると

やる気に繋がります、どうぞお気楽な気分で(^^)