読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

トルネコの大冒険3とは たぶん 一生終わらない だって究極のやりこみRPGだから

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム ドラゴンクエスト

トルネコシリーズ堂々の完結編?

 

f:id:retogenofu:20161202233614j:plain

[未だに、コンプリートしなければという思いが強い 廃人仕様のゲーム]

[トルネコの大冒険3   スクウェア・エニックス  プレイステーション2]

2002年発売  ジャンル ダンジョンRPG  参考価格1200円

 

記事のネタバレ度  ガッツリ高め

攻略に必要なプレイ時間  50時間から300時間

このゲームに対する世間の評価  結局のところ、トルネコは一生遊べるんですよね

どんな人におすすめ?  時間が有り余っている人にしか お勧めできないかな?

 

 

初代トルネコの大冒険は

苦労しながら熱中して、何度も繰り返しプレイしました。

 

続編のトルネコの大冒険2は

前回の初代トルネコで学んだ、ダンジョンRPGのテクニックを利用しながら

スイスイと進んで行きました。

 

そして今回の、トルネコの大冒険3が発売された時に

「今までのテクニックで楽勝かな♪」なんて

お気軽な感覚でプレイして

 

「これはトルネコシリーズの中でも、屈指の難易度だ」と震えましたね。

 

 

そんな今回の、もしかしたらトルネコの大冒険史上、最も長く遊べるのでは

トルネコの大冒険3の長めの感想です(*’▽’)

 

 

 

トルネコの大冒険3とはどんなレトロゲーム?

 

このトルネコの大冒険3ですが

2002年にスクウェア・エニックスから発売された

プレイステーション2用のダンジョンRPGでした。

 

スーパーファミコンで初代トルネコの大冒険

プレイステーションで続編のトルネコの大冒険2

そして、プレイステーション2で今回のトルネコの大冒険3の発売という訳ですね。

 

 

そして今回の作品を最後に

トルネコの大冒険シリーズは完結してしまいました。

(ヤンガスの大冒険という外伝的な作品は出ていますが)

 

ゲームの目的は

突如として眠りから覚め無くなってしまった

息子の「ポポロ」を救う為に

主人公の「トルネコ」が大冒険していく。

こんな目的でした。

 

ゲームのシステムは

自動で生成される「ランダムダンジョン」というシステムをそのままに。

 

今までの様に

ハラハラドキドキを味わえるどころか

 

今まで以上に

胃が痛くなる程の緊張感を味わうことが出来る

とてつもないゲームシステムになっていまして。

 

トルネコの大冒険史上

最も遊び応えのある作品へと進化していたのでした。

 

 

そんな、今でも正式な続編を心待ちにしている

トルネコの大冒険でしたね。

 

中古福袋青年向けコミック 300冊セット

 

中古福袋じゃんく アニメDVD 20本セット

 

トルネコの大冒険3の感想でもあり レビューでもあり

 

[これはもはやポポロの大冒険?]

 

トルネコの大冒険ですから

主人公はもちろんお金が大好きなトルネコです。

 

そんなトルネコですが、ポポロという息子が居るんです。

 

その息子のポポロが

今回のトルネコの大冒険3では、二人目の主人公としてプレイ出来る訳です。

 

 

最初はトルネコを操って

今までのトルネコの大冒険を楽しむ。

 

無事にポポロを助け出すことが出来れば

新たなポポロの大冒険が始まって行く…。

 

こんな熱い展開が魅力でした。

 

そして、このポポロ最大の特徴が

ダンジョンに居る、どんなモンスターでも

仲間に出来るというシステムです。

(ラスボス以外のモンスターは、どんなモンスターでも仲間に出来ます。)

 

 

トルネコの場合は、モンスターはただの邪魔者です。

 

ダンジョン攻略の大きな障害になってきます。

 

つまり、姿を見たくもない存在という訳です。

 

 

しかし、ポポロの場合に関していうと

モンスターは、一緒にダンジョンを潜ってくれる

大事なパートナーに早変わりです。

 

仲間にした事が無いモンスターを見た時の

あの胸の高鳴りは

「絶対に仲間にしてやるぞ!!」なんて

まるでレアアイテムを見つけたような気持ちにさせてくれます。

 

そんな個性豊かなモンスターを

全種類集めることこそが

今回のトルネコ3の裏の目標でもあるんですね。

 

 

新しいモンスターを見つける

 

新しいモンスターを仲間にする

 

新しいモンスターのレベルを極限まで上げる。

 

こんな

今までのトルネコの大冒険のゲーム性を

根底から覆す程の、究極のやりこみシステムが

このゲームにはありましたね。

 

 

 

[オートセーブが遂に復活]

 

今回のトルネコ3では

全てのダンジョンでは無いですが

難しいダンジョン限定で、オートセーブが復活してくれました。

(オートセーブというか、ゲームをやり直すために、故意に電源を切ると持ち込んだアイテムが消え去るという、昔ながらのシステムを継承していました。)

 

 

ダンジョンRPGのドキドキ感というのは

生きるか死ぬかのせめぎ合いを楽しむ物だと思います。

 

前作のトルネコの大冒険2では

リセットボタンを押すことによって

そのリスクを帳消しにできる、優しいシステムになっていました。

 

しかし、今回のトルネコの大冒険3では

ダンジョンに挑戦する前には、強制的にセーブをしなければならず。

 

リセットボタンを押したら最後

その場で、失敗扱いにされるという硬派なシステムへと変更されていました。

 

つまり、ダンジョンで死んだら最後

持っているレアアイテムを、全て失う覚悟がある者だけが

まだ見ぬ、未知のお宝をゲット出来るという訳ですね。

 

データのコピーが不可能という

退路を断ってくるシステムも、鬼でしたね。

 

そんなドキドキ感が

遂に帰ってきてくれたのですから

「トルネコの大冒険2は少し優しすぎだよね…」という

トルネコの上級者にも、楽しめるゲームに進化したという事なんです。

 

 

そんな、前作で離れてしまった人にこそお勧めしたい

オートセーブ機能の復活なのでした。

 

 

 

[100時間経ってもコンプリート出来ない]

 

トルネコ3の凄い所は

ゲームをクリアしてからが本番な所です。

  

最強の武器や防具や指輪を求めて

日夜ダンジョンに潜る

そんなディアブロ的なトルネコが、このゲームにもちゃんと居ます。

 

これだけでも、アイテムをコンプリートするのには

膨大な時間と労力が必要です。

 

しかし、今回のトルネコ3は

ダブルの主人公システムです。

 

 

そして、もう一人のポポロこそが

コンプリートを目指す為の大きな壁になるという訳です。

 

なにせ、モンスターが全然仲間にならないんですからね。

 

これが、比較的に直ぐに行けるダンジョンなら

そこまで苦労する事無く集める事ができます。

 

アイテムを満タンにして

最強のモンスターをお供に従えて

仲間になるまで挑みまくる

 

これで万事解決です。

 

 

しかし、とんでもなく難しいダンジョンにしか生息していない

魅力的なモンスターたちも、それはもう数多く存在しています。

 

そんなにも、難しいダンジョンですからね

 

ダンジョンの奥深くに行くのにも…数時間

 

魅力的なモンスターを仲間にするのにも…数時間

 

そんな苦労の結晶も、自分が死んだら水の泡という訳です。

 

なにせ、モンスターを100匹倒して

ようやく一匹仲間になるとかそういうレベルの話ですから。

 

それらのレアモンスターを

全て集めるのが目標なのですから。

トルネコの大冒険3に2~300時間は捧げる勇気が必要になってくるという事ですね。

(トルネコに50時間、ポポロに150時間といったペース配分でしょうかね)

 

 

とんでもなく長い時間遊べるという反面

失敗するだけで、軽く5時間位は吹っ飛んでしまうのが

最大のセールスポイントでもあり、

最大のマイナスポイントなのでした。

 

 

 

このゲームの本当の面白さは…穴掘りですか

 

このトルネコ3では、ダンジョンの壁に

何故か?レアアイテムが埋まっているというとんでもないシステムでした。

 

この穴掘りならぬ、壁堀が本当に楽しかったですね。

 

なにせ、魅力的なアイテムの数々が

もしかしたらですが、今自分の隣の壁に埋まっているかもしれない訳ですからね。

 

このドキドキ感たるや

いつまでも壁を掘っていたいと思わせてくれる程でした。

 

トルネコの場合は

つるはしや魔法のつえ、巻物でコツコツと。

 

ポポロの場合は

壁を掘ってくれるモンスターをダンジョンに放して

自分はその場で足踏みをして、時間の経過を待っている。

 

そんな、まだ見ぬ魅力的なお宝を探すために

それぞれの壁堀ライフを、何時間でも満喫するのが

一番好きだったのかも知れません。

 

 

 

トルネコの大冒険3のまとめ

 

こちらから購入できます

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

トルネコの大冒険で

ダンジョンRPGというゲームジャンルに触れて

 

トルネコの大冒険2で

ダンジョンRPGというゲームジャンルを有名にして

 

トルネコの大冒険3で

ダンジョンRPGの無限の可能性を教えてくれた。

 

こんなにも素晴らしいゲームを是非とも遊んでください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ローグライク本来のハラハラドキドキ感

 

やりこみゲーム特有の、図鑑を埋めていく快感

 

5時間の努力が、5秒で消え去るストレス

 

そんな全ての要素が大好きでした。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

実はこのゲームですが

一度ゲームショップに売りに行きました。

 

しかし、とある情報に行きつきまして

急いで買い戻しに向かったという訳です。

 

それは「スモコン」「ペンコン」と呼ばれる

攻略テクニックでして。

 

攻撃すれば分裂する スモールグール

仲間を呼び出す  タップ―ペンギン

 

この二種類のモンスターを爆発的に増やして

経験値とアイテムをがっぽり稼ぎましょうというテクニックでした。

 

この緻密に計画された

ピタゴラスイッチを完成させることができれば

今までは運否天賦で挑んでいた

「ポポロの異世界攻略」が格段に楽になるという話でした。

 

そんな情報を読んだ時に

「自分でも試してみたい」と思った訳です。

 

初代トルネコの大冒険の「ベビーサタン狩り」の様に

知ってる、知らないで、ゲームの面白さが格段に変わってきますので。

 

当時に、「異世界攻略なんて無理!!」なんて思っていた方は

この機会に攻略してみてはいかがでしょうか。

 

 

一応のリメイク作品として

ゲームボーイアドバンス版も発売されていまして。

 

エクストラモードなる

おまけのダンジョンが追加されているそうなので

ベットの上で寝転んで遊びたい人には

ゲームボーイアドバンス版がお勧めですね。

(そのぶん値段もお高めなのですがね)

 

大きな画面で遊びたい人は PS2版

 

ベットの上で、寝る直前まで遊びたい人は GBA版

 

これこそが、今急いで買う理由です!!

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

もっともディープで

もっとも濃厚で

もっとも遊び応えがある作品

それこそが、今急いで1200円で買う理由です

 

retogenofu.hateblo.jp

retogenofu.hateblo.jp

retogenofu.hateblo.jp