読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

エアーウルフ ターボ機能というこのゲーム最大の見せ所 だけど絶対に使うな!!

ゲームの話 愛すべきゲーム 修正版

エアーウルフ最大の売りなのに 絶対に使用してはいけません 

 

f:id:retogenofu:20170112190128j:plain

[シューティングゲームの贅沢な使い方] 

[エアーウルフ  九娯貿易  ファミコン]

1988年発売  ジャンル 横スクロールシューティング  参考価格900円

 

記事のネタバレ度  普通  

攻略に必要なプレイ時間  1時間

このゲームに対する世間の評価  硬派なゲームでしたよね

どんな人におすすめ?  ターボ機能が全く意味がない

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

最近、国内のドラマがゲーム化するのは

結構減ってきましたよね。

 

昔でいうと、「必殺仕事人」や「トリック」など

テレビドラマからゲームになる作品も多かったのですがね。

 

海外のドラマは多いのに

国内のドラマはなかなか出ない。

 

もっと頑張って欲しいなと思います。

 

 

そんな今回の、アメリカのドラマが原作だったと最近知った

エアーウルフの感想です(*’▽’)

 

 

 

エアーウルフとはどんなレトロゲーム?

 

このエアーウルフですが

1988年に、九娯貿易から発売された

横スクロールシューティングのゲームでした。

 

 

エアーウルフは、アメリカの人気ドラマだったそうです。

 

そんな人気ドラマの、ファミコン化作品という事で

当時のファンには、たまらない作品だったのではないでしょうか。

 

今の時代でいうと

「24」や「ウォーキングデッド」の様な作品が

ゲーム化するという事なのかも知れません。

 

 

そんなゲームのストーリーは

人質を救出するために

高速戦闘ヘリ「エアーウルフ」に乗って悪に立ち向かう…。

こんな感じでした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな横スクロールシューティングゲームで

「グラディウス」の様な感覚でしょうか。

 

そのミッションに持っていく

武器とミサイルを選ぶことで

戦闘の準備をするのも楽しい作品でした。

 

 

ステージは横スクロールシューティング

 

ボス戦は、正面から敵の猛攻が襲ってくる3Dシューティング

 

そんな、とても贅沢なゲームなのでした。

 

 

 

エアーウルフの感想でもあり レビューでもあり

 

[シューティングゲームなのにまさかのパスワード方式!!]

 

シューティングゲームというのは、緊張感の連続です。

 

生きるか死ぬかを

自分のテクニックだけで切り抜けていく

 

そんなハラハラドキドキの展開がお勧めの

とても硬派なジャンルだと思います。

 

そんなシューティングゲームのお約束を破ったのが

今回の「エアーウルフ」という訳ですね。

 

 

本来、シューティングゲームには搭載されていない

「パスワード方式」という物が備わっていました。

 

つまり、「疲れたら次の機会にどうぞ…」という優しさなんですよね。

 

今までの

「眼が死ぬほど痛い、涙が止まらない…でも止められない」という状況を

パスワードで明日に繋ぐことができます。

 

こんな、今までのシューティングゲームのお約束を

ぶち壊した作品なのでした。

 

 

 

[高速ヘリなのに、高速移動してはいけない]

 

このエアーウルフですが

超高速で移動できる

圧倒的な戦力を持つ、戦闘ヘリです。

 

敵の攻撃を猛スピードで避けて

 

敵の兵器をスピーディーに破壊していく

 

爽快感抜群のゲーム

 

だと思いますよね。

 

 

しかし、このエアーウルフでは、高速で移動してはいけませんでした。

 

というのも

「特殊なターボ機能」を使って高速移動すると

 

「敵のスピードも一緒に速くなる」

 

とんでもなく意味不明なシステムが、仕掛けられていたからでした。

 

 

おそらくですが、自分のスピードを速くするのではなく

「ゲーム全体のスピードを速くする」様に設定していたのだと思います。

 

一見すると、エアーウルフが

高速で移動しているような錯覚に陥るのですが。

 

敵のスピードも、敵のミサイルも、全て一緒になって速くなりますので

「完全なる無意味な機能」になっていました。

 

相手を置き去りにするはずのターボ機能が

 

逆に、物凄いスピードの攻撃を受ける羽目になる

 

そんな理不尽なところが、少しだけ残念でした。

 

 

ファミコンの性能では

自分だけを速くすることが、できなかったのかも知れません。

 

物凄く惜しいね

 

 

エアーウルフのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

海外ドラマが原作のシューティングゲーム

こんな贅沢な体験をお楽しみください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

シューティングゲームとしては

かなりマイルドな作品だと思います。

 

パスワード機能も優しいですし

 

無敵になる裏技も用意されていますので

 

難易度的にはマイルドでした。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

横スクロールシューティングも楽しめる

 

3Dシューティングも楽しめる

 

高速戦闘ヘリなのに、高速で移動するのは危ない

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

海外ドラマが原作の  隠れた名作シューティング

それこそが、今急いで900円で買う理由です

 

こちらから購入できます