読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ジャウスト  バルーンファイトのパクリなのかな? けど本当は……?

愛すべきゲーム ゲームの話 修正版

どちらのゲームも開発元はHAL研究所

 

f:id:retogenofu:20170122170702j:plain

[ダチョウに乗って戦うという斬新さ] 

[ジャウスト   HAL研究所  ファミコン]

1987年発売  ジャンル アクション  参考価格1000円

 

記事のネタバレ度  普通  

攻略に必要なプレイ時間 30分

このゲームに対する世間の評価  バルーンファイトならぬダチョウファイト?

どんな人におすすめ?  シンプルなアクションゲームが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

白馬に乗った王子様…カッコイイ

 

戦車に乗った荒くれ者…カッコイイ

 

ダチョウに乗った主人公…どうしてダチョウ?

 

 

そんな今回の、何故かダチョウに乗ってふわふわしながら戦うゲーム

ジャウストの感想です。

 

 

 

ジャウストってどんなレトロゲーム?

 

このジャウストですが

1987年に、星のカービィシリーズでお馴染の

HAL研究所(ハル研)から発売された

ファミコン専用のアクションゲームでした。

 

 

ゲームのシステムは

槍を持った主人公が、ダチョウに乗りながら

ダッシュしたり、時には空中を羽ばたき

他のダチョウを次々と槍で撃ち落としていく

まるで名作ゲームの、「バルーンファイト」の様な感覚のゲームでした。

 

 

このゲームが、発売されたのは

アメリカが最初だったそうで

ジャウストをモチーフにしたのが、バルーンファイトだったそうです。

 

つまり、「ジャウストは、バルーンファイトをパクった…」ではなく

「バルーンファイトはジャウストをパクった…」と

本来は言われるべきだったそうです。

 

しかし、国内での発売日が

ジャウストよりも、バルーンファイトの方が先だった為に

こんな暴言を浴びせかけられたわけですね。

 

そんな、紆余曲折をへて発売された、

今回のジャウストという名作アクションゲームなのでした。

 

 

 

ジャウストの感想でもあり レビューでもあり

 

[安全地帯が徐々に無くなっていく ハラハラドキドキの仕掛け]

 

このジャウストというゲームは

マリオブラザーズの様な画面でした。

(スーパーマリオでは無く、マリオブラザーズの方です。)

 

最初は、沢山の足場が存在していて

 

敵の攻撃を避けやすいように設定されているのですが

 

ステージが進んで行くと

どんどん足場が減っていく仕掛けが

このゲームを最高に盛り上げてくれました。

 

最初はとても楽なんです。

 

上の方から攻撃すると、簡単に敵のダチョウを撃ち落とすことができますので。

 

しかし、後半になってくるとどうでしょうか

自分の為にあるような足場が、急に無くなってしまいます。

 

つまり、低い位置から

相手のダチョウと互角の勝負をしなければならないという事です。

 

今まで楽勝だったのに、急に難しくなるのがとても面白く

「やっぱりアクションゲームはこうでなくちゃ♪」と思わせてくれましたね。

 

ファミコン初期のアクションゲームなので

どうしても、シンプルなゲームになりがちなのですが。

 

そのシンプルな部分を、プラスポイントに変えてしまう

圧倒的な凄さがありましたね。

 

 

 

[二人同時プレイというわくわく]

 

このジャウストも、

マリオブラザーズと同じく二人同時プレイが可能です。

 

この二人同時プレイの面白さは

今の時代のゲームにも負けないくらいの、凄さでした。

 

なにせ、相手にも撃ち落とされる訳ですから。

今まで味方だったのに、気まぐれでこちらに槍を突き出してくる

この感じこそが、ジャウストの真骨頂の様な気がしますね。

 

 

 

[ステージは基本的に無音]

 

このゲームには

ゲームミュージックという洒落た物はありません。

 

つまり、無音でゲームが進行していきます。

 

ゲーム内に響き渡るのは、

ダチョウの「バサ!バサ!バサ!」という羽ばたく音しか鳴らないのが

「昔のゲームらしいな…」と懐かしく思いながらも

少しだけ物足りなさを感じたのでした。

 

バルーンファイトは音楽素晴らしかっただけに

このジャウストも頑張って欲しかったなと、今でも思うのでした。

 

 

 

ジャウストのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

当時の雰囲気を楽しむには

これくらいシンプルなゲームの方が楽しいですからね。

 

まさに王道のレトロゲームなのでした。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

基本的にはバルーンファイトなのですが

 

足場が無くなって行きますので

 

バルーンファイトよりもドキドキ出来ましたね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

二人同時プレイは今の時代でも充分に熱中できる

 

バルーンファイトの元ネタという凄さ

 

ステージに響き渡るのはダチョウの羽音だけ…。

 

 

それなのに面白いからすごいね

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

シンプルだからこそ最高  意外と知らない 隠れた名作アクションゲーム 

それこそが、今急いで1000円で買う理由です

 

こちらから購入できます