読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

フィッシュアイズ  タナゴを釣れるだけで幸せ  そんな名作釣りゲー

画面の綺麗さ  音楽の素晴らしさ 釣りの楽しさ 全てが完璧

 

f:id:retogenofu:20170123173739j:plain

[釣りキチ三平の世界が  このフィッシュアイズにはあった]

[フィッシュアイズ  パックインビデオ  プレイステーション]

1996年発売   ジャンル  参考価格

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  クリアしていないので分かりません

このゲームに対する世間の評価  あまりの心地よさに 眠っちゃうよね

どんな人にお勧め  釣りが好きなら 最高です

アーカイブスで配信あり

 

 

水路が流れている街って憧れますよね

 

数年前、友達の車で

「ドライブという名のレトロゲーム探し」に出かけた時に

今まで行ったことのない街に行きまして。

 

その街に水路は流れていました。

 

道路の脇に、釣り竿を垂らす子供たちという

なかなかの凄い光景に

「こんな場所に住んでみたい」なんて思いましたね。

 

そんな、ほのぼのした

水路で釣りをするわけではないのですが

 

今回のゲームも

ほのぼの具合で言えば、かなりの凄さだったのではないでしょうか。

 

 

そんな今回の  ほのぼのした光景が 最高の癒し

フィッシュアイズの感想です。

 

 

 

フィッシュアイズとはどんなレトロゲーム?

 

このフィッシュアイズですが

1996年にパックインビデオから発売された

プレイステーション専用の釣りゲームでした。

 

パックインビデオというメーカーを聞いた事が無くても

「主釣りシリーズ」という名前ならばピンと来る人も多いのではないでしょうか。

 

その主釣りシリーズを発売していたのが

パックインビデオでした。

 

そんなパックインビデオが

釣りだけに特化したゲームを発売したのが

今作のフィッシュアイズでしたね。

 

 

そんなゲームの目的は

 

アクアルームと呼ばれる施設を拠点にしながら

様々な釣り場に行きまして

 

その場所でしか釣れない魚を釣り

 

自分の釣りランキングを上げていき

 

どんどん釣り場を解禁していく

 

そんな、最高の釣りライフを満喫するのが

目的でしたね。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな釣りゲームで

 

主釣りシリーズのシステムを

そのまま流用した作品になっていました。

 

普通の釣りゲームならば

魚の動きを「小さなウインドウ」で表示しながら

どうやって逃がさないのか?を予想していくのですが。

 

このフィッシュアイズでは

ファイトシーンになると、水中に画面が移動して

 

大画面で、魚との戦いを体験できる

 

ド迫力なシステムも売りでしたね。

 

魚が猛スピードで逃げている時は

一切のアクションをしないで

 

魚が休憩した瞬間に

一気にリールを巻きとって

 

その繰り返しで、魚の体力を消耗させて

ここぞの場面で一気に釣り上げる

 

そんな、シンプルなゲームながらも

奥が深いシステムになっていました。

 

釣りまくっていると

魚の警戒心が強まって釣れなくなるとか

 

糸をたるませてしまうと

針が外れやすくなってしまうとか

 

リアルな釣りゲームにもなっていましたね。

 

 

おまけの要素を極力排除して

 

シンプルに釣りライフを満喫する

 

そんな、ガチの釣り好きの為に発売された

いまだに新作も発売され続けている

偉大な作品なのでした。

 

 

 

フィッシュアイズの感想でもあり レビューでもあり

 

[釣り場所を解禁させるのが地味に大変]

 

このゲームですが

本当に素晴らしい作品だと思います。

 

ゲーム画面が本当に素晴らしく

「プレイステーション4並の綺麗さ」なんて程の凄さでした。

 

それは何故なのか?

 

実写で表現しているからでした。

 

イメージで言いますと

NHKの夜中3時ごろにやっている

「大自然の綺麗な画面」をそのままゲームに取り入れたという感じでしょうか。

 

水の流れも自然になっていまして

「まるで現実世界」なんて衝撃でした。

 

そうなって来ると

沢山の釣り場で遊びたくなるのは当たり前ですよね。

 

 

ただ、その部分に

マイナスポイントがあった訳です。

 

このゲームですが

最初に釣れるのは「ヤマメ」だけです。

 

大自然の中で釣っているのに

釣れるのはヤマメだけです。

 

このゲームでは

「1つの釣り場で、釣れる魚は一種類」という

摩訶不思議なシステムが搭載されていました。

 

そして、最初に選べる釣り場が

ヤマメの住処だけなんですね。

 

 

ではどうすれば、次の釣り場に行けるようになるのか?

 

ヤマメをとにかく釣りまくるだけです。

 

ステージの解禁条件が

 

規定数釣り上げるのか

 

規定の大きさを釣り上げるのか

 

こんなシンプルさでしたので

とにかく釣りまくるしかなかったですね。

 

主釣りシリーズならば

釣った魚を売って、お金を稼ぐというおまけ要素があったのですが。

 

このフィッシュアイズでは

水槽で飼う、という簡素なおまけしか無かったので。

 

結構な辛さがありましたね。

 

この部分がもう少し簡単になっていれば

「隠れた」が消えて

名作釣りゲームになっていたと思うので。

 

その部分では少し残念でもありました。

 

 

ただ、水槽で釣った魚を鑑賞するのは

意外と癒されますので

 

大物を釣り上げて

自分だけのオリジナル水槽を目指してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

[タナゴを釣るという 釣りキチ三平好きにはたまらないステージ]

 

このゲームをどうして好きになったのか?

 

釣りキチ三平の匂いがするからです。

 

ヤマメにイワナ、ヘラブナなどを釣るゲームは

今までもあったと思うのですが

 

タナゴを釣るゲームというのは凄いですよね。

 

 

タナゴという魚は本当に小さく

 

他の魚が20センチとかなのに比べ

 

タナゴは7センチとかの小ささでした。

 

他の魚が、大自然の中で釣る

「高嶺の花」の様な存在なのに比べて

 

タナゴは、小川や用水路などで釣れる

身近な存在だった訳です。

 

そんな釣り場で

タナゴを釣りまくるんですからね。

 

まあ楽しかったです。

 

「向こうから、犬を散歩するおばさんが歩いてくるのでは」

そんな身近さがありましたね。

 

 

釣りキチ三平のエピソードでも

タナゴが主役の回がありまして。

 

手の平に何枚のタナゴが乗るのか?なんて

ほのぼのしたエピソードも最高でした。

 

大きな竿で

何百キロものカジキを釣るのも釣りですが

 

小さな竿で

数センチのタナゴを釣るのも釣り

 

こんな考えさせられるエピソードでもありました。

 

 

そんな世界感を

このフィッシュアイズには感じる事ができまして。

 

「フィッシュアイズ……好き」となりましたね。

 

そんな、釣りキチ三平の匂いを感じることができる

数少ない釣りゲームをお楽しみください。

 

 

 

フィッシュアイズのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

1996年当時は

ブラックバスが大人気でしたので

 

ド派手な釣りゲームが数多く発売されましたが。

 

そんなゲームにはない

ほのぼのした雰囲気が最高ですので。

 

癒しの釣りゲームをお探しなら

是非とも遊んでほしいなと思います

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

グラフィックの綺麗さ

 

音楽の心地よさ

 

そんな、眠くなること確定の

安眠ゲームなのでした。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

今では

アーカイブスで

フィッシュアイズ2と一緒に配信もされていますし

 

3DSでも新作が発売されていますので

 

興味のある方は

自分の環境に合ったフィッシュアイズをお楽しみください。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

釣りキチ三平の匂いを感じることができる 名作釣りゲー

それこそが、今急いで350円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます