読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ゲーム史上 最も買い物が楽しい作品であること間違いなし くにおくんの時代劇だよ全員集合

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 修正版

楽しいという言葉でしか表せない 奇跡の一本

 

f:id:retogenofu:20170208224734j:plain

[今度のくにおくんは アクションRPGになって大暴れ]

[くにおくんの時代劇だよ全員集合  テクノスジャパン  ファミコン]

1991年発売  ジャンル アクションRPG  参考価格1480円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  5時間

このゲームに対する世間の評価  1人でも楽しい 2人でも楽しい そんな名作

どんな人におすすめ?  3DSを持っているなら買うしかない

バーチャルコンソールで配信あり

 

 

レトロゲームを遊んでいて

最もビックリするのが

 

今の時代に、リメイク作品が出ている事ですよね。

 

最近で言いますと

「スぺランカー」なども、オンラインゲームで復活していますので

本当に驚くことばかりです。

 

数年前は

「いっき」がリメイクされて話題にもなっていましたからね。

 

 

そんな今回の、正式な続編が発売していたと知って 心底驚いた

くにおくんの時代劇だよ全員集合の感想です。

 

 

 

くにおくんの時代劇だよ全員集合とはどんなレトロゲーム?

 

このくにおくんの時代劇だよ全員集合ですが

1991年に、テクノスジャパンから発売された

ファミコン用のアクションRPGでした。

 

今までのくにおくんは

「ドッジボール」 「サッカー」

「アイスホッケー」 「オリンピック選手」

こんなスポーツがメインの作品でした。

 

「今度はどの競技に挑むのかな?」と思っている

プレイヤーを置き去りにして

 

今作では、くにおくんの原点に立ち戻り

「暴力全開」こんな作品でしたね。

 

次の1992年にも

暴力全開の「熱血格闘伝説」という作品を発売して

「やっぱり、くにおくんは暴力だよね」と満足させてくれました。

 

 

そんな、ゲームのあらすじは

ぶんぞう一家の親分である

「ぶんぞう」の大事な娘が何者かにさらわれた。

 

さらわれた「おこと」を救い出すために

 

主人公の「くにまさ」が

全国各地を相棒と共に周りながら

 

情報収集をして、事件解決へと導いていく…。

 

こんなあらすじでした。

 

 

ゲームの目的は

 

主人公のくにまさとなり

 

各地で暴れている、チンピラや親分たちと戦いながら

情報収集をしていき

 

この事件の黒幕を暴き出し、成敗するのが目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

 

くにおくんお馴染のアクションシステムと

 

キャラクターを強化していく、RPGのシステムが融合した

 

アクションRPGのシステムでした。

 

 

このゲームでは

各地に敵が現れるのですが

 

その敵たちを倒しながら、経験値やお金を貯めて

 

最強のくにまさを作るのも最高でした。

 

 

敵を倒せばお金を落としますので

 

そのお金を握りしめて

 

装備を強化したり

 

自分の必殺技を習得したり

 

冒険に必要な回復アイテムを購入したり

 

「こんなに楽しいゲームがあって良いんですか」というほど

買い物が楽しい作品でした。

 

 

最初は弱かったくにまさが

 

愛情を注いで、丹精込めて育てる事により

 

「最強の漢」へと成長していく

 

どんなRPGを遊ぶよりも、熱中出来るのではないでしょうか。

 

 

 

くにおくんの時代劇だよ全員集合の感想でもあり レビューでもあり

 

[イベントそっちのけで 親分たちを倒しまくろう]

 

このゲームの基本的な流れですが

 

日本地図を見ながら、どこに親分たちが居るのかを確認する

 

その地域まで歩いて移動していく

 

その親分一家を倒すことが出来れば、事件解決の情報をくれる

 

そして、新たな親分たちがマップに現れる…こんな感じでした。

 

 

ですので

目標の親分以外は、完全に無視をして

イベントを進めることだけに、集中しても構いません。

 

構いませんが

 

そんな事を簡単に出来ないのが

このゲームの奥深さでした。

 

 

日本各地には、その地域でしか買えない

装備やアイテム、必殺技等がショップに陳列されています。

 

そんな魅力的なアイテムの数々を購入する為に

とにかくお金を貯めるしかありませんでした。

 

ですので、イベントそっちのけで

ランダムに出てくる親分たちを倒して

お金を貯めるのが必要でした。

 

この親分たちは

自分の仲間になってくれることも有るので

 

今までは、最強のライバルだったのが

 

次の瞬間には、最高の相棒に変わってくれるなど

 

仲間集めの要素も面白かったです。

 

 

このゲームは

バリバリのアクションゲームですので

 

主人公が弱ければ

そのまま、ぼこぼこにされてしまいます。

 

そうならない為に

親分を倒しまくって、レベルとお金を貯めまくる訳です。

 

めちゃくちゃ欲しいアイテムなのに

お金はカツカツ

 

だから親分を倒しまくる

 

こんな素晴しさがありました。

 

 

もしかしたら

「買い物が楽しいゲームを上げろ」と言われれば

この作品こそが、ナンバーワンなのかも知れません。

 

アイテムを

買っても、買っても、満足できない

 

そんな、買い物中毒になること間違いなしの、作品なのでした。

 

 

 

[自分だけの 最強のくにまさを育成しよう]

 

このゲームですが

レベルアップが独特でして

 

どのパラメーターを伸ばすのかを

あらかじめ割り振るシステムでした。

 

普通のゲームならば

 

レベルが上がった時にボーナスポイントを貰えて

 

そのボーナスポイントを

自分の好きな様に割り振るのが一般的です。

 

しかし、このゲームでは

あらかじめ設定しておきます。

 

「体力」 「気力」 「パンチ力」

「キック力」 「ジャンプ力」 「スピード」

こんな感じで、10個の項目がありまして

そこに、10%単位で割り振って行きます。

 

「キックをあまり使わないから、パンチに40%振ろうかな」とか

 

「ボス戦に備えて、体力に50%振ろうかな」とか

 

「キックに命を懸けるから、全てを犠牲にして100%振ろう」とか

 

自分自身の攻撃スタイルによって

主人公のくにまさを、好きな様に育成できたのは良かったです。

 

設定をいじらずに

全てを平均的に上げていたのですが

 

全く強くなりませんでしたので。

 

思い切って

キックを究極的に上げていったら

 

世界がガラリと変わりましたからね。

 

尖がりまくったパラメーターの方が

意外と楽だったのかもしれません。

 

どうしても

パラメーターが足りない部分は

 

装備を購入して、補う事が出来ましたので。

 

思う存分

尖がったくにまさを育成して

 

好き勝手に暴れて下さい。

 

 

ちなみに、

後半の親分たちは

 

丹精込めて育成した、最強のくにまさを

「3発で葬る」くらいの強敵ばかりでしたので。

 

とにかく、レベル上げとお金稼ぎの繰り返しでしたね。

 

日本各地には

隠しショップが沢山存在するのですが

 

レベルが上がった時に

「パラメーターの伸びが2倍になる」

とんでもない性能のアイテムが売っていますので。

 

いかに、このアイテムを序盤に購入出来るのかが

このゲームの難易度を、大きく左右するのでした。

 

 

 

[気づいたら朝までプレイしていた]

 

ブログを始めてからは

いつも寝る前に、2時間程レトロゲームをプレイしてから

眠る様になったのですが。

 

面白いゲームは、長めに遊んでしまう傾向にあります。

 

明日もまた遊べばいいだけの話なのですが

ついつい遊んでしまいます。

 

最近では、「悪魔城伝説」を

クリアするまで遊んでしまい

 

疲労困憊で、次の日にガッツリ響くなんて事もあるのですが。

 

今回の、時代劇だよ全員集合に関していえば

それ以上に遊んでしまいましたね。

 

 

なにせ、気づいたら朝でしたから。

 

 

ぶっ通しで7時間遊んでいました。

 

 

このゲームは、過去に何度も遊んでいますので、

「30分程度で、良いだろうな」とも思っていたんです。

 

しかしビックリ

プレイしだしたら最後、もう朝まで止まりませんでしたね…。

 

 

今までは、裏ワザを使って

お金を稼いだりしていたのですが。

 

今回は、真剣に向き合って遊びました。

 

本当に最高でしたね。

 

 

なにせ、主人公のくにまさが本当に弱いですから

 

苦戦の連続でした。

 

いかに、相棒に殴らせて

お金を無傷で回収するのか、を考えたりもしましたね。

 

昔の記憶を頼りに

自力で隠しショップを探せたときの感動も最高でした。

 

そして、せっかく見つけたショップのアイテムが

「あまりにも高価過ぎて全く買えない」という感覚も、新鮮でした。

 

何度も遊んだ

思い出のゲームだったはずなのに

 

未だにワクワクしながらプレイ出来たのですから

 

いかに、この作品の完成度が凄かったのかを

改めて思い知らされました。

 

 

エンディング画面を見たのは、5時間ほど遊んだ頃でしたので

 

それから2時間以上

ただひたすらに、レベル上げとお金稼ぎに費やしていたのかと思うと

少しだけ、自分に引きますね。

 

そのくらい、夢中にさせてくれる

圧倒的な魅力の作品なのでした。

 

 

 

くにおくんの時代劇だよ全員集合のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

このゲームですが、昔は高嶺の華でした。

 

それこそ、私が購入した頃は

スーパーファミコン全盛期なのに、5000円程でしたからね。

 

それでも、未だに遊び続けられるのですから

文句は全くありません。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

最初は弱いくにまさ

 

各地の親分を倒して、お金と経験値を稼ぐ

 

そのお金を持って、お店に買い物に行く

 

アイテムが高すぎて、全く買えない

 

また親分を狩りに行く…。

 

こんな流れが、最高に楽しかったです。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

そんなゲームの続編が

3DSで発売されていたと知ったのは、つい先日の事でした。

 

「ダウンタウン熱血時代劇」という作品だそうで

正式な続編だそうです。

 

綺麗な思い出のままでいくのか

 

あえて、続編にチャレンジしてみるのか

 

物凄く迷いますが

 

おそらく買うでしょうね。

 

3DSをお持ちの方は

チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

最高のゲームの続編が発売されていたと 

 

最近になって知る

 

あなたならどうする?

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

買い物が楽しいゲーム ナンバーワン

くにおくんの時代劇だよ全員集合

 

それこそが、今急いで1480円で買う理由です

 

こちらから購入できます