読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

テイルズの戦闘が まさかのファミコンでも楽しめる!? 魔神英雄伝ワタル外伝

戦闘シーンが面白いだけで 偉大なる名作ゲームに早変わり

 

f:id:retogenofu:20170318023348j:plain

[ゼルダの伝説の様なゲームなのかと思いきや…]

[魔神英雄伝ワタル外伝  ハドソン  ファミコン]

1990年発売  ジャンル アクションRPG  参考価格800円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  10時間

このゲームに対する世間の評価  戦闘が楽しいゲームにハズレ無し

どんな人におすすめ?  全てのワタルファンに贈る

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

ゲームで名前を知って

アニメや漫画に行くのは多いと思います。

 

ドラマを見て

漫画や小説を購入するかのように

ゲームで興味を持って、原作に行くのが理想ですよね。

 

 

そんな今回の、ゲームでハマって アニメを最高に見たくなった 名作ゲーム

魔神英雄伝ワタル外伝の感想です。

 

 

 

魔神英雄伝ワタル外伝とはどんなレトロゲーム?

 

この魔神英雄伝ワタル外伝ですが

1990年にハドソンから発売された

ファミコン専用のアクションRPG作品でした。

 

この作品は

発売されたのはハドソンなのですが

 

開発したのは

「ウエストン・ビット・エンターテインメント」という

 

メガドライブの

「モンスターワールドシリーズ」や

 

主人公が残忍な魔王でお馴染

「ダークハーフ」など

 

名作を数多く開発しているメーカーでした。

 

そんな、数多くの名作ゲームを

後に開発していくメーカーが

大人気アニメ「魔神英雄伝ワタル」をゲーム化したのが

今作の魔神英雄伝ワタル外伝という作品でした。

 

 

そんなゲームの目的は

 

主人公のワタルが何者かにさらわれてしまった。

 

そんなワタルを助け出すために

 

縁もゆかりもない少年が

ワタルの仲間達と出会いながら、情報収集をしていき

 

大冒険へと出かけて行く…こんな目的でした。

 

まさかの、

ゲームの主人公はワタルではなく

 

名もなき少年という所に

外伝というタイトルの意味が分かります。

 

 

ゲームのシステムはアクションRPGで

フィールドの移動は

「ゼルダの伝説」や「イース」とかの

オーソドックスなアクションRPGのシステムです。

 

敵との戦闘は

「テイルズ・シリーズ」や

「スターオーシャン・シリーズ」の様な

自分自身で戦うアクション要素が強めのシステムでした。

 

 

ゼルダの伝説やイースでは

フィールド上で、敵と戦うのですが。

 

今作では、横スクロールの画面に移行して

わざわざ戦うという斬新さでした。

 

敵との戦い方は、格闘ゲームの様に

 

ジャンプして攻撃を避けたり

 

ただひたすらに剣で切り付けたり

 

魔法を駆使して戦ったり

 

物凄くシンプルな戦闘なのですが。

 

出てくる敵によって

攻撃方法が変わりますので

 

新しい敵が出てくるたびに

新たなアクションを楽しめたのは、良かったです。

 

敵を倒すと、宝箱が降ってくるのですが

「ほらよ!ご褒美だ!!」といった、施し感覚も最高でした。

 

 

自分のアクションテクニックさえあれば

少し遠めのエリアに、遠征しに行きまして。

 

ギリギリの戦いを繰り広げては、レベルを上げる。

 

なんてことも出来ますので、

自分のアクションテクニックを試すのには、最高の作品なのでした。

 

 

 

魔神英雄伝ワタル外伝の感想でもあり レビューでもあり

 

[ペナルティがあるRPG作品も珍しい]

 

ゲームには、ペナルティという物が数多く存在します。

 

有名なゲーム作品で言いますと

「実況パワフルプロ野球」が有名ですね。

 

選手を作成するモードで

 

理不尽な結果になった時に

リセットボタンを押すことで

 

「前の週に戻れる」という、禁断の技がありました。

 

しかし、そんな技を使用させないために

搭載されていたのが

 

「選手のパラメーターがガッツリ下がる」というシステムでした。

 

こんなシステムが搭載されていましたので

リセットボタンを押す意味が、ほとんど無くなった訳です。

 

 

そんなシステムが、今作では搭載されていました。

 

 

このゲームでは

ゲームオーバーになると

お金とアイテムが減るという、システムが搭載されていました。

 

ですので、お金やアイテムが無い時は

気にせずに、バンバン死んでも良かったのですが。

 

後半はお金やアイテムが減るのがきついので

とにかく死なない様に心がけます。

 

そんな作品でしたので

「死んでお金が半分になるくらいなら、リセット押した方が良いかな」

みたいになるのが、普通ですよね。

 

 

そこでリセットボタンを押すとどうなるのか?と言いますと

 

死んだ時と同じ

お金とアイテムが減るという条件が適用される

バカなシステムでした。

 

このシステムのおかげで

とにかく、ゲームがバグらない様に、慎重にプレイしたのを覚えています。

 

ファミコンという繊細なゲーム機と

 

アクションゲームという激しさが融合したら

 

直ぐに画面がバグってしまいますので

 

とにかく慎重にプレイするのが、大事な作品でした。

 

 

 

[何度遊んでも楽しい 素敵な作品]

 

この作品の面白い所は

RPG作品でありながら、アクション要素がかなり強めなので

何度でも、飽きずに遊べるところでした。

 

ゲームの流れとしては

 

街に行って情報収集をして

 

住人の悩み事を解決して

 

次のエリアに行く為の方法をゲットできる。

 

こんな感じでした。

 

目の前に大きな岩があった場合は

「この大きな岩を、どうするのか?」を考えなければいけません。

 

そして、イベントをクリアする事で

岩を動かせるようになる魔法をご褒美としてゲットできるとか。

 

謎解き要素が、

それほど難しい作品では無かったので

基本的には、アクションを楽しむゲームでした。

 

そんな作品だったおかげで、

何度でも繰り返し遊ぶ事が出来ましたね。

 

 

このゲームでは、

クリア後のおまけとして

難しいモードで遊ぶ事が出来ましたので。

 

いい感じで忘れかけた頃に

「久しぶりに、ワタルでも遊ぼうかな」と思える

 

何度でも遊べる、素敵な作品なのでした。

 

 

 

魔神英雄伝ワタル外伝のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

まるでテイルズ・シリーズの様なバトルシーン

 

そんな凄さをファミコンで楽しめる

 

今思うと、本当に凄いなと脱帽します。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

このゲームは、

他のアクションRPGに比べると

フィールドを歩くスピードがかなり早めでした。

 

なので、移動にストレスを感じなかったのは最高でしたね。

 

ダンジョンは比較的広めでしたので

サクサク進めるのは良かったです。

 

そのぶん、エンカウント率が高かったのですが

戦闘シーンが面白かった為に、ずっと遊ぶ事が出来ました。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

アクションゲームなのに

魔法が異様に強力など

 

少しだけ大味なところもありましたが

 

今の時代に遊んでも、熱中すること間違いなしの名作でしたね。

 

 

戦闘シーンが面白いゲーム 

 

それだけで満点をあげたい

 

というか上げて下さい

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

テイルズ・シリーズの戦闘シーンを貴方に遊んでほしいな

魔神英雄伝ワタル外伝

 

それこそ、今急いで800円で買う理由です

 

こちらから購入できます