レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

魔天伝説  女神転生の喉元に噛みつけ そんなチャレンジャー まあ結果はね…

ゲームのシステムはかなり面白い バランスはまあまあ悪い

 

f:id:retogenofu:20170130201855j:plain

[女神転生のライバルになれたかもしれない名作] 

[魔天伝説 戦慄のオーパーツ   タカラ  スーパーファミコン]

1995年発売  ジャンル 3DダンジョンRPG  参考価格1900円

 

記事のネタバレ度  普通  

攻略に必要なプレイ時間  20時間

このゲームに対する世間の評価  惜しいという言葉が似合う 名作RPG

どんな人におすすめ?  女神転生風のRPGが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

ライバルの存在というのは、とても大事ですよね。

 

任天堂のスーパーマリオに対抗して

セガのソニック

 

エニックスのドラゴンクエストに対抗して

スクウェアのファイナルファンタジー

 

それでは、アトラスの女神転生に対しては?

 

 

そんな今回の、女神転生を倒すためにタカラから送られた刺客

魔天伝説の感想です(*’▽’)

 

 

 

魔天伝説とはどんなレトロゲーム?

 

この魔天伝説ですが

1995年に、タカラから発売された

スーパーファミコン専用のRPG作品でした。

 

スーパーファミコン後期の作品という事で

殆ど存在を知られないまま、闇へと消え去っていった作品なのですが。

 

本来は、女神転生シリーズのライバル的な存在として

君臨していたであろう、作品だったと思います。

 

 

ゲームのストーリーは

宇宙へと浮上してしまった日本列島から

どうやって無事に帰還していくのか…。

こんなSF的な物語でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなRPGで

 

能力の違った主人公達から一人を選び

 

ヒロインと一緒に、各地に居る強力なモンスターを仲間にして

冒険していく

 

コマンド選択式のRPGでした。

 

 

主人公とヒロインは固定で

モンスターを、その場の状況で臨機応変に変えていく

ドラクエ5の様なタイプのゲームでもありました。

 

最初は、物語の意味すら分からないでさまよっている主人公が

 

ヒロインと一緒に、困難に立ち向かいながら冒険していく

 

ハラハラドキドキが最高でしたね。

 

 

そんな、物語の結末が知りたくて

何十時間も熱中していたゲームなのでした。

 

 

 

魔天伝説の感想でもあり レビューでもあり

 

[レベルの概念を取っ払うという潔さ]

 

RPGの面白さは

 

イベントを進んで行く楽しさ

 

レアアイテムを探し出す楽しさ

 

キャラクターを極限までレベルアップさせる、やりこみの楽しさ

 

などが挙げられると思います。

 

しかし、この魔天伝説では

レベルアップという概念がありません。

 

というか、お金の概念すらもありません。

 

 

それではいったい

敵を倒してなんの得があるのか?というと

 

「エネルギー」という存在を貰う事が出来ます。

 

そして、このエネルギーこそが

このゲームでの、経験値であり、お金という存在なんですね。

 

 

魔天伝説には、お店なんて優しい物は一切ありません。

 

仮にお店があっても

そこは情報収集の場でしかないんです。

 

宿屋も無ければ、回復アイテムを売っているお店すらない

 

というか武器や防具はどうするの?

 

 

そこで登場するのが

敵からゲットしたエネルギーという訳ですね。

 

 

[稼いだエネルギーが 世界を変える]

 

このエネルギーですが、様々な事に使用することが出来ます。

 

回復アイテムを作成したり

 

爆弾などの攻撃アイテムを作成したり

 

「お店が無いのなら、自分がお店になればいい」という

独特なシステムでした。

 

そして、このエネルギーを

「自分自身」に注入することも可能です。

 

攻撃力を上げたり

防御力を上げたり

新たな魔法を覚えるのに使ったり

色々出来ます。

 

「レベルアップの概念が無いのなら、自分でエネルギーを注入すればいい」という訳です。

 

 

そして、最も楽しいのが

自分で好きな様に武器を改造していく事です。

 

このゲームでは

主人公は特殊な武器を持っていまして。

 

敵モンスターから、ゲットしたエネルギーを使って

 

剣のタイプと、ガンのタイプ

 

好きな様に、武器を改造していく事が出来ます。

 

オーソドックスな剣タイプ

 

強力なのだけど、弾数制限がネックのガンタイプ

 

この2種類を好きな様に改造していくんです。

 

 

武器の攻撃力を上げて行くのか

 

攻撃回数を上げて行くのか

 

はたまた特殊能力を付加して行くのか

 

こんな感じで

自分の好きな様に、武器を改造していくのが最高でしたね。

 

 

エネルギーを稼いで

 

自分を強化するのか

 

武器を改造していくのか

 

アイテムを備蓄していくのか

 

臨機応変に考えながら進んでいく

 

戦略性も楽しい素晴らしいRPGなのでした。

 

 

 

[エネルギーが無くなると…そこは死]

 

このゲームの楽しみ方は

エネルギーを集めて、徐々にキャラクターを強化していく事です。

 

ここで悩みどころが出てきます。

 

このゲームには、宿屋という物がありません。

 

なので、ライフも、MPも

全て回復アイテムで賄わなければいけないんです。

 

これが、宿屋があるゲームなら、一括で全快してくれるのですが

 

このゲームの場合は

 

回復アイテムを作って

 

回復アイテムを使用して

 

回復アイテムをまた作っての、繰り返しなんですよね。

 

 

特に困ったのが

どうやら、ヒロインは武器が使えないらしく

超能力の魔法しか使えないという、厄介なシステムでした。

 

つまり、攻撃する度に

MPがガンガン減っていく

燃費が最悪の、困ったキャラクターという訳ですね。

 

ヒロインのMPが減る度に、

「コーヒー」や「カフェインのカプセル」を飲ませる

とても面倒なシステムだった訳です

 

 

ここで大きな問題が出てきます。

 

全ての回復にはエネルギーが必要です。

 

そして、このゲームでは

敵のモンスターは、比較的強めに設定されています。

 

戦う度に、こちらのライフをガンガン減らしてきます。

 

なので、こちらも総力戦で立ち向かわなければいけません。

 

 

そうなると、必然的にどうなるのか?

 

エネルギーが全然貯まらないんです。

 

せっかくモンスターを倒しても

チョイプラス、もしくは赤字という状況になっていきます。

 

そんな状況が頻繁に起こると

 

ヒロインは魔法を使わずに、ただ防御をしているだけの存在とか

 

仲間モンスターは、生き返らせた瞬間に死んでしまうとか

 

悪い方向へとどんどん進んで行ってしまうんですよね。

 

 

その負の連鎖を断ち切ることが出来れば

 

どんどん能力が上がっていき

 

武器もパワフルになっていくので

 

とても気持ちのいい展開が、その向こう側には待っていてくれる訳です。

 

 

そこまでに、どうやって持っていくのか?を考えながら

ゲームを進めて行かなければいけないのが

 

少し残念な所でしたね。

 

 

宿屋が無いゲーム

 

たったこれだけの要素で

 

とんでもなく、難易度が上がるのですから

 

「RPGって本当に奥深いんだなと」思わされました。

 

ヒロインが強くなると

途端に面白さが覚醒しますので

その部分までは我慢してください。

 

 

 

魔天伝説との出会い

 

このゲームと出会ったきかっけは

ユーズドゲームズという雑誌でした。

 

マイナーゲームだけど面白い名作、みたいな特集ページで

このゲームが紹介されていました。

 

その特集ページを読んで、完全に欲しくなり

近場を長年探していたのですが。

 

魔天伝説のゲームをゲットできたのは

それから3年後くらいだったでしょうかね。

 

その頃はバリバリ

「モンスターハンタードス」を遊んでいた時期だったのですが

いったんモンハンを休憩して、魔天伝説を最後までプレイしましたね。

 

ゲームのバランス的には、物凄く大味でしたが

ゲットするのに3年掛かっていますから

それはもう、ハイテンションでプレイしたのを覚えています。

 

 

その頃は、攻略情報を調べることも出来なかったので

自力でエンディング画面を見ましたね。

 

そんな、たった数ページの特集で虜になってしまった

濃厚過ぎる作品でした。

 

 

 

魔天伝説のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

魔天伝説という名前も聞いた事がないRPGを

 

3年かけてようやくゲットする

 

こんな興奮を今でも覚えています。

 

「あの伝説のゲーム、魔天伝説だぁ!!」こんな感じでした。

 

そこからモンハンをぶん投げて、一心不乱に遊びまくる

 

そんな興奮を、皆にも体験して欲しいな。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

このゲームは

かなり「女神転生」を意識した作りになっていました。

 

マップの移動が

そのまま女神転生の様なマークでの移動でしたし

 

ダンジョンも

女神転生そのままの3Dダンジョンという感じでした。

 

モンスターを仲間にするのも

おそらく女神転生からのヒントを得ていたと思われます。

 

だからこそ、女神転生好きにも遊んでほしいなと思います。

 

女神転生のパクリゲーと思いながらも

好きになってしまう

 

そんな素晴らしさがありました。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

スーパーファミコン後期に発売されたという事もあり

女神転生のライバルには、残念ながらなれなかったんですよね。

 

仮に、このゲームがあと2年早く発売されていたとしたら

 

「女神転生か魔天伝説か!!」といった

二枚看板になれたかもしれませんね…。

 

 

女神転生の喉元に食らいつけ 

 

そんな意欲作

 

今すぐ遊んでください

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとう

 

女神転生に一矢報いたかった

斬新なゲームのシステムが売りの、隠れた名作RPG

それこそが、今急いで1900円で買う理由です

 

こちらから購入できます