読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ダイダロス FPSというジャンルが斬新だった時代の 偉大な作品

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 修正版

硬派なゲームという言葉はこのゲームの為にある

 

f:id:retogenofu:20170122172813j:plain

[ランダムダンジョンとFPS  奇跡の融合] 

[ダイダロス  セガ   セガサターン]

1995年発売  ジャンル アクション シューティング  参考価格200円

 

記事のネタバレ度  普通  

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  FPSといえばダイダロス!!

どんな人におすすめ?  硬派すぎるゲームが好きなら最高です

アーカイブス配信無し

 

 

皆さんは、硬派なゲームって好きですか?

 

「こんなの、どうやってクリアするんだよ!!」とか

 

「プレイヤーの事を、全く考えていないな…」なんてゲームです。

 

しかし、詰まらないゲームなのか?というと、そんな事は無く。

 

「こんなの、どうやってクリアするんだよ…でも面白い!!」

 

「プレイヤーの事を、全く考えていない…でも癖になる!!」となってしまいます。

 

 

そんな今回の、こんなにも硬派なゲームがあって良いのか!!

ダイダロスの感想です。

 

 

 

ダイダロスとはどんなレトロゲーム?

 

このダイダロスですが

1995年に、セガから発売された

セガサターン専用のシューティングゲームでした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションシューティングゲームで

 

入る度にステージ構成が変わる、3Dのダンジョンを

 

お世辞にも、カッコイイとは言えないロボットを操りながら

奥深くまで進んで行く作品でした。

 

自分の視点でゲーム画面が進んで行く

FPSというジャンルのシューティングでした。

 

ダイダロスは、セガサターン初期のゲームソフトなのですが

ダークな雰囲気がうけて

未だに、「セガサターンといえば、ダイダロス!!」

なんてプレイヤーも、多かったのではないでしょうかね。

 

 

そんな、硬派なゲームと言えば

真っ先に思い付くであろう、名作シューティングなのでした。

 

 

 

ダイダロスの感想でもあり レビューでもあり

 

[硬派、硬派、とにかく硬派]

 

このダイダロスというゲームですが

ストーリーなんてものは…殆どありません。

 

とにかくダンジョンに潜り

最深部にあると言われている、目標を破壊する…。

 

たったこれだけの、シンプルなゲーム設計です。

 

しかし、このシンプルなゲーム性こそが

ダイダロスの最大の魅力なのかも知れません。

 

 

ランダムダンジョンなので、マップが毎回変わって行きます。

 

マップにはコンピューターが存在しており

このコンピューターにアクセスする事によって

マップ全体が把握出来たり、マップの照明システムをONに出来たりします。

 

つまり、このゲームの流れとしては

 

ランダムダンジョンに放り込まれる

 

コンピューターを探す

 

コンピューターにアクセスする…

 

この繰り返しでゲームが進んで行くゲームでした。

 

 

こんなシンプルなゲームに

「敵との銃撃戦」をプラスしたのが、ダイダロスです。

 

マップが暗いままだと

敵の姿がぼんやりとしか見えないので、結構な緊張感ですし。

 

たとえマップを明るくしても

どこから、敵が出現するのかは分からないシステムなので

ドアを開けた瞬間に、敵に撃たれる

なんて不運も、日常茶飯事です。

 

そんな、全ての要素が

絶妙なバランスでミックスされた結果

ダイダロス中毒者が続出した

硬派すぎるFPSなのでした。

 

 

 

[長い、長い、とにかく長い]

 

このダイダロスですが、とにかく長いゲームです。

 

「ボリュームがあるのは、良い事なのでは?」とお思いでしょうが

このゲームに関していえば、短くても一向に構いません。

 

 

ゲームの目的は

ダンジョンの最深部に設置されている

「基地のコア」を破壊する、こんな目標が設定されていました。

 

そして、このコアがあるのが

ダンジョンの30階という、とんでもない深さにあるんです。

 

これが、セーブが出来るゲームなら、なんの問題もありません。

しかし、このダイダロスというゲームには、そんな優しさは一切ありません。

 

なぜなら、とんでもなく硬派なゲームだから…。

 

 

なので、このゲームをプレイするには

最低でも2位間は掛かると思って、プレイしてください。

 

セーブ機能が無かったからこそ

ここまで、熱中できるゲームになり

ここまで、中毒者が増えた

と言っても過言ではありません。

 

なのですが

「それでも、セーブ機能は欲しかったな」と

久しぶりにプレイして、思いましたね。

 

 

 

ダイダロスのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

セガサターンという大人向けのゲーム機で

トップクラスに硬派なゲーム。

 

しかもジャンルはFPS

 

これはもう遊ぶしかないよね。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

お世辞にもカッコイイとは言えないロボットなのに

何時間もプレイしていると、自然と好きになってしまう。

 

ゲームが面白ければ、グラフィックなんて関係ない

そんな事を教えてくれたゲームでしたね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

今の時代では

RPG

アクション

FPS

こんな感じで、王道のゲームジャンルとして君臨する

圧倒的に人気を誇る、FPSというジャンルですが。

 

この当時は、まだ斬新なジャンルだったと思います。

 

そんな時代でしたので

「ダイダロスってゲームはヤバいらしいよ」

「嘘!買ってみようかな」

「本当に面白いゲームだった!!」なんて感じで

じわじわ人気が広がって行った、隠れた名作でしたね。

 

今では格安で購入できますので

興味のある方は遊んでみてはいかがでしょうか。

 

ダークな雰囲気は満点

 

セガサターンで本格的なFPSが楽しめるのも満点

 

常に緊張感が味わえるのも満点

 

プレイヤーに対する優しさは赤点

 

そんなダイダロスの魅力なのでした

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

セガサターン初期に発売された、とんでもなく硬派なFPS

それこそが、今急いで200円で買う理由です

 

こちらから購入できます