読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

がんばれゴエモン3 昔の自分と同じ所でつまずく 人間って成長しないんだね

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム

アクションゲームの楽しさをギュッと濃縮

 

f:id:retogenofu:20160905180709j:plain

[和風版のメトロイド そう それが がんばれゴエモン3]

[がんばれゴエモン3  コナミ  スーパーファミコン]

1994年発売  ジャンル アクションゲーム  参考価格 1400円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  5時間

このゲームに対する世間の評価  やっぱりゴエモンって凄い

どんな人におすすめ? メトロイド系のアクションが好きなら 遊んでほしいな

バーチャルコンソールで配信あり

 

新桃太郎伝説を20年ぶりに、がっつり遊びました

 

その流れで、聖剣伝説3も20年ぶりにがっつり遊びました。

 

そんな流れで、このゲームも20年ぶりに遊びました。

 

 

そんな今回の 昔つまずいたところで もう一度つまずく

がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛のからくり卍固めの感想です。

 

 

 

がんばれゴエモン3とはどんなレトロゲーム?

 

このがんばれゴエモン3ですが

1994年にコナミから発売された

スーパーファミコン専用のアクションゲーム作品でした。

 

ゲームの目的は

未来の大江戸に飛ばされてしまったゴエモンたちが

その世界で大暴れしている盗賊団を懲らしめるために大冒険する

こんなあらすじでした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションゲームで

情報収集はRPGの様に街を探索して

アクションステージは横スクロールのアクション

こんな独特なゲームシステムでした。

 

似たタイプのゲームで言いますと

「レッドアリーマー」の様な感じでしょうかね。

 

今までの江戸時代を冒険するのではなく

未来にタイムスリップして、からくりメカが溢れる未来を冒険する

こんな壮大さがありました。

 

ゲームの基本的な流れとしては

 

なにか厄介事が起こる

その解決策がステージの奥にある

そこで手に入れたアイテムが、新たな道を開いてくれる

そしてまた、厄介事が起こる

こんな感じでしたね。

 

敵を倒すことで、お金をゲット出来まして

そのお金を使って、回復アイテムや装備アイテムを買って行く

がんばれゴエモンならではの楽しみも健在でした。

 

そんなアクションゲームの楽しさが詰まった

今なお愛され続ける名作なのでした。

 

 

 

がんばれゴエモン3の感想でもあり レビューでもあり

 

[メトロイドが和風だったらこうなるのかな?]

 

メトロイドという名作アクションがあります。

 

とんでもなく広いマップを

謎解きをしながら進んで行く

激ムズのアクションゲームです。

 

そんな展開が、このがんばれゴエモン3でも楽しめました。

 

今作では、マップのシステムが搭載されていまして。

自分が行ったところに色が塗られていくシステムでした。

 

「あそこに行きたいけど、行き方がわからない」

「あれ?あそこまだ行ってないな?」

「ここに繋がってたんだ!!」

こんな素晴らしさがありました。

 

ステージを全然進めないとします

という事は、どこかに取りこぼしがある訳ですね。

 

その取りこぼしを、塗りつぶしていく事で

新たな装置を手に入れたり

新たなアイテムを入手できるんです。

 

ただ次に進めるだけなのに

最高の幸せを感じることができる

まさに、メトロイドと同じでしたね。

 

ウォーカーというロボットに乗り

鋼鉄の扉を火炎放射器で焼き切ったり

敵を凍らせて、足場にしながら進んで行く等

新たなゴエモンの世界を楽しむことができたのでした。

 

 

[招き猫集めが楽しい そして面倒くさい]

 

そんなステージに隠されているのが

招き猫と燃料タンクでした。

 

このアイテムは

ゼルダの伝説のハートのかけらの様な物で

4つ集めると最大値がアップします。

 

このアイテムを取っていく事で

貧弱だったゴエモンを、どんどんパワーアップさせることができました。

 

しかし、このアイテムを集めるのが本当に大変でしたね。

 

ギリギリのタイミングでジャンプしなければいけない場所にあったり

全てのアイテムを取った後に、改めてその場所に行かなければならなかったり

中々の大変さでした。

 

そのぶん、アイテムを集める事で

ゲームの難易度がどんどん下がって行きますので。

死に物狂いで集めまくりでしたね。

 

ゲームの上級者になって来ると

あえてこのパワーアップアイテムを無視して

初期状態でクリアするそうなので

何度でも繰り返し遊べるという意味では最高でした。

 

まあ、全てのアイテムを集めると隠しボスに出会えますので

結局は頑張るのですがね。

 

 

[キャラクターをチェンジしながら遊ぶ 楽しさ]

 

このゲームでは

主人公のゴエモン

相棒のエビス丸

カラクリメカのサスケ

くのいちのヤエちゃん

 

こんな個性的な4人を

交互にチェンジしながらステージを進んで行きます。

 

小人になれる能力を持つ エビス丸

銅像を破壊できる サスケ

人魚に変身して、水の中を縦横無尽に移動できる ヤエちゃん

 

こんなキャラクターたちを駆使しながら

広い世界を大冒険する

そんな楽しみがありました。

 

「どうやって先に進むんだよ!!」からの

「あれ?さっき覚えた小人の術をつかうのかな?」こんな楽しさがありました。

 

次に進めなかったら

覚えた術や攻撃方法を、とりあえず全員分試してみる

そして新たな扉が開く

これこそが、がんばれゴエモン3なのでした。

 

 

[巨大ロボに乗って戦う 爽快感抜群のバトルシーン]

 

このゲーム最大の売りを考えた時に

真っ先に思い浮かんだのが

巨大ロボットに乗って戦うバトルシーンでした。

 

「ゴエモンインパクト」という巨大ロボットに乗りこみまして

相手の巨大ロボットと戦います。

 

ボスにたどり着くまでは

グラディウスの様な横スクロールシューティングで

ゴジラの様に相手の基地を破壊しまくる

 

ボスに辿り着いてからは

マジンガーZの様に巨大ロボットとのガチの殴りあい

 

こんな凄さが最大の魅力でしたね。

 

 

[昔の自分と 同じ場所で詰まる]

 

このゲームを20年ぶりにプレイしたのですが

その時に思っていました。

「確か、温泉のステージで最高に悩んだんだよな?」と。

 

このゴエモン3ですが

当時から謎解きが難しいと話題でした。

 

それこそ、脳みそをフル回転させて攻略しなければならず

かなりの激ムズゲームとして有名でした。

 

そんな中でも、温泉のステージの難易度はかなりのもので

みんなの心にトラウマを植え付けたと思います。

 

そんな記憶でプレイをしましたが

「とか言いながら、意外とサクッとクリアできるんだろうな」と思っていました。

 

だってあれから20年経ってるわけですから

それはもう、絶対にクリアできると思うじゃないですか。

 

 

まさかの、1時間足止めを食らいましたね。

 

あるポイントまで行くと

進むことも、帰る事も許されなくなります。

 

行ける場所が限られている状況で

とにかく打開策を見つけなければいけません。

 

行ける場所もすべて行った

押せるボタンも全て押した

やれることはすべてやった

それでも一向に突破できない

こんな状況でしたね。

 

帰れないという事は、一応はクリアの方法はあるという事です。

(帰れる場合は、アイテムや術の取りこぼしの可能性がありますので)

 

ですので、その希望を胸に

とにかく頑張りましたね。

 

基本的には、物凄く単純な仕掛けなのですが

いままで一度も、その謎解きの仕掛けを出していないので

プレイヤーは騙されてしまうんですよね。

 

気づけば本当に簡単

気づかなければまったく解けない

そんな謎を後半のステージにそっと隠す

そして絶望を与える

 

人間って、20年経っても成長しないんだね。

 

 

 

がんばれゴエモン3のまとめ

 

こちらから購入できます

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

私が1時間悩みまくったステージを

貴方は何分でクリアできるでしょうか。

 

是非とも遊んで楽しんでみて下さい。

 

なにがそんなに面白いのか?

 

セーブが出来るがんばれゴエモン

これだけでも最高に素晴らしいのに

 

メトロイド並のアクションステージ

グラディウスの様な横スクロールシューティング

マジンガーZに乗っているかのような、ガチの殴りあい

 

そんな、アクションゲームの楽しさがすべて詰まった

おもちゃ箱のようなところでしょうね。

 

この時代のコナミ、カムバック!!

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

今ではバーチャルコンソールで配信されていますので

WiiUをお持ちの方は、この機会に遊んでみてはいかがでしょうか。

 

温泉のステージをクリア出来ないで 売りに行く友達が続出

そんなステージに終止符を打て

それこそが今急いで買う理由です!!

 

 

そんな今回の 人間は成長しないんだな

がんばれゴエモン3の感想です。