読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

パンツァードラグーン セガサターンを代表する 革命的なシューティング ストレス解消には持って来い

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 修正版

ジュースを買うよりこれを買え  から半年後 値段が7倍になりました

 

f:id:retogenofu:20170118001945j:plain

[どうして今でも、こんなに面白いのか…]

[パンツァードラグーン  セガ   セガサターン]

1995年発売  ジャンル 3Dシューティング  参考価格850円

 

記事のネタバレ度  普通  

攻略に必要なプレイ時間  3時間

このゲームに対する世間の評価  伝説のシューティングゲーム

どんな人におすすめ? 全てのシューティングゲーム好きには遊んでほしいな

アーカイブス配信無し

 

 

「安いゲームは面白くない」という風潮は

最近では、かなり減ってきたのかも知れません。

 

その理由も、通販などでゲームが安く購入出来るので

「安いからクソゲー」にはならなくなりました。

 

今までは、強気の価格を付けられていたのが

 

「だったら、通販で買うよ」という逆襲で

ゲームショップの中古価格が下落しているのもあります。

 

なので、よっぽどのレアソフトでない限りは

比較的安く遊べるようになっていきましたね。

 

そんな幸せな時代なのですから

安いゲームを、どんどん遊んでいきましょうという話です。

 

 

そんな今回の、ジュースよりも安い値段で購入出来た 超名作シューティング

パンツァードラグーンの感想です(*’▽’)

 

 

 

パンツァードラグーンとはどんなレトロゲーム?

 

このパンツァードラグーンですが

1995年にセガから発売された

セガサターン専用のシューティングゲームでした。

 

 

ゲームのストーリーは

なぜか、急にドラゴンを託された少年が

悪を倒しながら世界を平和へと導いていく…。

こんな王道のストーリーでした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなシューティングゲームで

ドラゴンに乗って、3D空間を縦横無尽に飛んでいく

爽快感抜群の3Dシューティングでした。

 

ゲーム画面でいうと

「スペースハリアー」のフルポリゴン版といった感じでしょうか。

 

ノーマルショットと

ロックオン機能が付いた武器「ホーミングレーザー」を活かしながら

巨大な生物兵器に立ち向かって行く。

 

シンプルながらも、濃厚過ぎるゲームとして有名でした。

 

そんな、今でも充分に遊べる

超が付くほどの、名作シューティングゲームなのでした。

 

 

 

パンツァードラグーンの感想でもあり レビューでもあり

 

[敵と一緒に、ストレスまでもが消え去っていく]

 

このゲームの楽しい所は沢山あります。

 

音楽も最高ですし

敵の気持ち悪さも最高です。

 

そんな最高のゲームの中でも

特に最高なのが

「ロックオン機能」という、素晴らしいシステムなのではないでしょうか。

 

このロックオン機能ですが

ボタンを長押しすることで、瞬時にロックオンしてくれます。

 

敵が少なかったり

ボスの弱点が丸見えの時は

ノーマルショットを連続で叩き込んで、ライフを大幅に減らす

 

敵が大勢で攻めてきたり

ボスが大量の火の玉を発射した時は

ロックオンを発動させて危機を脱する

 

こんなメリハリのついたゲームシステムが

パンツァードラグーンのだいご味でしたね。

 

 

大量の目標をロックオンする

 

ホーミングレーザーを発射する

 

その結果、全ての敵や火の玉が一瞬で消え去っていく…。

 

あの何とも言えない感覚は、とにかく最高で

 

敵が消え去っていくと共に

日頃のストレスも一緒に、吹き飛ばしてくれる

 

こんなストレス解消には持って来いの作品でしたね。

 

 

「最近ストレスが貯まってるんだよね…」

 

パンツァードラグーンしろ。

 

 

 

[ゲームをクリアする度に、何かが増えていくというご褒美]

 

このパンツァードラグーンですが

ゲームをノーコンティニューでクリアすると

様々な条件が解禁していきます。

 

ノーマルモードをクリアすると、ショットの種類が解禁

 

ハードモードをクリアすると、レーザーの種類が解禁

 

こんな感じで

クリア後のおまけで、更にゲームが楽しめる様になる

素敵なシステムでした。

 

 

ノーコンティニューという、厳しめの条件が

ゲーマーの心に火を着けまして

 

寝る間も惜しんで、パンツァードラグーンの攻略に

時間を割いて行ったのでした…。

 

 

そんな、おまけを解禁していくのも楽しい

やりこみ要素も抜群でしたね。

 

 

 

[皆さんはボスのライフが見えた方が好きですか?]

 

パンツァードラグーンというゲームは

文句無しの名作シューティングだと思われます。

 

なので、あえて残念な所を探すのだとしたら

「ボスのライフが見える」という事なのではないでしょうか。

 

ロックマンなどに代表される

ボスのライフが見えるシステムは

 

皆さん好きなのでしょうかね?

 

私の場合は

ボスのライフが見えない方が

ギリギリの戦いをしている感覚になれて

とても大好きなんですよね。

 

特に、ボスの色が、徐々に変わって行く事によって

瀕死の状態を表しているのが好きです。

 

この、やるか、やられるかの、ギリギリの攻防こそが

シューティングゲームには、特に大事だと思われるのですが。

 

おそらく、ゲーム作者の

「ライフが見えた方が安心でしょ」という優しさが

このライフが見えるシステムに、繋がっていたのではないでしょうか。

 

ライフが見えるのも嬉しいけど

 

ライフが見えなくても嬉しい

 

そんな賛否が分かれやすいシステムも含めて

パンツァードラグーンなのかもしれませんね。

 

 

 

缶ジュースを買うくらいなら、パンツァードラグーンを買え

                                                                                 

このパンツァードラグーンですが

中古の価格はとんでもなく安いです。

 

私も、ゲームが発売してから直ぐに

1000円で購入しました。

 

しかし、ゲームの面白さは別格です。

 

今なら、セガサターンコーナーに行けば、

缶ジュースよりも安く購入出来ると思います。

 

それなら、缶ジュースを買うよりも

パンツァードラグーンを買ってください。

 

きっと、ジュースを飲むより

何倍もストレスが解消される事でしょうね。

 

追記

なんて事を書いてから、半年が経ちまして

 

当時は105円で購入出来たのですが

 

今では850円という、結構な値段まで上がってしまいましたので

いかにレトロゲームの値段が高騰しているのかを感じます。

 

ユンケルが700円とかなので

ユンケル買うなら、パンツァードラグーンを買え

にしておきます。

 

 

 

パンツァードラグーンのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

セガサターンというゲーム機は

シューティングゲームの宝庫でもあります。

 

沢山の名作シューティングを楽しめるので

今でもセガサターンだけは現役なんて人も居るでしょうね。

 

そんな中でも、ひときわ輝いているのが

今回のパンツァードラグーンシリーズだと思います。

 

そんな伝説をお楽しみください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

なんといってもホーミングレーザーでしょうね。

 

こんなにも気持ちが良いショットを撃てるだけで幸せです。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

パンツァードラグーンは

4本の作品が発売されているのですが

 

この初代こそが、最も難しいパンツァードラグーンだそうです。

 

当時は、バーチャファイター2と

パンツァードラグーンをセットで購入するのが、定石でした。

 

100円で20時間以上は遊べたのですから

 

いかにこのゲームのコストパフォーマンスが、優れていたのかは

分かりますよね。

 

今ではリメイク版も発売されていますので

興味のある方はそちらをどうぞ。

 

 

敵を撃ち落としていくあの感覚

 

敵をロックオンして、一瞬で消し去るあの感覚

 

今なら格安で購入出来る安心感

 

それこそが、パンツァードラグーンなのでした

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

今でも遊べる 超が付くほどの名作シューティング

それこそが、今急いで850円で買う理由です

 

こちらから購入できます