読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ジオニックフロント  ガンダムと目があった瞬間に死ぬゲーム

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 長編 ガンダム

こんなにも難しい ガンダムゲームも珍しい

 

f:id:retogenofu:20161231184046j:plain

[最初は絶対にクソゲーだと思う  そこからが天国の始まり]

[ジオニックフロント  バンダイ  プレイステーション2]

2001年発売   ジャンル アクションゲーム  参考価格 600円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  上手い人なら2時間  私は12時間

このゲームに対する世間の評価   連邦軍を嫌いになる

どんな人にお勧め  ジオン軍が好きなら 最高です

 

 

誰かが面白いといったから

諦めないで最後まで遊べるゲームってありますよね。

 

「面白いって言わなかったら、絶対に諦めてたよ」なんてゲームです。

 

メジャーなタイトルで言いますと

「モンスターハンター」なんかはそうでしょうね。

 

「本当に面白いの?」なんて

10時間以上思っていたでしょうかね。

 

そこからは、加速度的に面白くなって行きましたので

「モンスターハンターって超面白いよ」と

周りに勧めるようになりましたが。

 

諦めていた可能性もあったと思います。

 

というか、他に遊ぶゲームが無かったので

モンスターハンターを遊んでいたら

いつの間にか虜になっていたという感じですね。

 

そんなゲームが、ガンダムゲームの中にも実はありました。

 

 

そんな今回の 最初の印象はクソゲー それでも信じて遊んでみると

ジオニックフロントの6000文字のラブレターです。

 

 

 

ジオニックフロントとはどんなレトロゲーム?

 

このジオニックフロントですが

2001年にバンダイから発売された

プレイステーション2専用のアクションゲームでした。

 

大人気アニメ「機動戦士ガンダム」のゲーム化作品で

主人公である「アムロ・レイ」を体験するゲームが多い中。

 

まさかのジオン軍を主役にして

 

しかも、ライバルである「シャア・アズナブル」ではなく

オリジナルの一般兵士にスポットを当てるという

なかなかのディープな作品になっていました。

 

そんなゲームの目的は

このゲームオリジナルの主人公チーム

「フェンリル隊」を率いまして

一年戦争を体験していくという目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションゲームで

アクションの感じで言いますと

「アーマードコア」や「バーチャロン」などに似ていました。

 

ステージ事に決められたミッションが設定されていまして

 

そのミッションをこなすために

 

自分なりの機体セッティング

 

どのルートを通って進めるのか

 

連れて行くパイロットは誰にするのか

 

こんな戦略を立てていきます。

 

 

ステージをクリアする事に

 

新しい機体が補給されたり

 

新しいパイロットが入隊してくるなど

 

どんどん巨大な軍隊になって行くのは楽しかったです。

 

最初は「ザク」と「旧ザク」しか与えられなかった

小さな部隊が

 

任務をこなすごとに

どんどんジオン軍の中で評価されていき

 

最終的には

とてつもない量のモビルスーツと

優秀なパイロットが所属するようになる。

 

その結果

もしかしたら連邦軍に土をつけられるかもしれない

 

こんな、ドキドキワクワクする

奇跡のアクションゲームなのでした。

 

 

 

ジオニックフロントの感想でもあり レビューでもあり

 

[世界感が面白いから みんなが褒めているのかと思っていました]

 

このゲームですが

昔から面白いゲームだとは聞いていたんです。

 

「ジオン軍の兵士になって、ガンダムと戦えるゲームがあるらしい」

こんな感じでした。

 

ですので

世界感を楽しむ為のゲームだと思っていたんです。

 

ジオン軍に入隊して

 

ザクやグフを操って

 

ガンダムを自分のテクニックで倒し

 

一年戦争の歴史を捻じ曲げる

 

こんなゲームだと思っていました。

 

 

それから15年の月日が流れ

この2016年にはじめて遊んでみる事にしました。

 

そこで分かったんです。

 

このゲームは

ガンダムの世界感を楽しむゲームなのでは無く

 

ガチの激ムズアクションを楽しむゲームなのだと。

 

 

 

[エースパイロット達とは 住む世界が違う]

 

このゲームの目的は

一年戦争を体験していくという物なのですが。

 

こちらに回されるミッションで言いますと

 

味方の警護

 

施設の制圧

 

データの収集などなど

 

なかなかの地味さでした。

 

 

味方が逃げだすまで、時間を稼げとか

 

敵の施設を制圧しに行けとか

 

ホワイトベースを見つけてこいとか

 

一年戦争では全く描かれなかった

裏方の様な仕事ばかりだった訳です。

 

 

遊ぶ前は思っていました

 

「シャアの片腕として、一緒に戦えるんだな」とか

 

「黒い三連星と一緒に、戦場を駆け巡れるんだな」とか。

 

 

まさか、ほぼ接点が無いとは思いませんでしたね。

 

 

黒い三連星がガンダムと戦っている、はるか後方で

 

61式戦車やガンタンクと戦っている

こんな展開でした。

 

通信ボイスが流れてきますので

「ああ戦っているんだな」とは分かるのですが。

 

こちらにも、敵がわんさか押し寄せてきますからね

見に行く暇など無いのでした。

 

 

エースパイロットだからこそ

相手の主力とも戦える

 

そんなリアルをお楽しみください。

 

 

 

[ガンダムと目があった瞬間に もう死んでいる]

 

このゲームですが

アクションゲームでありながら

シミュレーションゲームの側面もありました。

 

最初はもうガンガン進みます。

 

敵を見つけるために、戦場のど真ん中を歩き

 

敵を見かけたら撃ちまくり

 

敵を倒したらまた次の敵を探す

 

こんな今までのガンダムゲームと同じ方法で

遊んでいきます。

 

そして、それでもクリアできる様になっていました。

 

とあるミッションまでは…。

 

 

そのミッションは

「木馬を探して」という

ホワイトベースを見つけてこいというミッションで。

 

ホワイトベースや連邦軍のモビルスーツを発見して

情報収集をしましょうというミッションでした。

 

今までのミッションは

戦車がメインの相手でしたので

ここでようやくモビルスーツと戦えることになります。

 

ここで、ほとんどのプレイヤーは思うはずです

「ガンダムを絶対に破壊するぞ」と。

 

ホワイトベースの情報収集をするだけでいいのですが

ガンダムと戦っても良い訳ですから。

 

まず間違いなく、戦いに行くと思います。

 

 

そこで、ガンダムの強さを目の当たりにするんですね。

 

 

このミッションは

ホワイトベースに到達させないために

ガンキャノン

ガンタンク

ガンダムが警護しているという配置なのですが。

 

まあ鬼のような強さでした。

 

 

ガンダムが居るとします。

 

ガンダムと目が合います。

 

もう死んでいます。

 

今までだったら

横に移動しながら、相手の攻撃を避けていたのに。

 

そんな事は不可能です。

 

目が合った瞬間に死にます。

 

たった一発のビームライフルで

あっという間です。

 

 

ここで、このジオニックフロントというゲームが

どんなゲームなのかを分からされるんですね。

 

ガンダムを見たら逃げろと。

 

 

ですので、ガンダムを無視して

ガンキャノンを倒すことにしました。

 

ガンダムは倒せなくても

ガンキャノンくらいは楽勝ですからね。

 

 

そして、あっという間に瞬殺されます。

 

ガンダムほどの瞬殺では無いのですが

ロックオンされた瞬間に死にます。

 

そしてここでも諦めます。

 

 

最後はガンタンクです。

 

ガンタンクですからね

基本は戦車ですからね。

 

余裕ですよね。

 

 

姿さえ見せてもらえませんでした。

 

ガンタンクは高台に陣取っていまして

とてつもない長距離砲を撃ってきます。

 

ガンキャノンが居るぞ

 

見つからないように、こっそり通り過ぎよう

 

あれ?光が飛んでくるぞ?

 

バーン!!!

 

こんな感じでした。

 

 

ガンダムはとてつもないスピードで

戦場をウロウロしている

 

ガンキャノンは

鉄壁の守りでガッチリ道をガードしている

 

ガンタンクは高台から常に監視している

 

どうやってクリアするんですか?という

鬼のようなミッションでした。

 

 

ここで20回は死んだと思います。

 

あまりの難しさに

一旦ゲームを辞めて、「機動戦士ガンダムPS2版」をクリアしてました。

 

「ガンダムって本当に強いんだな」

 

「ラスボスはゾックなんだな」

 

「哀戦士って本当に良い曲だな…」こんな箸休めでした。

 

そんな気分転換が功を奏して

何とかクリア出来たのですが。

 

まあ難しかったです。

 

グレネードという

煙幕をはるアイテムがありまして

それを投げまくって、運任せでクリアしましたね。

 

 

どんなホラーゲームよりも

ガンダムに追いかけられる方が怖い

 

そんな白い悪魔を体験したのでした。

 

 

 

[ガンキャノン3体が全く倒せない]

 

ホワイトベースのミッションも相当難しいのですが

それ以上に難しかったのが

「ダブデ救出」というミッションでした。

 

味方のダブデが

故障で逃げ出すことができない。

 

周りは連邦軍に囲まれている

 

そんな状況を助けるために

フェンリル隊が駆けつける。

 

こんなミッションなのですが

3時間クリア出来ませんでした。

 

連邦軍は総攻撃を仕掛けようと

準備を着々と進めている。

 

そんな所に奇襲をかけて

何とかしようではないか?という訳です。

 

 

このミッションから

連邦軍にはジムが配備される様になるのですが

ジムはなんとかなるんです。

 

こちらにはグフが補給されていますので

余裕で撃退できます。

 

ただですね

3体のガンキャノンが

山の上に陣取っているのですが

このガンキャノンを倒すことができなかったんですね。

 

なにせ、ロックオンされた瞬間に死にますから

どうやってロックオンされないのか?を考えなければいけませんでした。

 

こちらのマシンガン全く効かないのに

あちらのキャノン砲は大ダメージ

 

こんな戦力差がありました。

 

この問題が一切解けないで

3時間経ちましたね。

 

ガンキャノン以外は何とかなります。

 

20体以上いる敵の内

倒せないのはガンキャノン3体だけ。

 

ですので、ミッションが開始したら

速攻でガンキャノンに挑みます。

 

今までは、他の敵を倒して

その後にガンキャノンに挑んでいましたが。

 

ガンキャノンが倒せないのですから

行く意味が無いんですよね。

 

ですので、延々とセッティングを変えたりしながら

ガンキャノンに挑んでいました。

 

 

そして、最終的にたどり着いた答えが

グレネードで煙幕をはる

ホワイトベースのミッションと同じ方法でした。

 

ガンキャノンのいる高台に

見つからないように、すべてのチームを集結させます。

 

グレネードを投げます

 

周りは白い靄に包まれます

 

そこで一斉にガンキャノンに近づきます

 

靄が晴れた瞬間に

全チームで集中砲火する

 

味方の大半を失いますが

何とかガンキャノン3体を撃破できる

 

その状態で、残りの17体以上の

ジムや戦車を倒しに行く

 

こんな流れでしたね。

 

ちょっとしかダメージを与えられないのならば

全チームを集結させて、一気に破壊する。

 

この方法に気づくのに

約3時間ほどかかりましたね。

 

ですので、「このミッションがクリア出来ない」となったら

この方法をどうぞ。

 

 

ガンキャノンを倒せたときの感動は

超大作のRPGをクリアした時の様な

とてつもない感動がありました。

 

こんな感動の連続が

「ジオニックフロントこそが、最高のガンダムゲーム」と

いまだに愛される理由なのかもしれません。

 

 

 

[ドム、ドム、ドムが支給されたぞ!!!!!]

 

そんな激ムズのミッションをクリアして

次のミッションに向かおうとした時に

機体の場所が光っています。

 

このゲームでは

ストーリーが進む事に機体が支給されていきまして

どんどん高性能なモビルスーツに変わって行きます。

 

そして、そこを選んでみると

あの「ドム」が支給されていました。

 

あの黒い三連星が乗っていた

あの憧れのドムです。

 

この時の感動は凄かったです。

 

今まではグフとかザクでしたが

ここでドムですからね。

 

マジで興奮しました。

 

 

このドムの凄さを一言で表しますと

「ここから、一気にぬるげーになる」です。

 

このドムですが

とてつもない移動スピードでした。

 

他のモビルスーツが走っている速度よりも

ドムが歩いている速度の方が速い

 

それくらいのチート能力でした。

 

武器のリロードが遅くて

直ぐに弾切れを起こすという弱点もあるのですが

そんなのは、ドムには関係ありません。

 

はっきり言ってしまえば

激ムズゲームのピークはガンキャノン3体までです。

 

それ程の、圧倒的な戦力でしたね。

 

だって、この後のミッションでは

ほとんど死にませんでしたから。

 

 

このゲームの基本は

 

相手を先に見つける

 

相手には見つからない様にする

 

絶対に立ち止まってはいけない

 

ヤバかったら逃げまくる

 

こんな戦術なのですが。

 

ドムのスピードがあまりにも速くて

見つかろうが、見つからなかろうが

撃ち合いになったら、そこをぐるぐる回っていればいい訳ですからね。

 

今までの、ヒリヒリ感は消えてしまったと思います。

 

 

逆を言えば

今まで貯まったストレスが

ドムを支給された瞬間に、全て開放されますので。

 

爽快感で言えば抜群でしたね。

 

 

ゲームをクリアする事で

激ムズの2週目が始まりますので

ドムを持っていても、油断は出来なくなるのですが。

 

1週目に関して言えば

ドムさえ居れば、なんとかなる

 

そんなドムゲーになっていました。

 

6体のドムで

ガンダムをボコボコにする

そんな快感をお楽しみください。

 

 

 

ジオニックフロントのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

最初はクゾゲーだと思ってしまいます。

 

しかし、じっくり考えることで

どんな戦力だろうとも、クリアできる道は用意されています。

 

3対3で勝てないのならば

9対3に持っていけばいい

 

そんな、リアルな戦争ゲームだと理解できた瞬間に

神ゲーに変わるのかもしれません。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

チームの連携が

こんなにも大事なゲーム有ったでしょうか。

 

ブリーフィングという

パイロットと会話ができる場所がありまして

 

そこの会話を聞くことで

どんどんパイロットに感情移入できるのも最高でした。

 

自分1人で戦うのではなく

チーム全体で戦わないと絶対にクリア出来ない。

 

そんな所が、このゲーム最大の魅力です。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが

当時はめちゃくちゃ安く売っていました。

 

そんな印象でしたので

ゲームショップに行けば簡単に買えるだろうなと思っていました。

 

まさかの全滅です。

 

ゲオも売切れ

 

TSUTAYAも売切れ

 

ブックオフも売切れ

 

遊ぶ気満々だったのに

まさかの売り切れ。

 

そこから通販で頼み

1週間ほどお預けを喰らってしまいました。

 

でもなんとなく分かったんです。

 

「常に持っておきたいな」と。

 

当時投げ売りされた理由は

「とてつもなく難しいゲーム」だからです。

 

なので、ワゴンセールの常連になっていました。

 

しかし、本当の面白さに気づいた人達が

「ジオニックフロントは面白いよ」と教えて行ったのでしょうね。

 

そんな地道な活動が

「いつの間にか、ゲームショップに売ってない」という

今の状況になっているのかもしれません。

 

面白いゲームだと聞かされる

 

格安で購入する

 

手放す気が無くなる

 

だからゲームショップには売ってない

 

こんな流れなのかもしれません。

 

 

最初は絶対にクソゲーだと思います。

 

全然クリア出来ませんので。

 

ただ、その苦労を乗り越えた瞬間に

とてつもない感動が待っていますので

 

今すぐにでも遊んでください。

 

ジオニックフロントというゲームが

心の底から大好きになります。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

このゲームを作った 全ての人に感謝します

それこそが、今急いで600円で買う理由です

 

こちらから購入できます