読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

仮面の忍者・花丸 自分でプレイして 有野課長という人が 超ゲームがうまいことに気づく

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 修正版

赤影じゃないよ、花丸だよ

 

f:id:retogenofu:20170122160257j:plain

[プレイして分かる、有野課長の凄さ] 

[仮面の忍者・花丸   カプコン  ファミコン]

1990年発売  ジャンル 横スクロールアクション  参考価格800円

 

記事のネタバレ度  普通  

攻略に必要なプレイ時間  1時間

このゲームに対する世間の評価  ゲームセンターCX後にバカ売れしましたよね

どんな人におすすめ? 独特なアクションゲームが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

テレビでCMをやっていると

必要も無いのに、無性に欲しくなる物ってありますよね。

 

流石プロが作っている広告という感じです。

 

そんな広告も、最高に響くのですが

 

もっと私の心に響くのが

ゲームセンターCXでしょうね。

 

 

そんな今回の、ゲームセンターCXを見て即購入した、名作アクション

仮面の忍者・花丸の感想です。

 

 

 

仮面の忍者花丸とはどんなレトロゲーム?

 

この仮面の忍者・花丸ですが

1990年に、カプコンから発売された

ファミコン専用のアクションゲームでした。

 

ゲームのストーリーは、

レジャーランドで行方不明になった、大勢の子供たちを助け出すため

「仮面の忍者・花丸」が、相棒の鷹と一緒に

恐怖のレジャーランドへと乗りこんで行く…。

こんな作品でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな横スクロールアクションで

相棒の鷹を、相手に投げつける

とてもワイルドなシステムでした。

 

ゲームの画面で言いますと

「ワギャンランド」が似ていましたね。

 

仮面の忍者というタイトル通り

主人公は忍者ですので

ド派手な忍術を使えるのも楽しかったです。

 

ステージの仕掛けも

沢山のバリエーションが用意されていますので

 

ファミコン後期の隠れた名作として

ゲーム好きの間では有名だったそうですね。

 

私は、ゲームセンターCXで存在を知りましたが

番組を観た瞬間に

「やばい、このゲーム遊んでみたい」と思って

即購入した、名作アクションなのでした。

 

 

 

仮面の忍者・花丸の感想でもあり レビューでもあり

 

[ボス戦がアクションゲーム…ではなく まさかの展開]

 

このゲームですが

ステージの最後にはボスが待ち受けている

オーソドックスなアクションゲームでした。

 

この最後に待ち受けるボスとの戦いこそが

花丸の最も特徴的な部分でした。

 

アクションゲームのボス戦なので

激しいアクションが楽しめる…。

 

かと思いきや、まさかの「カードゲーム」という衝撃でした。

 

 

この花丸では、アクションステージに何故かカードが落ちている

子供たちが大喜びしそうなステージなのですが。

 

このカードを取ることによって

 

ステージの最後に待ち受けている

ボスとのカードバトルが楽になって行く

 

こんな、素晴らしいシステムでした。

 

簡単に取れる場所には弱いカードが

 

取るのが難しい場所には、とんでもなく強力なカードが

 

こんな、絶妙なバランスがおもしろく。

 

安全にカードを取っていくのか

 

ボス戦の為に、無理をしてでも危険な場所に挑んで行くのか

 

こんな、自分のゲームテクニックで攻略していくのも最高でしたね。

 

 

シンプルなカードゲームなのに

カードを入手するためには

激しいアクションステージをクリアしなければいけない

 

今までのアクションゲームとは、一味も二味も違って

最高にスリリングな展開がこのゲームの魅力でしたね。

 

激しいアクションステージの最後に待ち受ける

ほのぼのとしたカードゲーム

そんな不思議な作品でしたね。

 

 

 

[遊んで分かるこのゲームの難しさ]

 

このゲームを購入したきっかけは

ゲームセンターCXを見てからの購入でした。

 

有野課長の楽しそうにプレイしている姿を見て

「やばい、この仮面の忍者・花丸が無性にやりたい!!」となりました。

 

そして自分でプレイした時に分かったんです

「このゲームの難易度はかなり難しい…」と。

 

 

このゲームですが、パッケージはかなり可愛いです。

 

そして、出てくる敵キャラクターも、ステージに待ち受けているボスも

全てをひっくるめて、とても可愛いです。

 

しかし、可愛いゲームというのは

大抵の場合は、「激ムズゲーム」が数多くを占める傾向にあります。

 

そして、この仮面の忍者・花丸も例外では無く

とんでもなく難しいゲームでした。

 

というのも、コンティニューの数が制限されていますので

何度も死にながら、ゲームを覚えていくしかないんですよね。

 

後半になればなるほど

ゲームの難易度が跳ね上がっていく感じが

セールスポイントでありながら

マイナスポイントでもありましたね。

 

有野課長がサクサク進めるんだから、いけるでしょ

こんな天狗の鼻を折るには、ぴったりのアクションゲームなのでした。

 

 

 

仮面の忍者・花丸のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ゲームセンターCXの体験を

自分自身で体験する

こんなささやかな幸せをどうぞ。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ジャンプアクションがメインのゲームなので

とにかくドキドキできます。

 

きづいたら手汗がべっちょり

こんなハラハラドキドキが最高の魅力です。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

この仮面の忍者・花丸というゲームは

とても難しいゲームでした。

 

しかし、私にはゲームセンターCXという

攻略本ならぬ攻略映像があったので

「ここはどうやってクリアするのだろう?」と思ったら

ゲームセンターCXを見る

 

「ここのワープポイントはどこにあるのだろう?」と思ったら

ゲームセンターCXを見る

 

そんな、何度も何度も繰り返しゲームセンターCXを見返してプレイして

ようやくエンディング画面までたどり着けましたね。

 

今では

「ゲームセンターCX DVDBOX6」か

レンタル版の「ゲームセンターCX14」で楽しめますので

興味のある方は番組を先に観るのもお勧めです。

 

 

ゲームセンターCXの買わせる力は半端ない

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

ゲームセンターCXを見て購入した、隠れた名作アクション

それこそが、今急いで800円で買う理由です

 

こちらから購入できます