読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

悪魔城すぺしゃる GB版 きっとファミコン版で怒られたんだろうな

ファミコン版も名作ですが ゲームボーイ版も超名作です

 

f:id:retogenofu:20170227215120j:plain

[ファミコン版から3年後  簡単なアクションゲームとして舞い戻る]

[悪魔城すぺしゃる・ぼくドラキュラくん  コナミ  ゲームボーイ]

1993年発売  ジャンル アクション  参考価格1200円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  60分

このゲームに対する世間の評価  やっぱりコナミ 音楽が良すぎ

どんな人におすすめ  ドラキュラシリーズが好きなら 遊んでほしいな

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

ゲームボーイって本当に良いですよね。

 

ゲームが直ぐに終ります。

 

その分だけ、

何度でも繰り返し遊べるようになっている作品が多いと思います。

 

容量が無いのならば

繰り返し遊べる、テンポが良いゲームにすればいい。

 

流石です。

 

 

そんな今回の ゲームの流れで言えば 最高にスムーズ

悪魔城すぺしゃるGB版の感想です。

 

 

 

悪魔城すぺしゃるGB版とはどんなレトロゲーム?

 

この悪魔城すぺしゃるGB版ですが

1993年にコナミから発売された

ゲームボーイ専用のアクションゲームでした。

 

1990年にファミコンで発売された

悪魔城すぺしゃる・ぼくドラキュラくんの続編的な作品で。

 

基本システムはそのままに、

ゲームボーイ独自の特殊能力がプラスされるなど。

 

パワーアップバージョンとして楽しめた

豪華な作品になっていました。

 

 

そんなゲームの目的は

 

前作で懲らしめた

「大魔王ガラモス」がまた悪さをしでかしたので。

 

ドラキュラ伯爵の息子であるドラキュラくんが

壮大な冒険に出かけて行く…。

 

まんま前作の目的と同じでしたね。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな横スクロールアクションで

 

硬派が売りの悪魔城ドラキュラを

 

とてつもなく可愛らしく

 

とてつもなく遊びやすく

 

とてつもなくコミカルに

 

なんて、悪魔城ドラキュラのホラー要素を

100倍薄めたアクションゲームになっていました。

 

様々な特殊能力を持っているドラキュラくんを操りまして、

短いステージを連続してクリアして行く。

 

ステージの最後には、可愛らしいボスが待ち受けている。

 

そんな、万人が楽しめるアクションゲームになっていましたね。

 

コウモリに変身して、

ギリギリジャンプを完全に無視したり

 

重力を無視して、

天井に立ったり

 

ドラキュラならではの、特殊能力を使用して

ステージを進めていく。

 

そんな、「コナミってやっぱり凄いな!!」と再認識できる

お勧めのアクションゲームなのでした。

 

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

悪魔城すぺしゃるGB版の感想でもあり レビューでもあり

 

[ミニゲームを遊んで残機を稼ごう]

 

悪魔城すぺしゃるの売りといえば、

なんといってもミニゲームだと思います。

 

普通のアクションゲームならば

コインを集めたりしながら残機を稼ぎます。

 

しかし、悪魔城すぺしゃるに関して言いますと

結構なギャンブル性がありました。

 

 

敵を倒すことでコインをゲットできまして、

そのコインを使用してミニゲームを遊びます。

 

そのミニゲームの結果で

 

山ほど残機がアップしたり

 

一切残機がアップしなかったりしました。

 

そんな楽しさが、

今作にも勿論搭載されていまして、

プレイヤーを最高に楽しませてくれました。

 

ホッピングゲームで高得点を狙ったり

 

黒ひげ危機一髪風のゲームがあったり

 

流れてくる的に、弓矢を突き刺したり

 

今作ならではの

ミニゲームを楽しむことができました。

 

 

アクションゲームが

メインのであるのは事実ですが

 

おまけのミニゲームも最高に楽しめる

 

そんなところが、

悪魔城すぺしゃるが、未だに愛されている理由だったのかも知れませんね。

 

 

 

[めちゃくちゃ苦情がきたんだろうな 簡単になっていました]

 

このゲームを遊んだ時に思っていました。

「移植なの?続編なの?」と。

 

ファミコンのゲームを

少しパワーダウンさせて、ゲームボーイに移植するパターンなのか?

 

新たな作品として、続編として発売するのか?

 

こんな疑問です。

 

 

結論として言いますと

ほぼ移植なのですが、オリジナルの要素もある。

 

こんな感じでしょうか。

 

前作のステージをリメイクしつつも

あらたなステージも楽しめる。

 

お得感のある作品になっていました。

 

そんな時にまた思いました。

「あの鬼ステージはどうなったのだろう?」と。

 

 

ファミコン版で、沢山のプレイヤーの心を折ったのが

宇宙のステージでした。

 

この宇宙のステージは、

上がって行くエレベーターの上を

「ギリギリジャンプを連続でしなければいけない」という

なかなかの激ムズステージで。

 

ここで諦めた人も多かったと思います。

 

そんなステージが、

どのような扱いにされたのか気になった訳ですね。

 

まるまるカットされるのか

 

簡単にリメイクするのか

 

そのままの地獄の難易度にするのか

 

こんなドキドキでした。

 

 

どうだったのか?

 

 

めちゃくちゃ簡単になっていました。

 

ステージ自体は、まんま同じステージでした。

 

しかし、難易度がめちゃくちゃ下がっていまして

 

一度もミスをすることなく、

あっという間にクリアできましたね。

 

その後のステージも

かなり簡単にリメイクされていまして。

 

引くほど難しかった、ラストステージも

普通のステージとして生まれ変わっていましたからね。

 

初めてのプレイで、

楽々とエンディングまで行く事ができました。

 

 

おそらくですが、めちゃくちゃ苦情がきたと思います。

 

「どうやってクリアするんだよ!!」なんて。

 

悪魔城ドラキュラならば

見た目からして、完全に大人向けですので。

 

めちゃくちゃ難しくしても、

なんの問題も無かったのですが。

 

悪魔城すぺしゃるに関して言いますと

見た目が可愛らしいですからね。

 

「これなら、子供に遊ばせても安心だろうな」と思われたのでしょう。

 

そんなゲームが、

オリジナルの悪魔城と同じくらいの激ムズゲームだとは思いませんからね。

 

泣き叫ぶ子供の親からの苦情が

山ほど届いたのでしょう。

 

その結果が、

「めちゃくちゃ簡単なアクションゲーム」になった理由なのかも知れません。

 

 

しかし、そこはコナミでした。

 

めちゃくちゃ簡単なのですが、

つまらないゲームという感じにはならず、

絶妙なバランスになっていました。

 

これで、面白さが半減していたら

完全なる失敗になっていたと思うのですが。

 

簡単にしつつも、

ゲームの面白さは据え置き。

 

これは本当に凄いと思いましたね。

 

 

前作は、

圧倒的なスピード感が売りの

アクションゲームだったと思うのですが。

 

ステージの難易度が難しかったので

結構なぶつ切り感がありました。

 

今作は、

ゲームのスピードが抑え目なのですが、

難易度がマイルドになっていましたので、

物凄くスムーズにゲームが進んで行きます。

 

その結果が、

ほぼリメイクなのだけど、新たなゲームとしても楽しめる

こんな凄さになったのかも知れませんね。

 

 

今作の難易度で

 

前作並みのスピード感

 

そんなゲームを出してほしかったな…。

 

 

 

悪魔城すぺしゃるGB版のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ゲームボーイ版でしょ

 

パワーダウンしてるんじゃないの

 

こんなことを思うのは当たり前です。

 

しかし、そんなことは有りませんでしたね。

 

ちゃんと満足できる完成度に仕上がっています。

 

なので、遊んでください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

悪魔城すぺしゃるをゲームボーイでも楽しめる

 

ゲームのバランスもマイルドになっている

 

ゲームの音楽も満点

 

完璧だね

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

悪魔城すぺしゃるはダウンロード版が出ていません。

 

他の悪魔城シリーズは

ほぼ配信されているのに

 

悪魔城すぺしゃるは無いんですよね。

 

そろそろ配信して欲しいなと思いますね。

 

ファミコン版は結構なレアソフトなのですが

 

ゲームボーイ版は半額で購入できますので

 

ゲームボーイで慣れてから

レアなファミコン版に手を出す

 

こんな流れで遊んでみてはいかがでしょうか。

 

「こんなアクションゲームがあったんだな」と

感動出来ると思います

 

 

そんな名作アクションゲーム

悪魔城すぺしゃるGB版の感想でした。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

苦情がきた結果が 名作アクションを生み出したのかも

それこそが、今急いで1200円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます