読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

仮面ライダー555  このゲームのクオリティ 上の上!!

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 仮面ライダー

ボタンを連打するだけでクリアできる  中々のシンプルさ

 

f:id:retogenofu:20161221220755j:plain

[格ゲーを楽しみ ポイントを稼ぎ  延々とスロットマシンにつぎ込む]

[仮面ライダー555  バンダイ  プレイステーション2]

2003年発売  ジャンル  格闘ゲーム  参考価格510円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  3時間

このゲームに対する世間の評価  ファイズはやっぱり曲がいいよね

どんな人におすすめ  ファイズ世代には絶対に遊んでほしいな

 

 

最近は仮面ライダーのゲームばかり遊んでいます。

 

当時はなかなかのお値段でしたので

購入する気にはならなかったですが。

 

今では数百円で買えますからね

一気に5本買っちゃいましたね。

 

龍騎とカブトも欲しかったのですが

まだ1500円程しましたので

 

もう少しだけ粘ってみようかなと思います。

 

 

そんな今回の  龍騎をとばして このゲームの感想を書こう

仮面ライダー555の感想です。

 

 

 

仮面ライダー555とはどんなレトロゲーム?

 

この仮面ライダー555(ファイズ)ですが

2003年にバンダイから発売された

プレイステーション2専用の格闘ゲーム作品でした。

 

仮面ライダークウガ

仮面ライダーアギト

仮面ライダー龍騎

 

そして仮面ライダー555

 

そんな平成ライダー4弾目の作品で

「ストーリーが複雑すぎるライダー」として

一部では有名な作品でした。

 

そんな仮面ライダー555が

プレイステーション2という

とてつもないゲーム機で発売されました。

 

それが今作でしたね。

 

 

そんなゲームの目的は

仮面ライダー555を操りまして

格闘ゲームを楽しむ

シンプル過ぎる作品でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな格闘ゲームで

「バーチャファイター」や「鉄拳」などの

3D格闘ゲームでした。

 

複雑なコマンドなどいらず

ボタンの組み合わせで、相手をぼこぼこにする

そんなシンプル過ぎる作品でしたね。

 

仮面ライダー555のみならず

仮面ライダーカイザ

仮面ライダーデルタ

ホースオルフェノク

クレインオルフェノクなどなど

沢山のキャラクターを使用することができまして

隠しキャラを出していく楽しさもありました。

 

 

操作方法が

かなりシンプルになっていまして

 

□ボタンで掴み技

○ボタンで小攻撃

×ボタンで大攻撃

△ボタンで必殺技

 

こんな感じで、めちゃくちゃ簡単になっていました。

 

複雑なコマンドが無いので

仮面ライダー555を見ている

低年齢の子供で遊べるようになっていたのかしれません。

 

仮面ライダーカイザなんて

○ボタンを連打しているだけで、エンディングまで行けますからね。

 

ストレス解消には良かったのではないでしょうか。

 

 

仮面ライダー555の世界で

3Dのリアルな格闘ゲームを楽しむことができる

これだけで満点をあげたい作品なのでした。

 

 

 

仮面ライダー555の感想でもあり レビューでもあり

 

[今度の仮面ライダーは 基本的には連打ゲームだ]

 

この仮面ライダー555ですが

ゲージを溜めて、必殺技を使用するシステムでした。

 

相手をガンガン殴りまして

ゲージを溜めていきます。

 

そしてゲージがマックスになった瞬間に

△ボタンを押すことで

ムービーシーンと共にド派手な必殺技が繰り出される

こんな作品でした。

 

ただ、ここで特殊なシステムが発動されます。

 

○ボタンを連打しろとか

×ボタンを連打しろとか

表示がでまして

 

この連打ゲームに勝つことで

ようやく相手に食らわすことができました。

 

相手もバンバン必殺技を使用してくるのですが

この連打ゲームに勝つことで

相手の必殺技を無しに出来るなど

なかなかの重要なシステムでしたね。

 

必殺技を使用できるようになった瞬間に

ファイズのエンディングテーマが流れだしまして

「ヤバい、今必殺技を食らわせたい!!」と興奮出来ます。

 

この演出は最高でした。

 

その他にも、オープニングテーマが流れている中で

相手とバトルできるなど

原作愛あふれる展開になっていたのも良かったです。

 

オープニングが流れている中で

必殺技のゲージを溜めて

 

エンディングテーマが流れだした瞬間に

ド派手なライダーキックをぶちかます

 

こんな展開が素晴らしすぎたのでした。

 

 

ファイズはやっぱり音楽が良い。

 

 

 

[小学生にガチのスロットを遊ばせる  駄目なシステム]

 

このゲームにも

仮面ライダーカードを集めるおまけが用意されていました。

 

クウガでは

カードパックを貰って自分で開封する

 

アギトでは

射的をしてカードを集める

 

そして、今作のファイズでは

スロットをしてカードを集めるという

かなりのギャンブルゲームになっていました。

 

これが、完全運任せのスロットならば

子どもにも楽しめると思うのですが。

 

目押しが必須な

ガチのスロットゲームですからね。

 

どのくらいガチなのかと言いますと

 

適当に押しては

絶対に揃わない図柄を

自力で狙う事で、3回に1回くらい揃えられる

 

こんなガチでしたね。

 

 

遊び方としましては

格闘ゲームをクリアする事で

ポイントを貰えまして。

 

そのポイントを使用して遊ぶことができます。

 

普通ならば

図柄が揃ったらカードを貰えるだけだと思うのですが。

 

このゲームでは

同時にポイントを貰えまして。

 

上手くプレイしたら、延々と終わりません。

 

本来の流れで言えば

 

ポイント稼ぐ

スロットゲームを遊ぶ

ポイントが無くなる

ポイントを稼ぐ…。

 

こんな流れにしたかったと思うのですが

 

図柄をガチで狙う事で

ポイントが一切減らなくなり

そのままコンプリートできました。

 

ただ、このモードだけでは

全てのカードが集まらないようになっていたので

結局は、色々なキャラクターで

何度もクリアして行かなければならないのですが。

 

それでもずっとスロットを遊んでいる印象でしたね。

 

おそらくですが

親子で遊ぶことを前提に作られていましたので。

「パパ、これやって」という流れにはなっていたのでしょうが。

 

それでもガチのスロットですからね

中々のチャレンジだったとは思いました。

 

一応の優しさとしましては

一番の大当たりが、一番見やすいという所でしょうね。

 

555が揃えば大当たりなのですが

この5が黄色で描かれていまして

まあ見やすかったです。

 

他の図柄は見えなくても

この5の図柄だけは見える

 

そんな部分が、製作者の優しさなのでした。

 

 

 

仮面ライダー555のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

仮面ライダー555が

大好きな人にこそ遊んでほしいなと思います。

 

当時の記憶が

フラッシュバックすると思いますので

そのままDVDを借りに行ってください。

 

きっとまた

仮面ライダー555にドハマリするのではないでしょうか。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

格闘ゲームとしては

かなりシンプルな作品だと思うのですが

まあ面白かったです。

 

連打ゲームなのは確かなのですが

それを超えた楽しさがありました。

 

あの音楽の流れは

どんなゲームにも負けないくらいの瞬間なのでした。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

仮面ライダー555のなにが面白いのか?と聞かれると

物凄く困るのですが。

 

単純にドラマとして面白かったんですよね。

 

正義の仮面ライダー

悪役のオルフェノク

こんな世界では有るのですが

 

そんな単純な世界で終わるのでは無く

色々な要素が絡み合っていくのが最高でした。

 

仮面ライダーなのに

めちゃくちゃ腹が立つ奴が出てきたり

 

悪役なのに

子供を助けるために川に飛び込んだり

 

なんとも不思議な世界でしたね。

 

仮面ライダーでありながら

濃厚なヒューマンドラマを見せ続けられる

 

こんな展開が

「仮面ライダー555が史上最高!!」という人と

「仮面ライダー555が史上最低!!」という人を生み出したのかもしれません。

 

まあ、ゲームに関して言えば

そんなストーリーは一切無く

格闘ゲームだけを楽しめますので、関係ないと言えばそうなのですが。

 

当時の思い出を振り返りながら遊ぶことで

何倍もゲームを楽しめますので

DVDとセットで遊んでほしいなと思います。

 

 

クウガが最高のライダーなのは認めます。

ただファイズも負けないくらい最高だと思います。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

音楽の流れは  仮面ライダー屈指の凄さ

それこそが、今急いで510円で買う理由です

 

こちらから購入できます