読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

獣王記 メガドライブ   クレイジーなアクションゲーム それが獣王記!!

メガドライブが好きならこのゲームは外せない…のか?

 

f:id:retogenofu:20170116144354j:plain

[マッチョマンが好きなら絶対にお勧め] 

[獣王記  セガ   メガドライブ]

1988年発売   ジャンル アクション  参考価格1200円

 

記事のネタバレ度  普通  

攻略に必要なプレイ時間 15分

このゲームに対する世間の評価  メガドライブといえばこのゲームですよね

どんな人におすすめ?  シンプル過ぎるアクションゲームが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信あり

 

 

ゲーム機の初期に発売される作品は

結構な危なさを、感じることが出来ます。

 

そのゲーム機が

今後どんな人生を歩むのか決まっていない時期ですので

へんてこりんなゲームが、どうしても発売されてしまうんです。

 

 

そんな今回の、メガドライブの初期に発売されたアクションゲーム 

獣王記の感想です(*’▽’)

 

 

 

獣王記とはどんなレトロゲーム?

 

この獣王記というゲームですが

1988年に、セガから発売されたアクションゲームで

アーケード版からメガドライブへの移植作品でした。

 

あまりの人気ぶりに

PCエンジン、ファミコンでも発売されるなど

時代を席巻した、アクションゲームでしたね。

 

ゲームの目的は

人間の知能、獣の力、そして神にも匹敵する精神力を持つ

獣人族の戦士「獣戦士」を操りまして

「女神アテネ」を助け出すために大暴れする。

こんなハリウッド映画の様な、濃厚なストーリーでした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションゲームで

横スクロールするステージを

「イケメン青年」を操りながら、キックやパンチでモンスターを蹴散らして

ステージをクリアしていくゲームでした。

 

これだけならば、シンプルなアクションゲームですよね。

 

獣王記には、パワーアップのシステムがありまして

「スピリットボール」と呼ばれる、パワーアップアイテムを取る度に

主人公がどんどんマッチョになっていく、とんでもないゲームでした。

 

最初は ノーマルボディ

次は  マッスルボディ

次は  マキシマムボディ

そして、最終段階までパワーアップすると、獣に変身する

「え!なんで?」という衝撃でした。

(ゲームのタイトルが獣王記なので、しょうがないですけどね…。)

 

この、徐々にマッチョマンになっていくシステムが

アメリカで大うけだったそうで

今でも、アメリカでは神ゲー扱いされているそうです。

 

そんな、当時の狂っているセガを象徴する

名作アクションゲームでしたね。

 

 

 

獣王記の感想でもあり レビューでもあり

 

[雰囲気がとてもダークで好き]

 

獣王記の主人公は

ハリウッドの青春映画に出てくる様な

晴れやかな、イケメンのマッチョマンです。

 

しかし、ゲームの雰囲気はとてもダークです。

 

初めてプレイした時は

このなんとも言えないギャップにやられましたね。

 

例えるなら、リアルにした魔界村の様な感じでしょうか。

 

敵がコミカルな、魔界村でさえ怖いのに

それをリアルに変身させたのが、獣王記だった気がします。

 

 

そんな、気持ちの悪い敵キャラクターを

殴ったり、蹴ったり、しながら進んで行くのですから

ストレス解消には抜群でしたね。

 

最後は獣に変身してさらに大暴れですからね

なんて素晴らしいゲームなんでしょうか。

 

 

 

[敵のボスが喋るという衝撃]

 

今でこそ、ゲームのキャラクターが喋るのは当たり前ですが

まさか、メガドライブ初期のソフトで

ボスが喋るとはビックリしました。

 

ただ、英語なので

一切なにを喋っているのかは分かりませんでしたがね。

 

 

 

[12分でゲームがクリア出来る、圧倒的な短さ]      

 

この獣王記というゲームは、

メガドライブの初期に発売された、重要な作品でした。

 

その当時は、メガドライブのゲームソフトが中々発売されなかった様で

満を持して登場したのが、今作の獣王記だった訳です。

 

「遂に、メガドライブにも遊べるソフトが出たぞ!!」なんて感じで。

 

しかし、ふたを開けてビックリ。

 

まさかの、ゲームのボリューム感がスカスカという状態でした。

 

確かに、スーパーマリオの場合も

簡単にゲームをクリア出来るとは言いますが。

 

そんな次元では無く、とにかく短いゲームでした。

 

ゲームのステージが「5ステージ」もあるのに

エンディングまで到達するには、「僅か10分」程度でたどり着ける

圧倒的なゲームの短さでした。

 

久しぶりのプレイだったのに

12分で最後まで行けましたからね…。

 

そんな、初期のメガドライブで

絶対に忘れることが出来ない作品なのでした。

 

 

 

獣王記のその後

 

このメガドライブ版の後には

PCエンジンでも発売されましたし

ファミコンでも発売されました。

 

そして、あとに発売された作品の方が

ステージが多く収録されていて、格段に面白い

まさかの展開だったそうです。

 

「出す順番が逆だろう…」と思った作品なのでした。

 

 

 

獣王記のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

イケメン青年が、気持ち悪い世界で大暴れ

 

こんな、メガドライブのゲームだと100%わかる

素晴らしい世界をお楽しみください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

蹴って、殴って、大暴れして

 

気づいたらエンディング画面に辿り着く

 

そんなシンプルなアクションゲームが最高です。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

この作品は、バーチャルコンソールで配信されていますので

興味のある方は遊んでみてはいかがでしょうか。

 

きっとあまりの短さにビックリすると思います。

 

マッチョマンが好きなら最高のゲーム

 

ダークな雰囲気が好きなら最高のゲーム

 

期待して購入するには、泣きたくなる程、短いゲーム

 

それこそが、獣王記なのでした。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

メガドライブを語る上では、絶対に外せない

それこそが、今急いで1200円で買う理由です

 

こちらから購入できます