読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ガチでファミコンをリセットをしてくる敵がいる イカレタRPG スクウェアのトムソーヤ

誰が仲間になるのか分からない だから最高にドキドキできる

 

f:id:retogenofu:20170222000500j:plain

[お弁当を食べるわくわく感は 現実世界とまったく一緒]

[スクウェアのトムソーヤ  スクウェア  ファミコン]

1989発売  ジャンル RPG  参考価格400円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  15時間

このゲームに対する世間の評価  敵がイカレテイルゲームの王様かな

どんな人におすすめ?  ロマサガが好きなら体験して欲しいかな

バーチャルコンソールで配信なし

 

 

昔はお弁当を食べる時間というのが

最高でしたよね。

 

まあ、今でも最高なのは変わらないのですが。

 

未だに、特定のクラシック音楽を聞くと

お弁当を食べている時の記憶しかでてきません

(学校では、食事の時間にクラシックが流れていました)

 

 

そんな今回の、お弁当を食べる喜びがこのゲームにはあった

スクウェアのトムソーヤの感想です。

 

 

 

スクウェアのトムソーヤとはどんなレトロゲーム?

 

このスクウェアのトムソーヤですが

1989年にスクウェアから発売された

ファミコン専用のRPGでした。

 

どうして、「スクウェアのトムソーヤ」と

メーカーの名前が冠についているのかと言いますと。

 

「セタ」というメーカーから

先に「トムソーヤ」というゲームが発売されていた為に

この様なタイトルになったそうです。

 

 

そんなゲームの目的は

主人公のトムソーヤとなり

さまざまなキャラクターを仲間にして

海賊のお宝を探しに行くのが目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなRPGで

似たタイプのゲームで言いますと「マザー」の様な作品でした。

 

 

オーソドックスな

「たたかう」「ひっさつ」「アイテム」のほかに

 

キャラクターごとに、

「にげる」「パス」「まかせろ」「いじける」「きゃー」などの

個性的なコマンドが設定されていまして

今までのRPGよりもリアルなのが良かったです。

 

自分だけが、戦闘から逃げたり

 

自分が犠牲になって、仲間の皆を逃げさせるなど

 

そのキャラクターごとに個性があって面白かったです。

 

 

何気ないお使いの連続から

壮大な宝探しへと進んで行きますので

「少年時代のあの感覚を取り戻したいな…」こんな人にこそ

お勧めの作品なのでした。

 

 

 

スクウェアのトムソーヤの感想でもあり レビューでもあり

 

[小数点が表示されるのは画期的]

 

このゲームですが、他のRPGとは大きく違うシステムがありました。

 

まずは、小数点でダメージが表示される事でしょうか。

 

「2.7のダメージを受けた」とか

「6.3のダメージを受けた」みたいな感じで

小数点まできっちりと計算されていました。

 

一見すると、あまり意味がなさそうですが

意外と踏みとどまってくれたりするので

小数点まで表示されるのも結構ありでした。

 

 

 

[お弁当を食べる瞬間が最高]

 

もう一つの独特なシステムは

レベルの概念が無かった事でした。

 

このゲームには経験値とお金の概念は無く

敵との戦いには、なんの意味も無いようにも思われるのですが。

 

敵との戦いを繰り返すごとに

少しずつパラメーターが伸びていくシステムでしたので

繰り返し戦闘をしたくなるのは良かったです。

 

後の、「ロマンシングサガ」の原点だとも思える

素晴らしいシステムでしたね。

 

 

他のゲームと比べれば

エンカウント率が、かなり高めに設定されていましたので

このシステムでなければ、ストレスになっていたかもしれません。

 

ですが、戦えば戦うほど能力が伸びてくれますので

「敵が出てきたよ…、でも能力が上がるから許す!!」こんな感じでしたね…。

 

 

そして、このゲームで最も嬉しい瞬間は

お弁当を食べる時です。

 

実は、敵との戦いで成長していても

お弁当やパンを食べるまで、変化はありません。

 

ウィザードリィで言いますと

どんなに経験値が貯まっていても

「宿屋に泊らなければ、レベルが全く上がらない」のと一緒です。

 

ですので、美味しい食事を終えて

ようやく成長するというのが最高でした。

 

ライフが70だったのが

お弁当を食べると75に伸びるなど

「こんなに成長してくれたんだ…」なんてギャップが良かったです。

 

 

 

[誰が仲間になるのか? こんな素晴らしさがある]

 

このゲームの最大のセールスポイントは

仲間の多さにあると思います。

 

幼馴染の女の子

屋敷の使用人

トムソーヤの最大の相棒…などなど

とにかく、沢山の仲間が居ました。

 

一見すると

仲間にならなそうなキャラクターが、仲間になったり

 

絶対に仲間になるよね、と思っていたキャラクターが

全く仲間にならなかったり

 

初めてプレイした時は、本当にドキドキでした。

 

 

このゲームの特徴としましては

キャラクターごとに、パラメーターの限界が決まっている所でした。

 

序盤は、圧倒的なパラメーターで引っ張って行ってくれたのに

ゲームの中盤には、成長の限界がきてしまい

いつの間に最弱キャラになっていたり。

 

最初は弱いんだけど、根気よく成長させ続けると

どんどん強くなって行くとか。

 

こんな楽しみがありましたので

沢山の仲間から、自分好みのパーティーを探すのは良かったです。

 

 

街中で出会う

グラフィックが違うキャラクターを見かけただけで

「もしかしたら、新しい仲間なのかも?」と思えるのも

ロマンシングサガの原点だったのかも知れません。

 

 

 

スクウェアのトムソーヤのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

システム的には、かなり面白いシステムだったのに

マイナーゲームで終ってしまったのは残念でしたね。

 

ですので、この機会に

スクウェアのトムソーヤを体験してください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

このゲームの噂は、昔から聞いた事がありました。

 

「敵のモンスターが、ファミコンのリセットボタンを押すらしいよ」こんな

クレイジー過ぎる噂でした。

 

そんな噂を聞いていたので

ゲームショップで見かけたときは、即購入しましたね。

 

「これが、友達が言っていた、伝説のゲームだ!!」なんて。

 

そのモンスターは

「ふこうむし」という、明らかにヤバい名前のモンスターでした。

 

ただですね

いきなりリセットを押してくるのでは無く。

 

「おそうかな、どうしようかな…」こんな感じの台詞を

何ターンか喋った後に

満を持してリセットボタンを押してきますので

基本的には対処の仕方がありました。

(本気でリセットボタン押してきて、そのままタイトル画面に戻されます)

 

これが、いきなりリセットボタンを押してくる

クレイジーなモンスターだったら、逆に伝説になれたのかも知れません。

 

ですが、出会った時の緊張感は

凄いものがありましたので

興味のある方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

イカレタゲームという悪名もさることながら 

 

ゲームシステムはめちゃくちゃ面白い

 

そんなサガシリーズの原点をお楽しみください

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

王道のRPGなんてやってられない そんな人にお勧め

スクウェアのトムソーヤ

 

それこそが、今急いで400円で買う理由です

 

こちらから購入できます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 FC スクウェアのトムソーヤ (ソフト単品)
価格:280円(税込、送料別) (2017/2/22時点)