読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ユーズドゲームズとは ゲーム雑誌が書けない禁断のジャンルに斬り込んだ勇者

ユーゲーどこにしまったかな~

 

f:id:retogenofu:20150626213216j:plain

皆さんは、

ゲーム雑誌を購入する派ですか?

ゲーム雑誌を購入しない派ですか?

 

 

ゲーム雑誌の全盛期というのは、

今でいう、週刊誌の様な激しさだったらしく、

「あのゲーム雑誌にスクープされる前に、裏が取れてないけど載せろ」や、

「少しでもゲームの開発状況を教えて貰う為に、接待をしてこい」など、

子どもの為に作っている雑誌とは思えないほど、

裏工作やギリギリの駆け引きが、多かった時代だったそうです。

(このゲームはこの雑誌が一番最初に掲載する···等の、ゲーム雑誌界の暗黙の了解が多かったそうです。)

 

 

そんな、ゲーム雑誌戦国時代でしたが、

特集してはいけないジャンルがあったのをご存知でしたか。

 

みんなが利用しているはずなのに、

一切特集を組んではいけばいジャンル···。

 

それは、

[中古ゲームソフト]というジャンルです。

 

 

昔から思っていたんです。

 

どうしてゲーム雑誌に中古価格が載っていないのだろう?と。

 

確かに、中古のゲームソフトですから、

地域によって価格が違うのはわかります。

 

しかし、平均的な価格位は調べればわかるはずなのに、

ゲームの価格どころか、中古ゲームの話題すら、

雑誌内で語られる事は、ほとんどありませんでしたね···。

 

 

なんでも、最近までゲームメーカーというのは、

中古ゲームソフトという存在を認めていなかったそうで、

もしもそんな特集を組んだら、

ゲームメーカーから今後一切情報が降りて来ないかも···。

という、とても大人の事情があったんですね。

 

 

そんな中に、

颯爽とあらわれた一冊のゲーム雑誌があったんです。

その名も[ユーズドゲームズ]です。

 

このユーズドゲームズの内容はいたってシンプルです。

 

[全てのページが中古ゲームの特集]です。

 

どのゲーム雑誌も踏み込め無かった、

中古ゲームという神の領域に、

ゲーム雑誌丸ごとでぶつかって行くという荒業で、

ゲームメーカーに、バリバリ喧嘩を売っていた雑誌でした···。

 

 

雑誌の内容も、

バカゲーだけを特集するコーナーや、

500円以下で購入出来る名作ゲームのコーナーや、

隠れた名作ゲームにスポットを当てるコーナー等、

とにかく、過去のゲームに光を当てるゲーム雑誌でした。

(今でこそインターネットで、レトロゲームの情報が沢山手に入りますが、この頃はゲームを購入する事自体が大きなイベントだったので、名も知らないゲームの情報が載っているだけでも幸せな時代でしたね。)

 

 

そして、今になって分かったんです。

 

なぜユーズドゲームズが、

神様であるゲームメーカーに、喧嘩を売っても良かったのか、

その理由は結構シンプルです。

 

 

全て過去のゲームの特集だから、

 

ゲームの最新情報がまったくいらない、

 

つまり、ゲームメーカーの機嫌を取らなくて良い、

 

なら、誰も攻めてこれなかったジャンルにも行ける!!

という逆転の発想が、このゲーム雑誌の異端児を生み出したんですね♪

 

 

そんなゲーム雑誌の異端児も、

2010年に休刊となりましたが、

ユーズドゲームズのおかげで、

出会えた名作ゲームが数多く存在しましたね。

 

いつか、全冊集めたい、

そんな素敵なゲーム雑誌でした(^O^)

 

 

スターやコメント、ブックマークを付けて貰えると

やる気に繋がります、どうぞお気楽に(^^)