読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

簡単に言えば圧死するパックマン? デビルワールドの感想

ゲームの話 愛すべきゲーム 修正版

パックマンよりも難易度は、はるかに高い

 

f:id:retogenofu:20170227170426j:plain

[十字架に聖書、結構ディープなゲーム世界でした]

[デビルワールド  任天堂  ファミコン]

1984年発売  ジャンル アクション  参考価格470円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  パックマンとデビルワールドが王道でしたね

どんな人におすすめ?  古き良き時代を体験したいならおすすめ

バーチャルコンソールで配信あり

 

 

昔は無邪気に遊んでいたのに

今遊んでみると、「これってよかったの?」と思う事もあります。

 

親が後ろで見ていたら、

「とんでもなく恥ずかしかっただろうな」というゲームも数多く存在しますよね。

(主に下ネタ的な意味で)

 

しかし、それ以外の要因でも

ディープなゲーム作品は多く存在していたとも思います。

 

 

そんな今回の、コミカルなキャラクターとは裏腹に、意外とディープな世界感

デビルワールドの感想です。

 

 

 

デビルワールドとはどんなレトロゲーム?

 

このデビルワールドですが

1984年に任天堂から発売された

ファミコン専用のアクションゲームでした。

 

 

ゲームの目的は

 

ステージ上に落ちている、

「小さなつぶつぶ」をすべて回収出来たら

ステージクリアというのを繰り返して

 

ステージを進んで行くのが目的でした。

 

ゲームのシステムは、

特殊なアクションゲームで

 

近いゲームで言いますと「パックマン」の様な感じでしたね。

 

主人公は羽の生えた怪獣で

 

敵のモンスターはコミカルな悪魔

 

見た目は可愛いのに、

世界感は結構ディープというのが凄かったです。

 

 

パックマンでは

何もしなくてもつぶつぶを食べる事が出来ましたが

 

デビルワールドでは

十字架を持っていないとつぶつぶを取ることが出来ませんので

比較的難易度が高めのゲームでした。

 

十字架を持つことによって

敵を攻撃することが出来まして

 

悪魔を倒していきながら、

全てのつぶつぶを集めるといった感じでした。

 

 

このゲームの特長としましては

ステージが枠で仕切られていまして

その枠が移動する事によって、難易度が劇的に上がっていました。

 

 

シンプルなゲームながらもディープな世界感が楽しめる、

ファミコン初期の名作アクションでしたね。

 

 

 

デビルワールドの感想でもあり レビューでもあり

 

[死因の90%は圧死]

 

このゲームは

 

小さなつぶつぶを全て集める、ノーマルステージ

 

大きな箱に聖書を四冊封印してクリアする、特殊ステージ

 

二種類のステージに分かれていました。

 

最初のステージでは

ステージ全体を回ってクリアしていくのですが。

 

次のステージでは

ステージの端っこに置いてある聖書を持って

真ん中に置いてある、大きな箱へと進んで行きます。

 

これだけなら、

普通のアクションゲームなのですが。

 

枠が不規則に移動していまして

こちらの行動を制限してくるんですよね。

 

今までは進めた道が

枠の移動によって封鎖されてしまいますので。

 

その場の状況に応じて、

違うルートで進んでいかなければなりません。

 

さらに、壁と枠に挟まれると問答無用で死んでしまいますので

「どうやって安全な場所に居るのか」が重要でした。

 

 

いくら安全地帯だからと言っても

もたもたしているとモンスターが襲ってきます。

 

そんなピンチを脱出するために

常に移動しなければならず。

 

かなり独特なアクションゲームだったと思いますね。

 

 

今までの、

「死ぬ原因はモンスター」だったアクションゲームから

 

「ステージ自体に殺される」という斬新さが

 

このデビルワールドにはありましたね。

 

その結果、モンスターよりも

圧死の方がはるかに多かった作品なのでした。

 

 

 

デビルワールドのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

パックマンには無い

ディープな世界感が売り

 

そんな作品を遊んでほしいな

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

私がこのゲームをプレイしていた頃は

まだ字も読めなかった時代ですが

 

未だに攻略法を覚えていたのですから

よっぽどこのゲームが好きだったのでしょうね。

 

敵の動きを観ながらも

 

ステージの移動を予想して進んで行く

 

こんな難しさが最高なのでした。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

ファミコン初期に発売された 

 

ディープ過ぎる世界感が売り

 

そして、基本は圧死

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

コミカルなキャラクターとは裏腹に世界感はディープ

デビルワールド

 

それこそが、今急いで470円で買う理由です

 

こちらから購入できます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 FC デビルワールド (ソフト単品)
価格:280円(税込、送料別) (2017/2/27時点)