読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ディメンションフォース 優しいシステムと泣きたくなる難易度 そんなツンデレ シューティング

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 修正版

あまりの難しさにテンションが上がる

 

f:id:retogenofu:20170207003434j:plain

[とても優しいシステムなんですが  ゲームの難易度は地獄]

[ディメンションフォース  アスミック  スーパーファミコン]

1991年発売  ジャンル 縦スクロールシューティング  参考価格800円

 

記事のネタバレ度  普通  

攻略に必要なプレイ時間  1時間

このゲームに対する世間の評価  本気で難しかった

どんな人におすすめ? 難しくシューティングが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

みんな大好き

 

難しいゲーム

 

ですが

 

あまりにも難しいと、逆に嫌いになってしまう物です。

 

それは困ると

ゲームの製作者も思うのでしょうね。

 

「せっかく命をかけて作ったゲームなのに、嫌われたくない」と。

 

「それなら、とにかくゲームを優しくすればいいのか!!」

 

こんな、相反するシステムが融合したのが

名作ゲームなのかも知れません。

 

 

そんな今回の、システムは優しい ゲームは厳しい?

ディメンションフォースの感想です。

 

 

 

ディメンションフォースとはどんなレトロゲーム?

 

このディメンションフォースですが

1991年に、アスミックから発売された

縦スクロールシューティングでした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなシューティングゲームで

 

ショットのみというシンプルなゲーム性ながら

 

パワーアップアイテムを取る度に

どんどん攻撃が派手になって行くのも、最高でした。

 

 

主人公の戦闘機が

「ヘリコプター」というのも懐かしく

 

「こんなに面白いゲームがあったんですね」というのが表面上の感想です。

 

 

このゲームは

とても優しいシステムが売りのゲームでした。

 

ボタンを連射しなくても、押しっぱなしで連射をしてくれる

かなりの優しさがありました。

 

そのほかにも

オプションモードで、残機を9機まで設定できますし

コンティニューも無制限です。

 

そして、残機を使っての復活は

ステージの途中からでは無く、その場からの復活

 

「これでゲームをクリア出来なきゃどうするの」

こんな、甘々なシステムのゲームなのでした。

 

 

 

ディメンションフォースの感想でもあり レビューでもあり

 

[最初のステージすらクリア出来ない]

 

このゲームは

天国の様な、優しいシステムが売りのゲームです。

 

そんなゲームなのに

最初のステージすらクリア出来ない難しさなんです。

 

 

ステージの最初は

最弱の状態でスタートするのが当たり前ですよね。

 

この状態から

どんどんパワーアップアイテムを取って行き

 

最強の戦闘機に進化させていくのが

 

シューティングゲームの醍醐味ですよね。

 

 

しかし、この状態が本当にきついんです。

 

なにせ、ショットしかないゲーム性なので

 

パワーアップアイテムを取らない限りは

貧弱なままです。

 

それなのに

敵の攻撃は、他のゲームの後半並みの凄さで

 

貧弱なヘリコプターに

容赦なく攻撃が浴びせ続けられます。

 

 

しかも、ヘリコプターだからなのかは分かりませんが

 

自分の動きはとんでもなく遅いんです。

 

これが、敵の動きも遅いのなら

納得がいくのですが

 

敵の攻撃だけは、「物凄く早い」というのが酷かったですね。

 

 

しかし、そんなゲームにも慣れて

 

徐々にですが、進んで行く事が出来ました。

 

そこで出会った

「初めてのボス」の強さと言ったらもう

鬼でしたね。

 

残機が7も残っているのに

 

その場で使い果たしても倒せなかった

 

このような酷さがありました。

 

 

そんなボスを、どうしても倒したかったので

何度も繰り返しプレイしました。

 

 

そして遂に、念願のボスを倒すことが出来ました。

 

 

そして、その苦労したボスが

 

 

なんてことはない、「ただの中ボス」だと分かった時に

 

 

「このゲームは絶対にクリア出来ないな」と確信しましたね。

 

 

苦労して倒したのが中ボスで

 

その後には、もっと酷いボスが待ち受けているなんて。

 

 

しかもこれが、最初のステージですからね。

 

いかに、このゲームの難易度が酷いのかを

 

まざまざと見せつけられた瞬間でしたね。

 

 

 

[それでもゲームとしては面白い]

 

そんなゲームの難しさが

どんどん私のテンションを上げてくれまして

 

それはもう、何時間も繰り返しプレイしました。

 

実はこのゲームですが

 

1357という奇数のステージは、とんでもない難易度なのですが

 

246のステージは、それほど苦労しなくても進めるように設定されていました。

 

 

なので、1時間かけて必死にステージ1をクリアしたら

 

次のステージ2は、10分くらいでクリア出来ます。

 

1時間かけて必死にステージ3をクリアしたら

 

次のステージ4は、10分くらいでクリア出来ます。

 

なので、全7ステージの内

地獄の様な難易度は4つのステージだけだと分かった瞬間に

「もしかしたらクリア出来るかもしれない」と思えるようになりまして。

 

結局は、毎日毎日繰り返しプレイしましたね。

 

 

しかし結局クリア出来ませんでした。

 

奇数ステージのあまりの難しさに、完全に心を折られまして

「大人になったらクリアしよう…」と思って、未だにクリアしていません。

 

 

ちなみに、久しぶりにプレイしましたが

最初のステージでギブアップしました。

 

ですので

シューティングゲームが得意な人は

是非ともチャレンジしてほしいなと思います。

 

そんな、激ムズゲームなのに

不思議と面白い作品なのでした。

 

 

 

ディメンションフォースのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

クリア出来たらシューティングゲームの天才

 

そんなイカレタ難易度をお楽しみください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

最高に優しいシステムと

 

最高にイカレタ難易度

 

ディメンションフォースって本当に凄かったんだな。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームのセールスポイントは

「これでクリア出来なきゃおかしいでしょという」とにかく優しいシステム

 

短いフレーズのループながらも、印象的なゲーム音楽

 

スーパーファミコン初期なのに、とても綺麗な画面

 

 

このゲームのマイナスポイントは

 

このゲームの製作者は

絶対にテストプレイをしていないだろうという、凶悪な難易度。

 

 

そんな、鬼のようなゲームに

終止符を撃ってみてはいかがでしょうか。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

優しいシステムがあったから

ゲームの難易度を上げたのではなく

 

ゲームの難易度が狂っていたから

最終的に優しいシステムにしたのかな

 

ディメンションフォース

 

それこそが、今急いで800円で買う理由です

 

こちらから購入できます