読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

キョンシーズ2 絶対にクリアするぞ…という叶わない夢 エンディング後に地獄が待っている?

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 修正版

このゲームをクリアする事こそが、当面の目標

 

f:id:retogenofu:20170110182039j:plain

[映画原作という、当たり外れが激しいゲーム]

[キョンシーズ2   タイトー  ファミコン]

1987年発売  ジャンル アクションアドベンチャー  参考価格520円

 

記事のネタバレ度  高め  

攻略に必要なプレイ時間  10時間

このゲームに対する世間の評価  ルールさえ分かれば意外と楽しめます

どんな人におすすめ?  激ムズアクションアドベンチャーが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

本当は怖くないのに

子供の頃は、死ぬほど怖かった物ってありますよね。

 

私の場合は

「火曜サスペンスのオープニング音楽」が、非常に怖かった思い出です。

 

あの音楽が流れるたびに、毎回泣いていました。

 

 

そんな今回の、今ではなんともないのに、当時は死ぬほど怖かったゲーム

キョンシーズ2の感想です(*’▽’)

 

 

 

キョンシーズ2とはどんなレトロゲーム?

 

このキョンシーズ2ですが

1987年にタイトーから発売された

ファミコン専用の、アクションアドベンチャーゲームで

映画「キョンシーズ」の、その後を描いたオリジナル作品だったそうです。

 

キョンシーズ2と銘打っていますが

キョンシーズ1は無いという、不思議なゲームでもありました。

 

ゲームの目的は

「こんなに、お店を置く必要があったのか…」という位

猛烈な数が存在するお店のお使いをしながら

 

攻略に必要なアイテムを集めて行き

 

マンホールの下に、何故かうじゃうじゃ住んでいる

「キョンシー」や「妖怪」を退治して

 

世界を平和にしていく…。

 

そんな、映画キョンシーズファンの為に発売された作品なのでした。

 

ゲームのシステム

オーソドックスなアクションゲームで

横スクロールのアクションと

アイテム集めのアドベンチャー

こんな2種類のゲームを楽しむことができました。

 

アイテムを集めるために

みる、はなす、とる、などのコマンドを駆使して進んでいく

アドベンチャーパート

 

キョンシーや妖怪との戦いは

スパルタンXの様なアクションゲームで進んでいく

アクションパート

 

そんな、アドベンチャーとアクションが融合した

今ならクリア出来るかもしれない…という様な作品でした。

 

 

 

キョンシーズ2の感想でもあり レビューでもあり

 

[今の時代なら意外といけるかも…]

 

このキョンシーズ2ですが

いわゆる「お使いゲー」と呼ばれる

みんなのお願いを聞きながら、ヒントをゲットしていき

アイテムの隠し場所や、ゲームの目的を知っていくタイプのゲームでした。

 

こんなタイプのゲームなのですが

当時のお使いゲーの難しさたるや、とんでもない難しさなんです。

 

なにせ、お使いを頼んで来る人たちの多さが

とんでもない数、存在していますからね。

 

そこら中にお店が密集していますので

お使いの正解が、どこのお店にあるのか?というのが分かりにくく。

「キョンシーズ2は、攻略本が無ければクリア出来ない」と言われる

とんでもなく子供を苦しめたゲームでした。

 

 

しかし、今の時代には

インターネットという、とても便利な機能があります。

 

という訳で、攻略情報を見ながらやってみたんです。

 

するとどうでしょうか

 

今まで意味が分からなかった

 

というか完全にクソゲー扱いしていた

 

キョンシーズ2という世界が、物凄く楽しくなってきたんです。

 

確かに

「こんなのどうやったら気付くんだよ!!」という

謎解きのオンパレードでした。

 

しかし、徐々にですが、ゲームが進んで行くんですよね。

 

しかも、「倒したキョンシーを売ってお金を稼ぐ」といった

RPG的なシステムにも、初めて気づいたりできましたので。

 

当時よりも、何倍もゲームを楽しみながら遊ぶことが出来ました。

 

 

更に、このゲームにはセーブ機能が付いていましたので

「諦めなければ、いつの日かはクリア出来る…かも」というゲームでしたね。

 

この事に、もう少し早く気付くことが出来たのなら

このゲームの評価も、違う物だったのかも知れません。

 

そんな、今の時代だからこそ

もう一度評価して欲しい作品なのでした。

 

 

 

[流石激ムズゲーム、一筋縄ではいかない]

 

このキョンシーズ2ですが

前半の謎解きパートが終わると

後半はアクションゲームがメインとなっていきます。

 

この、「後半のアクションゲーム」がかなり難しく

最強の状態で行っても

簡単に中ボスに返り討ちにあってしまう難しさでした。

 

そして、そんな凶悪な中ボスを全て倒さないと

ラスボスを有利に倒す為の武器が貰えないという

とても面倒くさいシステムでした。

 

この中ボスを全て倒す為に、4時間くらい掛かったと思います。

 

そして、ラスボスに挑んで

あまりの強さに愕然としました。

 

あっという間に、こちらのライフをごっそり持っていきますからね。

 

ラスボスに行くまでが大変

 

行ってからもラスボスとのバトルが大変

 

こんな地獄の様な難易度に

 

当時はあんなに苦労したであろう謎解きパートも

あっという間に霞んでしまった

 

そんな凄さがありましたね。

 

インターネットのおかげで

無事にエンディング画面を見ることが出来ましたが。

 

後半のアクションパートをクリアするだけで

軽く10時間位は掛かったのが、物凄く残念な所でしたね。

 

 

 

キョンシーズ2の本当の地獄

 

このキョンシーズ2を無事にクリアしました。

 

しかし、このゲームの本当に恐ろしい所は

エンディング画面にあります。

 

「テンテンちゃん」という女の子に

「全員でクリアしないと駄目だよ」と教えて貰えます。

 

実は、このゲームは、主人公が選べる様になっていました。

 

4人の中から好きな主人公を選んで、冒険に出かける。

 

こんな楽しいシステムかと思いきや。

 

真のエンディング画面を見るには、全員でクリアしなければならない。

 

1人クリアするのに大体10時間。

 

それを4人分、しかもイベントが変わること無い…。

 

あの「魔界村」ですら2週なのに

キョンシーズ2は4週クリアしなければいけない…。

 

そんな事実を知った時に

キョンシーズ2をファミコンから抜きまして

そっとゲームの箱に封印しましたとさ。

 

 

 

キョンシーズ2のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

このゲームですが、かなりヒットしたらしく。

遊んだ事がある人も多いかと思います。

 

しかし、ゲームの目的が分かるまで

みっちり遊んだ人は珍しいと思いますので。

 

今の時代に新鮮な気持ちで遊んでみてはいかがでしょうか。

 

きっとこのゲームを見直してくれる事でしょうね。

 

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

序盤はアドベンチャーゲームを楽しむ

 

後半は激ムズのアクションゲームを楽しむ

 

こんな一挙両得なゲームをお楽しみください。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このキョンシーズ2ですが

真のエンディング画面を見るには、相当な根気が必要なゲームだと思います。

 

なにせ、やることが多いので

どこから手をつけて行けば良いのか?が

非常に分かりにくいシステムになっていたからです。

 

しかし、そこはセーブ機能が付いています。

 

いつかはクリア出来るんです…たぶん。

 

 

最初はホラーゲームかと思っていた 

 

そんな昔懐かしい名作アクション

 

是非とも、この機会に遊んでください

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

エンディング画面を見てからが本番という 嫌なやりこみ要素

それこそが、今急いで520円で買う理由です

 

こちらから購入できます