読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

最大30時間をノーセーブで遊べ 絶対に嫌!! メガドライブ版 ひょっこりひょうたん島

ひょっこりひょうたん島の桃太郎電鉄

 

f:id:retogenofu:20170206194807j:plain

[ひょっこりひょうたん島のDVDBOXが本気で欲しい]

[ひょっこりひょうたん島・大統領を目指せ  セガ   メガドライブ]

1992年発売  ジャンル ボードゲーム  参考価格400円

 

記事のネタバレ度 普通  

攻略に必要なプレイ時間 1時間

このゲームに対する世間の評価  まんま桃太郎電鉄ですよね?

どんな人におすすめ?  桃鉄が好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

ひょっこりひょうたん島というのは、

どうしてあんなにも面白かったのでしょうか。

 

昔は、どことなく不気味な雰囲気が怖くて

楽しめなかったのに

 

今では、DVDをレンタルして、少しずつですが楽しく見ています。

 

「子供時代よりも、今の方が楽しめるのでは」という

圧倒的に深いストーリーに

 

「ひょっこりひょうたん島は本当に凄かったんだな」と改めて思いました。

 

 

そんな今回の、今更DVDをレンタルするきっかけになった作品

ひょっこりひょうたん島・大統領を目指せの感想です。

 

 

 

大統領を目指せとはどんなレトロゲーム?

 

このひょっこりひょうたん島・大統領を目指せですが

1992年に、セガから発売された

メガドライブ専用のボードゲームでした。

 

ゲームのストーリーは、

天才で偉大なる政治家「ドン・ガバチョ」には

大統領を任せられないと奮起した

 

三流海賊「トラヒゲ」

 

驚くべき天才少年「ハカセ」

 

学校の美人先生「サンデー先生」の四人で

 

誰が大統領にふさわしいのかを決める。

 

こんな、ひょっこりひょうたん島の世界感が好きな人にとっては

最高の作品でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなボードゲームで

 

ハッキリ言ってしまえば、往年の名作ゲーム「桃太郎電鉄」を

ひょっこりひょうたん島の世界感に塗り替えただけのシステムでした。

 

 

しかし、そこはひょっこりひょうたん島のゲームです。

色々なシステムが、少しだけ原作仕様に変更されています。

 

お金という概念では無く

民衆の支持率を表すポイントを集めて行くシステムでしたし。

 

ゲームの目的地も

「演説会場」という設定に変えられていて

 

その場に最初に着いた人が、演説が出来て

ポイントが沢山貰えるというシステムになっていました。

 

 

なので、基本的には

 

演説会場に向かいながらカードを集めて

 

集めたカードを使いながら邪魔をして

 

ひょっこりひょうたん島の大統領へと突き進んで行く…。

 

 

明らかに桃太郎電鉄の世界感が、ここにはありましたね。

 

 

 

大統領を目指せの感想でもあり レビューでもあり

 

[遊ぼうと思えば、ほぼ無限に遊べる]

 

このゲームでは

何回目的地に着いたらゲームを終わるのか、というのを

最初に選ぶことが出来ます。

 

桃太郎電鉄の何年あそびますか?みたいな感じです。

 

そして、この回数を99回まで選ぶことが出来ます。

 

一回のプレイで掛かる時間でいうと

15―20分くらいだったでしょうか。

 

そんなお楽しみが

99回も楽しめるんですからね

 

ひょっこりひょうたん島のファンにとっては

こんなにも楽しいゲームは無かったのではないでしょうか。

 

別売りのコントローラーを用意する事によって

4人プレイも出来たので

 

ボードゲームに弱かった

メガドライブの、強力な救世主になったのでした。

 

 

 

[ほぼ無限に遊べるゲーム…からのセーブが出来ない]

 

このゲームですが、セーブ機能が付いていませんでした。

 

当時のボードゲームには

セーブ機能が付いていないのは、当たり前だったと思われます。

 

しかし、他のボードゲームに関していうと

長くても2時間程度のプレイ時間なので

 

「だったらセーブに容量を使うよりも、イベントに使いましょう」という事に

なっていると思います。

 

 

しかし、今回の大統領を目指せでは

最大で30時間位は掛かってしまうんです。

 

つまり、寝ないでプレイをしても

「まだ6時間足りない」というとんでもない長さが

このゲームにはあったんですよね。

 

確かに、大抵の場合は

演説回数を6回くらいに設定して、2時間程度に抑えながら遊ぶのですが

 

「もしかしたら、99回の後にはなにか特殊なイベントが用意されているのは?」

という様な考えを持ったら最後

 

その日からメガドライブは付けっ放し

こんな地獄の様な状況になっていくのが残念な所でしたね。

 

 

セーブしたかったな。

 

 

 

大統領を目指せのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ひょっこりひょうたん島の世界で

桃太郎電鉄を楽しむことができる。

 

こんなにも凄いゲームを遊ばないのはダメだよね。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

最大で99回遊べるんですからね

 

こんなにも贅沢なゲームはありません。

 

まあセーブできないけどね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

ゲームの雰囲気は…かなりダークで面白い

 

ゲームの面白さは…本家にも負けない

 

ゲームの基本的なシステムは…桃太郎電鉄

 

 

ひょっこりひょうたん島が好きなら 今すぐ購入

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

メガドライブのボードゲームの 一端を担っていた名作ゲーム

ひょっこりひょうたん島・大統領を目指せ

 

それこそが、今急いで400円で買う理由です

 

こちらから購入できます