読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

たけしの戦国風雲児 ファミコンなのに子供と一緒に遊びたく無かっただろうな… そんな狂ったゲーム

たけしの挑戦状も酷いけど、このゲームも最高に酷い

 

f:id:retogenofu:20170112184936j:plain

[タイトーというゲームメーカーの本気] 

[たけしの戦国風雲児   タイトー  ファミコン]

1988年発売  ジャンル クレイジーボードゲーム  参考価格400円

 

記事のネタバレ度  高め  

攻略に必要なプレイ時間  1時間

このゲームに対する世間の評価  伝説のクソゲーの親戚ですか?

どんな人におすすめ?  ミニゲームが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

たけしの挑戦状は知っていても

このゲームをプレイした人は少なかったと思います。

 

その理由は、たけしの挑戦状がとんでもないゲームだったからです。

 

美味しくないラーメン屋には二度と行かない様に

「どうせ次のラーメンもまずいんでしょ」という警戒心から

このゲームは、それほど話題にならないまま終ってしまったそうです。

 

 

そんな今回の、たけしの挑戦状が好きだった人には 絶対にお勧めの狂ったゲーム

たけしの戦国風雲児の感想です(*’▽’)

 

 

 

たけしの戦国風雲児とはどんなレトロゲーム?

 

このたけしの戦国風雲児ですが

1988年にタイトーから発売された

ファミコン専用のクレイジーなボードゲームでした。

 

ビートたけしさんのゲームといえば

伝説のクソゲー「たけしの挑戦状」が思い浮かばれると思います。

 

そんな伝説的なゲームの後に

ひっそり発売されていたのが、今回のたけしの戦国風雲児という訳です。

 

 

ゲームの目的は

 

たけし軍団のキャラクター4人の中から選んで

 

全国を渡り歩いて楽しんだり

 

目標のお金を貯めるまで遊べるモードがあったり

 

お城を取り合っていくモードがあったり

 

色々なモードで楽しめる人生ゲームでした…。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなボードゲームで

たけし軍団が繰り広げる、ドタバタコメディーといった感じでしたね。

 

基本は人生ゲームなのですが

とんでもないバイオレンスと

とんでもないブラックジョークと

とんでもない下ネタが

絶妙な配合で生み出されたのが、今作でした。

 

ファミリーコンピューターなのに

家族の前では絶対にプレイしたくない

そんな完全に狂ったゲームでした。

 

 

 

たけしの戦国風雲児の感想でもあり レビューでもあり

 

[こんなにも狂っているゲームは中々無い]

 

このゲームですが

昔遊んでいた頃は、無邪気に友達や兄弟と遊んでいました。

 

と言いますのも

このゲームは「1人でプレイはできないゲーム」だったからです。

 

本来の人生ゲームならば

自分1人しかいなくても

コンピューターを加える事で、遊ぶ事ができました。

 

しかし、そこは狂ったゲームです。

 

まさかの、「二人いないとゲームがプレイできない」というクレイジーさでした。

 

今思うと、自分で二人分プレイすれば良かったのですが

友達に頼んで、無理矢理一緒に遊んでもらっていましたね。

 

 

そして、最近久しぶりにプレイして気づいたんです。

 

このゲームの小ネタが、とんでもなく酷いという事を。

 

仕事を紹介してくれる場所に行くと

普通に暗殺を頼まれたり

 

山賊の子分になって

一般市民からお金を巻き上げて暮らしたり

 

その結果、軍隊を送られて壊滅させられたり

 

とんでもない美人の奥さんと結婚出来たり

 

その逆のとんでもない奥さんと強制的に結婚させられたり

 

そんな奥さんと、宿に泊まると子供が生まれたり

 

戦場を渡るには、銃弾が飛び交うとんでもない場所を歩かされたり

 

カレー屋さんに、絶対に置いてはいけない下品なメニューが置いていたり

 

こんな感じで、パッケージに書いてある

「愛と希望のファミコンソフト」という嘘のキャッチコピーが

すがすがしい程のクレイジーゲームでしたね。

 

 

表面上は人生ゲームでしたが

 

ゲームのイベントは

これでもかとダークな雰囲気を醸し出していますので

 

おかしなゲームが好きな人にとっては

最高のご馳走だったのかも知れません。

 

 

そして、私にとっては、最高のご馳走でしたね。

 

 

 

[だけどミニゲームの面白さは完璧]

 

このゲームですが、とんでもないゲームです。

 

しかし、そのゲームでプレイ出来る

沢山のミニゲームの面白さは完璧でしたね。

 

特に面白かったのが

「戦国インベーダー」という

そのまんま「インベーダー」が楽しめるミニゲームでした。

 

インベーダーの敵が、戦国時代という事もあり

「おばけ」だったり、「野武士軍団」だったりするのですが

この戦国インベーダーが本当に面白くて、何時間も遊んでいました。

 

ほかにも、ゴルフのゲームがあったり

 

元祖対戦ゲームの様なチャンバラがあったり

 

三択を当てないようにしながら進んで行く、地獄門ゲームがあったり

 

タイトーという老舗メーカーだったからこそ出来る

ミニゲームの数々が本当に最高でした。

 

ミニゲームは、ストーリーモード攻略にも必要な要素でしたので

効率的なクリアの為に、何度も練習しながら遊んでいましたね。

 

 

ちなみに、ミニゲームだけを遊べるモードは

1人だけでもプレイ出来たので

 

友達や兄弟と遊ぶ時はストーリーモードを

 

1人で遊ぶ時はミニゲームの練習を

 

そんな、人数に応じてちゃんとした遊び方が用意されていたのは

 

狂っているゲームながらも、良心的で凄いなと思いました。

 

 

 

たけしの戦国風雲児のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

前作もファミコン屈指のクレイジー作品でしたが

 

今作も負けないくらいイカレタ作品でした。

 

正直、今の時代に遊んだ方が

何倍も楽しいと思いますので、この機会にどうぞ。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ミニゲームが、メインのゲーム攻略を助けてくれる

こんな素晴らしさがありました。

 

本来はサイコロの出目で、ゲームの勝敗が決まるはずなのに

 

ミニゲームの上手さが勝敗を決定する

 

こんな奥深さが最大の魅力でしょうね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

私の家では、このゲームをいつでも遊ぶ事が出来ました。

というのも、兄弟が居たので

友達が帰った後でも本編を遊ぶことはできたわけです。

 

しかし、兄弟が居ない一人っ子の場合は

親と一緒にプレイしていたと思います。

 

そんな時にふと思ったんですよね

「親はどんな気持ちで遊んでいたのだろう…」と。

 

ハッキリ言って

このゲームの半分は、とんでもない下ネタ

もう半分は、とんでもない悪口で構成されていると思います。

 

しかも、子供には分からない

高度な下ネタや悪口なので

注意する訳にもいかなかったと思うんですよね。

 

「このギャグの意味はね…」なんて教えられませんから。

 

 

そんな、親泣かせのゲームだったと

今の時代にプレイして、改めて思わされたのでした。

 

 

大人になってから遊ぶと、何倍もドキドキ出来る

 

そんな困った作品なのでした。

 

 

こんなにも危ないゲームを 良く発売できたなと逆に感心する

それこそが、今急いで400円で買う理由です

 

こちらから購入できます