読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

デビルマンの長めの感想 何度読み返しても絶対に面白い悪魔的な漫画

マンガ 心のマンガ

あなたのオススメのマンガはなんですか?  私はデビルマンです!!

 

f:id:retogenofu:20150731235132j:plain

[結末を分かっているのに、どうしてこんなに面白いの]

[デビルマン  永井豪  全5巻] 参考価格6000円

1972年発売  講談社  ジャンル サイコホラー ヒーロー漫画

 

友達によくこんな事を聞かれます、

「一番面白いマンガってなに?」と。

 

 

この質問は意外と困りますが、これに似た質問で、

「ももクロの曲の中で一番好きな曲ってなに?」があります。

 

 

この質問も困ります、そして毎回言う答えはこうです、

「その時の精神状態で毎回変わる」です。

 

[レトロゲーム]も

[マンガ]も

[ももクロ]も

その時の精神状態で、一番好きなものがころころ変わるんですよね。

 

 

落ち込んでいる時の感じではこれ、

 

明るい気持ちの時はあれ、

 

寂しい時の気持ちではそれ····など毎回変わります。

(なので、好きな小説の時は一番多く購入した作品を言う様にしています。)

 

 

そんな事を友達に言うと、こう返ってきます、

「じゃあオススメのマンガはなに?」と。

 

そんな時はこう返します、

「デビルマンがオススメだよ···」と。

 

なぜデビルマンが良いのかというと、理由はとても簡単です。

マンガをちゃんと読まないと全く意味が分からないからです。

 

 

そんな今回の、読めば読むほど面白い悪魔的な作品

デビルマンの感想です(*’▽’)

 

 

 

デビルマンとはどんな漫画

 

このデビルマンですが、

1972年に講談社から発売された、

ホラー漫画とヒーロー漫画が奇跡の融合を果たした作品でした。

 

 

デビルマンのストーリーは、

主人公の不動明が、

とある事情から残忍な性格を持っているデーモンと合体してしまい、

デビルマンになってしまう。

そんなデビルマンを殺害するべく、デーモンたちが襲ってくる…。

こんな感じのストーリーでした。

 

 

デビルマンを読むまでは、

勝手に、主人公がデビルマンに成って、次々と現れる悪を倒して行くという、

ウルトラマン的なヒーローマンガの感じだと思っていました。

(デビルマンのアニメはこのイメージで合っています)

 

 

しかし、デビルマンのマンガを読んでビックリ、

まさかの完全なるホラーマンガでした。

 

 

最初の方は、デビルマンとデーモンの戦いがメインです。

 

ちゃんとした、ヒーロー漫画の様に描かれているので、

デーモンが現れる、デーモンの得意技を受けて苦戦する、最後はデビルマンが勝つ。

こんな、とても安心できる展開で進んで行ってくれます。

 

しかしどうでしょうか、物語が進んで行くにつれて、

どんどん気持ちの悪い展開になって行くんです。

 

デーモンも気づいたんでしょうね、

「別にデビルマンを倒さなくても良いのではないか」

「デビルマンを倒すよりも、人類を滅亡させた方が簡単なのでは」

こんな方向転換をしていくんですよね。

 

するとどうでしょうか、全国各地でデーモンが起こしたであろう、

残忍な事件が多発するようになっていくんです。

 

人間を滅ぼすには、人間同士で争わせれば良い、

そのきっかけを与えるだけなのですが、どんどん世界が狂っていくんですよね。

 

 

そんな展開から、

人類と悪魔の戦いを描いた最終戦争に突入していくという流れでしたね。

 

 

中学生の時に、古本屋から全巻買ってきたのを読んだのですが、

1ヶ月位は、学校の帰り道が最高に怖かったのを覚えています。

「悪魔が襲ってくるのではないか…」

こんな、ホラー映画を見終わった後の感覚と同じでしたね。

 

 

なので、デビルマンを初めて読んだ印象は、

ただの不気味なホラーマンガでした(^◇^)

 

 

デビルマンの感想

[ラストの結末が時間によって変わって行く]

 

このデビルマンですが、読み終わってから数日間は、

表紙も見たくないくらいの、怖さが漂っていました。

 

しかし、時が経つにつれデビルマンの印象が徐々に変わっていって、

四回目にデビルマンを読み終わった時に、

「デビルマンって、こんなに素晴らしいマンガだったんだ…」

 

「デビルマンって凄いんだなぁ…」そんな衝撃でしたね。

(初めてデビルマンを読んでから、かれこれ6年位が経っていました。)

 

 

それからというもの

どっぷりデビルマンの世界にはまってしまい、

遂には永井豪作品が売っていたら、自然と集める様に成ったのでした。

 

 

最初のデビルマンの感想は、物語の意味が殆ど分からなかったので、

「なんだよ、この変な終わりかた…」という感想でした。

 

 

しかし、何度も何度も、繰り返しデビルマンを読みこんでいる内に、

作者が伝えたかったことの意味が、少しずつ理解できるようになっていき、

最終的には、

「なんだよ、この漫画史上最高の終わりかたは!!」でしたね( `―´)ノ

 

 

[なんだったら、三巻からでも読んで欲しい]

デビルマンは文句なしで素晴らしい作品だと思います。

 

しかし、問題があるんですよね。

それが、中古の値段がとんでもなく高いという訳ですね。

 

オリジナル版では無くて、

お求めやすい復刻版ですら定価よりも高いという、困った存在なんです。

 

 

もしも、値段が高いという理由で、デビルマンを敬遠しているのであれば、

ハッキリ言います、三巻から読んでも充分楽しめる作品になっています。

 

確かに、最初から読んだ方がデビルマンを100%楽しめるのですが、

三巻からの物語の展開が本当におもしろく、

三巻の怒涛のラストを読んだ時の、次の巻を読みたくなる感じは、

どんな漫画の終わり方よりも完璧で、

もしも、四巻だけ売り切れだったら暴れまわる自信がありましたね。

 

なので、三巻から五巻の最後の三冊を購入して、

デビルマンにどハマりした時に、一巻と二巻を購入するのが良いかも知れませんな。

 

 

三巻の怒涛のラストだけでもぜひ体験してください(*´Д`)

 

 

 

デビルマンのまとめ

 

オススメのマンガはなんですか?

 

読めば読むほど、結末の印象が変わる悪魔的なデビルマンです(*^▽^*)

 

 

スターやコメント、ブックマークを付けて貰えると

やる気に繋がります、どうぞお気楽な気分で(^^)