読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

恐怖ロマン 呪いのかつらの感想 怖いストーリーの中にある不思議な魅力

今週のお題「ゾクッとする話」

ホラー漫画なのにオカルト以外が怖い

f:id:retogenofu:20150723185618j:plain

 

[イラストの綺麗さと恐怖の展開が物凄くマッチしている] 参考価格不明

[呪いのかつら  いけうち誠一]

1982年発売  ジャンル ホラー漫画

 

私は世にも奇妙な物語が大好きなのですが、

中でも好きなのが、ホラーテイストの話ですね。

 

 

オカルト現象かと思いきや、

実は人間の汚い部分が見えてくるというのが本当に好きで、

あれだけで2時間見ていたい位の大好きさです。

 

 

そんな、オカルト以外の恐怖がこの漫画にはあった名作漫画

呪いのかつらの感想です(*’▽’)

 

 

 

呪いのかつらとはどんな漫画

 

この呪いのかつらという漫画ですが、

恐怖ロマンというシリーズの中の作品で、

1982年に発売されたホラー漫画の短編集でした。

 

 

この漫画の作者である、いけうち誠一さんは、

カムイ伝で有名な白土三平さんのアシスタントだったそうで、

今でもゴルフ漫画を描いている漫画家さんだそうです。

 

 

そんな作者の、ウィキペディアにすら載っていない幻の作品が、

今回の恐怖ロマンシリーズの中の、呪いのかつらという訳ですね。

 

 

漫画のストーリーは、

頭に付けることで、魅力的な女性へと変身できるかつらを手に入れた少女が、

どんどん怪奇現象に巻き込まれていく 呪いのかつら。

 

 

親戚のオジサンの家に引き取られていった少女が、

どんどん精神を破壊されていく  檻。

 

古いアパートに引っ越してきた家族が、

その日から怪奇現象に巻き込まれていく  霊界のささやき。

 

 

作者に送られてきた、不気味な一冊のノートの内容を漫画にした  小ちゃくなあれ。

 

 

こんな、どこから読んでも、

恐怖で夜中にトイレに行けなくなるレベルの作品ばかりでしたね(^◇^)

 

 

 

呪いのかつらの感想

[イラストがとにかく綺麗]

 

昔から言われているのが、

「ホラー漫画は、イラストが綺麗なほど怖い」という事ですね。

 

 

この漫画も、その部分はとてもしっかりしており、

ため息が出るような美しいイラストが、

この不気味な物語に、物凄くマッチしているんですよね。

 

 

普通のシーンでは、少年漫画的なイラストで進んで行くのに対して、

「ここは怖がらせるぞ」という場面では、

物凄く綺麗な、少女漫画の様なイラストが飛び込んでくるのですから、

その緩急の付け方に、恐怖も倍増という訳ですね( `―´)ノ

 

 

[オカルトだけでは無い恐怖がここにはある]

 

この漫画を読むまでは、

この漫画を、完全に古臭い漫画のシリーズだと思っていたんです。

「どうせかつらが頭から取れなくて、困るんだろうな」程度の感覚でした。

 

 

しかし、そんなシンプルな物語の展開の中にも、

どうしてそうなったのか?という謎を知って行く内に、

どんどん恐怖が襲ってくるという、とんでもない仕掛けが隠されていたんですよね。

 

 

この、オカルト現象だけで怖がらせるのではなく、

その恐怖の謎解きをしていく過程すらも、物凄く怖いという、

とんでもない名作漫画がひっそりと発売されていたんですね。

 

 

特に、最後の小ちゃくなあれという話では、

ある少年が送って来た、一冊のノートを漫画にするというだけの話なのに、

ドンドン恐怖が襲ってくるのが素晴らしかったですね。

 

 

物語の展開でいうと、

少年が書いているのは、妄想のノートだったという流れなのですが、

こんなにも残酷になれるのかという内容に、

作者自身すら拒否したくなるという展開が、本当に気持ちが悪く、

今まで読んだ、どんな作品よりも気持ち悪かった作品でしたね。

 

 

ただの妄想のノートというオカルトとは全く関係ない展開なのに、

どんなホラー作品よりも怖かったのが、この漫画、呪いのかつらなのでした(*´Д`)

 

 

 

呪いのかつらのまとめ

 

ちなみに、この漫画を読んだのはだいぶ昔だったので、

ストーリーを全て忘れていたのですが、

漫画を数ページ読み返した瞬間から、どんどん恐怖の記憶が蘇ってきて、

「そうだ、この漫画を読んで、夜中にうなされまくったんだ…」と、

少し後悔したのでした(/ω\)

 

 

他のホラー漫画とは、比べ物にならない程の恐怖が、この漫画にはある 

そんな、呪いのかつらの感想でした(*^▽^*)