読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

好きな人の 誕生日と血液型を打ち込んで 最強の格闘家を探そう 熱血格闘伝説  

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 修正版

当時としては 最高クラスの技術で まさに未来のゲームでした

 

f:id:retogenofu:20170213000247j:plain

[好きな人の 誕生日と血液型を打ち込もう]

[熱血格闘伝説  テクノスジャパン  ファミコン]

1992年発売  ジャンル アクション  参考価格3900円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  当時は高嶺の華でしたね

どんな人におすすめ?  対人ゲームをお求めなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

友達の家でゲームを遊んで

 

そのゲームがあまりにも面白すぎて

 

そのままゲームショップに走ることは、今でもあります。

 

通販で頼む時間すら勿体ない

こんな感覚に陥るほど、その日に欲しくなります。

 

そんな感覚が、最も強かったゲームが

今回の紹介するゲームだったかも知れません。

 

 

そんな今回の、遊んだら最後 絶対に欲しくなってしまう悪魔的なゲーム

熱血格闘伝説の感想です。

 

 

 

熱血格闘伝説とはどんなレトロゲーム?

 

この熱血格闘伝説ですが

1992年にテクノスジャパンから発売された

ファミコン専用のアクションゲームでした。

 

今までのくにおくんシリーズでは

 

ドッジボールをあそんだり

 

サッカーを楽しんだり

 

アイスホッケーで大暴れしたり

 

スポーツに、暴力をプラスしたのが最高のゲームでした。

 

そんなくにおくんが

今回挑戦するのが

100%暴力の格闘技という訳です。

 

そんなゲームの目的は

 

ある日、くにおくんの元に一通の手紙が届いた。

 

その手紙は、最強の高校生を決める為の格闘大会への招待状だった。

 

くにおくんの運命やいかに…。

 

こんなあらすじでしたね。

 

今回の主人公は

くにおくんでは無く

自分自身で作成した、オリジナルキャラクターというもの最高でした。

 

相棒を、くにおくんシリーズお馴染のキャラクターから選んで

 

相棒と一緒に、格闘技大会の頂点を目指して行く

 

こんな目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

格闘ゲームにアクションをプラスした

斬新なシステムでした。

 

似たタイプのゲームで言いますと

「大乱闘スマッシュブラザーズ」に似た、システムだったかと思います。

 

 

主人公を決める時は

名前、誕生日、血液型を打ち込むことで

この世でたった一人の

「自分だけのオリジナルキャラクター」を作ることが出来まして

何度でも、飽きずに楽しめるのは最高でした。

 

例えば、「ももか 3月15日 A型」と打ち込めば

柔道家が誕生しますし。

 

「れに 6月21日 O型」と打ち込めば

カンフーの達人が誕生します。

 

最初は、自分のキャラクターを誕生させるのが

定石だと思います。

 

ある程度打ち込んだら

 

好きなアイドルや

好きな漫画のキャラクターなど

 

個人情報が分かっていれば、

そのキャラクターの分身を作ることが出来たのが最高でした。

 

 

ストーリーモードと

バトルモードが用意されていまして

 

ストーリーモードで鍛えたキャラクターを、

バトルモードで使用するといった事も出来ました。

 

ですので、何十時間でも遊ぶことが出来る

当時の子供たちにとっては、夢の様なゲームソフトでしたね。

 

 

そんな、常に売り切れ状態が続いていた

みんなが憧れた、偉大な作品なのでした。

 

 

 

熱血格闘伝説の感想でもあり レビューでもあり

 

[バトルモードがとにかく熱い]

 

このゲームですが

格闘ゲームとしては珍しく

最大4人まで、同時にプレイする事が出来ました。

 

バトルモードという

対戦だけを目的としたモードがあったのですが

 

このバトルモードが本当に面白く、何時間でも遊ぶ事が出来ました。

 

 

最初から用意されている

原作キャラクターを使用することも出来ましたが

 

そこは、このゲームの最大のセールスポイントである

オリジナルキャラクターをとにかく作りまくって

遊びました。

 

バトルモードは

4人で戦いながら、最強の1人を決めるという

物凄くシンプルなルールなのですが

 

これが最高でした。

 

 

オリジナルキャラクターという性質上

 

強いキャラクターが生まれる事もありますし、

 

とんでもなく、貧弱なキャラクターが生まれる事もあります。

 

このバランスが絶妙でした。

 

 

どうしたって

ゲームのテクニックには、ばらつきがあったと思います。

 

その強さの差が

キャラクターの強さで調整できましたので

 

初心者には強いキャラクターを

 

上級者には弱いキャラクターを

 

こんな感じで、楽しく遊ぶ事が出来ましたね。

 

 

[地形を最大限に利用しろ]

 

ステージには、様々な仕掛けが用意されていまして

 

壁に電気が流れていて、触ったら大ダメージとか

 

床が全て針で、投げ込まれたら大ダメージとか

 

キャラクターを倒すと、アイテムを落として

一人だけライフが全快するとか

 

テクニックだけが勝敗を左右するのではなく

 

その場の状況に応じて

臨機応変に立ち回るのが勝利への近道でした。

 

 

こんなゲームでしたので

何時間でも、何十時間でも、何百時間でも遊ぶ事が出来た

最強の接待用ゲームなのでした。

 

 

 

[入手するのが本当に大変だった]

 

このゲームですが、友達の家で初めて遊びました。

 

その時の衝撃を、今でも覚えています。

 

あまりのゲームの面白さに

次の日には、5000円を持って、ゲームショップに走ったのを覚えています。

 

 

しかし、ゲームショップには

サンプルの箱だけは置いてあったのですが

売り切れで買えませんでした。

 

どうしても欲しかったので

予約できないかを店員さんに聞きました。

 

しかし、隠れた大人気ゲームだったらしく

「2か月待ちになってしまうよ」と言われて、結局諦めました。

 

 

当時は、カセットだった為に

次の在庫が並ぶまで、数ヶ月かかる事がざらでしたので

こんな状況になったのだと思います。

 

その日から

中古で売られて無いかをチェックするために

3日おきにゲームショップに通っていました。

 

ようやくゲットできたのが

それから一か月後だったのですが

 

その時は本当に嬉しかったです。

 

中古でカセットのみなのに

 

定価とほぼ変わらない値段

 

それでも憧れ続けたソフトでしたので、即購入でした。

 

 

それからというもの

週末になると

友達を呼んでは何時間も遊びまくりでした…。

 

 

このゲームは

数年にわたって品切れが続いていたゲームでしたので

 

持っているだけで

人気者になれたゲームでもあったかと思います。

 

 

そんな、遊んだら最後

絶対に欲しくなってしまう、悪魔的なゲームソフトでした。

 

 

 

熱血格闘伝説のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

この熱血格闘伝説というゲームですが

 

購入してから

1年ほどみっちりと遊んだ後に

 

親戚の男の子に、誕生日プレゼントとしてあげました。

 

その頃は

スーパーファミコン全盛期だったのですが

「お願いだからこのゲームを頂戴」と言われましたので

プレゼントしました。

 

遊びに来るたびに

一緒にプレイしていたのですが

 

どうやら、このゲームの魔力には勝てなかった様で

他のゲームがあるのに、このゲームを選んだようです。

 

その子は、後にスマッシュブラザーズにも

ドハマりしていましたので

 

これ系のゲームが大好きだったのでしょうね。

 

スマッシュブラザーズにも負けない

そんな体験をお楽しみください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

それから、10年ほどしてから

買い直して遊びましたが

 

どんなに時間が経っても、名作ゲームは名作ゲームのままでしたね。

 

自分自身がキャラクターになる

 

こんな凄さが最高なのでした。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

打ち込んだデータによって 

無限のキャラクターが生まれる

 

これだけで、最高に幸せなのでした

 

 

今日の

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

遊んだら最後 絶対に欲しくなってしまう悪魔的なゲーム

熱血格闘伝説

 

それこそが、今急いで3900円で買う理由です

 

こちらから購入できます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 FC 熱血格闘伝説 (ソフト単品)
価格:680円(税込、送料別) (2017/2/13時点)