読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

アドルフに告ぐの感想 自分が大人になったと思ったら読んで欲しい

マンガ 手塚治虫

完璧な知力と精神力の状態で読んでほしい

f:id:retogenofu:20150520001322j:plain

 

[手塚治虫自身の為に描いたような 超名作漫画]参考価格1500円

[アドルフに告ぐ 全5巻]ジャンル 戦争ヒューマンドラマ

 

手塚治虫先生は

医師を目指していた時に、

爆撃に合ったことがあるそうです。

 

なんでも、

もう少しで死んでしまう程の空襲だったそうで、

その時に

死というイメージが変わったのだとおっしゃっていました。

 

もう少し戦争が長引いていたら

軍医になっていたであろうという

インタビューを読んだことがありましたね。

 

そんな

死というイメージを身近に感じた時から

だいぶ価値観が変わったそうです。

 

なので、

手塚治虫の漫画は

オチが残酷な作品が数多く存在しているのでしょうね。

 

そんな手塚治虫作品の中でも、

もっとも戦争という題材が色濃い作品が、

今回のアドルフに告ぐでしょうね。

そんな今回のアドルフに告ぐの感想です(*’▽’)

 

 

アドルフに告ぐってどんな漫画

 

このアドルフに告ぐという漫画は、

戦前の日本から物語がスタートして、

さまざまな人間の心の汚さや、

人種問題が絡み合いながら、

戦争の時代へと進んで行く、

実際にあった歴史背景をなぞりながら、

アドルフという三人の男たちの人生を描いていくヒューマンドラマ漫画です。

 

この漫画なのですが

近くの図書館に置いていたのを覚えています。

 

その頃は

バリバリの戦争漫画だと思っていたので、

読むことは無かったのですが、

おそらく学生時代に読んだとしても、

さほど意味はわからなかったのではないでしょうかね。

 

しかし今になって読んでみると、

この漫画のストーリーの奥深さに気づけたので、

なまじストーリーを知らない

まっさらな気持ちで読めたことに感謝しますね(^◇^)

 

アドルフに告ぐのここが良いよね

[ストーリーの導入が最高に上手い]

 

この漫画は

ジャンルでいうと、

バリバリの戦争漫画です。

 

例えば、

バリバリの戦争漫画を

人にお勧めされて読みたいと思うでしょうか。

 

おそらく

若い年代の読者なら

パスしたくなるジャンルだとおもいますよね。

「40歳過ぎてからでもいいな…」みたいな感じだと思います。

 

しかし

このアドルフに告ぐの巧妙さといったら凄いですね。

 

この漫画は

最初はあたかもミステリー漫画の様なスタートなのです。

 

ある日、

突然芸者さんが殺害されるという事件が起こるのです。

数々の容疑者が

捜査線上にあがっては消えていく、

そんな事件の謎とともに

物語が進んで行くので、

「これって?ミステリー漫画なのか?」なんて、

続きが気になる様になっているのですよね。

 

そんな導入があったからこそ、

結局は戦争漫画に変わったとしても、

読み始めたら最後、

その結末までノンストップで読破してしまう、

そんな神様の手法に脱帽した素晴らしい作品でしたね( `ー´)ノ

 

 

アドルフに告ぐの残念なところ

[どうして好きにさせなかったのか…ページの関係です]

 

このアドルフに告ぐですが、

本来はもっと長い作品になる予定だったそうです。

 

しかし

手塚治虫先生自身の休載や、

単行本のページの関係上

相当なカットをしたそうなのです。

 

この漫画のキャラクターの

濃さといったらもう、

特濃クラス濃さですからね、

そんなキャラクターたちのストーリーが、

本来ならもっと長く読めていたと思うと、

本当に残念でなりませんね。

 

しかしそこは神様、

最後のラストの

怒涛の閉め方は流石だと思ったのでした( ;∀;)

 

 

この漫画がすきならこの漫画も好き

 

 

このアドルフに告ぐを読んだ時に、

真っ先気に思い浮かんだ作品は、

浦沢直樹さんのモンスターでしたね。

おそらくモンスターが好きな人は絶対に面白いと思います(^o^)

 

アドルフに告ぐのまとめ

 

このアドルフに告ぐですが、

購入したのはずいぶん前だったと記憶しています。

手塚治虫の漫画を

大量に購入した時に一緒に買っていたのですが、

戦争漫画だと思って読まずに置いていたのです。

 

しかし最近になって

初めて読んで感動したのでした。

 

購入した時に理解できたのかといわれると、

おそらく無理だったのでは?とも思うので、

皆さんもチャレンジする時は、

知力と精神力が完璧な休日に

一気読みしてみてはいかがでしょうか。

 

そんな

中途半端な気持ちで読むには

勿体ない素晴らしい作品、

アドルフに告ぐの感想でした(*^▽^*)