読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ナルティメットヒーロー  バンダイのサービス精神が爆発した そんな格ゲー

全ての要素を集めるには数百時間かかる?

 

f:id:retogenofu:20170319232900j:plain

[任務をこなして  お金を稼いで  延々とガチャる  そんなやりこみ格ゲー]

[ナルト・ナルティメットヒーロー  バンダイ  プレイステーション2]

2003年発売  ジャンル 格闘ゲーム  参考価格200円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  エンディングまでは30分 やりこむなら無限

このゲームに対する世間の評価  スピード感溢れる 壮大な格闘ゲーム

どんな人におすすめ  やりこみゲームが好きなら最高です

 

私の時代の

ジャンプ2大王者で言いますと

 

ワンピースとナルトでしょうかね。

 

ワンピースは、今でも絶対王者に君臨していると思うのですが。

 

ナルトは終わっちゃいましたからね。

 

今だったら、なにが対抗馬になるのでしょうかね。

 

あの当時のナルト人気は凄かったです。

 

皆読んでいましたし

 

皆アニメを見ていました。

 

もう本当に大蛇丸が怖かったです。

 

もはやホラー漫画でしたね。

 

 

そんなナルトなので

ゲームになるのは当たり前ですよね。

 

 

そんな今回の カカシ先生が異常に強すぎる世界

ナルト・ナルティメットヒーローの感想です。

 

 

 

ナルティメットヒーローとはどんなレトロゲーム?

 

このナルティメットヒーローですが

2003年にバンダイから発売された

プレイステーション2専用の格闘ゲームでした。

 

大人気少年漫画

「NARUTO」のゲーム化作品で。

 

ナルトのスピード感をフルに体験できる、

豪快な格闘ゲームになっていました。

 

 

そんなゲームの目的は

 

主人公のナルト

ライバルのサスケ

元祖ヒロインのサクラなどなど、

 

ナルトに登場するキャラクターを選んで、

そのキャラクター専用のちょっとした物語を格闘ゲームで体験していく。

 

そんなシンプルな目的になっていました。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな3D格闘ゲームで。

 

似たタイプのゲームで言いますと、

「ドラゴンボール」や「仮面ライダー」などに似ていました。

 

コマンド入力で必殺技を出すのではなく。

 

ボタンの連続で、

原作お馴染の必殺技を繰り出していく。

 

格闘ゲームの初心者でも、

簡単に楽しめるシステムになっていました。

 

 

他の3D格闘ゲームとの違いで言いますと

ステージがとにかく広いのと、サブアイテムが用意されているところでしょうかね。

 

ステージがまあ広くて、

奥に移動したり、穴に潜ったり、ステージから落下したり

スマッシュブラザーズの楽しさがこのゲームにはありました。

 

サブアイテムの要素ですが、

ステージには沢山のキャラクターが居まして。

 

そのキャラクターが、

ゲームに役立つアイテムを投げ込んでくれます。

 

大ダメージを与える大きな手裏剣だったり

 

体力を回復してくれる食べ物だったり

 

格闘ゲームでありながら、

アクションゲームの楽しさも用意されている。

 

そんな豪快なシステムになっていましたね。

 

体力が少なくなったら、

ステージを逃げまくって、アイテムを拾いまくる。

 

こんな卑怯さも、このゲームの醍醐味でした。

 

 

敵を倒すことで、お金を貰うことができまして。

 

そのお金を使用して、

曲の追加、キャラクターの人形、映像などを集めていきます。

 

この要素が本当に凄くて、

全てをコンプリートするには、数百時間掛かるのではといわれています。

(映像だけでも1000種類用意されています)

 

ストーリーモードでは、

エンディングまで行っても3・4000しか稼げません。

 

しかし、そんなお金を稼ぐモードもちゃんと用意されていました。

 

任務モードという、

格闘ゲームにミッションがプラスされたモードがありまして。

 

特殊忍具(大きな手裏剣)を持ってクリアしろとか

 

ライフを50%以上残してクリアしろとか

 

様々なミッションをこなしながら、

相手を撃破していく。

 

そんなおまけのモードも面白かったですね。

 

最初は見習いだったのが

 

ミッションをこなしていく事で、どんどん出世していく。

 

出世することで、大金を稼げるミッションが解禁されていく。

 

その大金を使用して、延々とガチャる。

 

お金が直ぐに無くなるので、また働きに行く。

 

こんなリアルを数百時間繰り返す。

 

 

そんな、バンダイのサービス精神が爆発した、

遊び応え満点の格闘ゲームなのでした。

 

子供時代のナルトを、思う存分体験する

 

今すぐ遊ぶしかないね。

 

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

ナルティメットヒーローの感想でもあり レビューでもあり

 

[カカシ先生が異常に強すぎる世界]

 

このゲームの特徴で言いますと、

「ヤバかったら逃げまくればいい」という物があります。

 

開始時は、お互いに接近しています。

 

なので、お互いに殴りあいに持っていきます。

 

基本は接近戦ですので。

 

しかし、どんどんライフが減ってきます。

 

こうなって来ると、

このゲームの真価が発揮されます。

 

 

ステージには

さまざまな特殊アイテムが落ちていますからね。

 

そのアイテムを取りに行って、

「このピンチの状況をどうにか覆したい」と思います。

 

なので、ヤバくなったら逃げる訳です。

 

遠くにいる敵には、

どうやっても接近戦はできません。

 

手裏剣やクナイなどの、遠距離攻撃は出来るのですが、

強力な連続攻撃はできません。

 

そんな時に、

カカシ先生という、ナルトたちの先生が光り輝くんですよね。

 

 

このゲームでは

 

原作の、ムービーが流れるド派手な超必殺技

 

ムービーが少しだけ流れる、必殺技

 

こんな二つの必殺技が用意されていました。

 

ド派手な超必殺は

原作お馴染のムービーが流れて、

音ゲーの様にボタンを連続で押していく事で、ダメージが上がって行きます。

 

とんでもないダメージ量なので、

食らったら最後、ほぼ勝負が決してしまうほどの凄さがあります。

 

しかし、結構な長さなので、

あまり頻繁に使う事はありませんでした。

(強いんだけど使いたくない、こんな感じでしょうか)

 

そんな超必殺とは違いまして、

ムービーが少しだけ流れるけど、直ぐに終る

こんな必殺技も用意されています。

 

相手に特大の火を吹いたり

 

連続パンチを叩き込んだり

 

使い勝手がいい、そんな必殺技でした。

 

ライフを回復される前に、

必殺技を叩き込んで、速攻で終わらせる。

 

こんな流れになっていました。

 

しかし、逃げられたら最後、

そんな必殺技も届かなくなってしまいます。

 

 

そんな時に、カカシ先生が光り輝くんですね。

 

このカカシ先生ですが、

必殺技が「カンチョ―」です。

 

あの子供が良くやる、

千年殺しというやつですね。

 

皆が火を吹いたりしているのに。

 

カカシ先生だけ、カンチョ―で攻撃する。

 

そんなコミカルなキャラになっていました。

 

 

ただ、このカンチョ―ですが、

まあ強かったです。

 

なにが強いのか?

 

瞬間移動します。

 

ドラゴンボールの悟空並みに、

瞬時に相手の後ろに陣取りまして、そのまま千年殺しを食らわせます。

 

つまり、カカシ先生だけが、

このゲームのルールを破壊するんですね。

 

ヤバかったら逃げる

 

逃げると遠距離攻撃しか食らわない

 

その間に、ライフを回復して、戦況を立て直す

 

こんなナルティメットヒーローならではのシステムを。

 

ヤバかったら逃げる

 

なんて思っていたら、いきなり後ろに現れるカカシ先生

 

そのまま必殺技を食らい、遠くまで吹っ飛ばされる

 

そのままステージから落下する

 

そのぶんのダメージもプラスされる

 

その間に、カカシ先生は安全に回復アイテムを集めまくる

 

こんな卑怯すぎる流れになっていましたね。

 

 

ほぼ100%当たる

 

追尾ミサイル

 

そんなカカシ先生をお楽しみください。

 

 

 

 

ナルティメットヒーローのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ナルトは本当に素晴らしいマンガだと思います。

 

そんなナルトをゲームにした時に、

正直ガックリ来た人も多いかと思います。

 

「つまらなかったらどうしよう…」こんな感じで。

 

しかし、そんな不安を

いい意味で裏切ってくれたのではないでしょうか。

 

ゲームなのに、

ちゃんとナルトしていた。

 

そんな素晴らしさでしたね。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

格闘ゲームとしてはかなりシンプルです。

 

格闘ゲームというよりも、

もはやアクションゲームだったのかもしれません。

 

だからこそ、ナルトっぽさが表現できたのかも知れませんね。

 

沢山の仲間に助けてもらう

 

そんな少年ジャンプの情熱が、

このゲームにはきちんと流れているのでした。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

ハッキリ言いますと、

近くのゲームショップには100%売っていると思います。

 

そのくらい大ヒットしたゲームでした。

 

そんなゲームを今まで敬遠していました。

 

買ってはいたけど、積んでいました。

 

 

しかし、今の時代に遊んでビックリ。

 

物凄く楽しいです。

 

シンプルなゲームながらも、

そのシンプルさが、あまり疲れない理由だったのかもしれません。

 

タイトルを見たことはある

 

そんな人にこそ遊んでほしいなと思います。

 

隠し要素もふんだんに用意されていますが、

今の時代ならば攻略ページもありますからね。

 

今こそが、100%楽しめる時期なのかもしれません。

 

 

スピード感溢れる格闘ゲーム

 

そして、ちゃんとナルトしている

 

そんな偉大な格闘ゲームをどうぞ。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

カカシ先生が異常に強すぎる世界

それこそが、今急いで200円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます