読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

相手のコーナーキックを そのまま相手のゴールネットに突き刺せ 熱血高校ドッジボール部サッカー編

くにおくんなのに、暴力要素はかなり少な目

 

f:id:retogenofu:20170315000443j:plain

[ダイビングヘッドにオーバヘッド、まさにド迫力のサッカーゲーム]

[熱血高校ドッジボール部サッカー編  テクノスジャパン  ファミコン]

1990年発売  ジャンル アクションスポーツ  参考価格650円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  暴力要素が少なめのくにおくん?

どんな人におすすめ?  一風変わったクレイジーなくにおくんが好きならおすすめ

バーチャルコンソールで配信あり

 

 

レトロゲームを集めていて

もっとも驚くのが

くにおくんシリーズを格安で購入出来るという事ですね。

 

今回のソフトも

私が購入したころは1500円くらいだったと思います。

 

そのくらい、くにおくんシリーズというのは

みんなの憧れの作品だったんですよね。

 

しかし、今では格安ですからね

逆に凄いなといった感想です。

 

 

そんな今回の、今では格安で購入出来るのが嬉しい

熱血高校ドッジボール部サッカー編の感想です。

 

 

 

熱血高校ドッジボール部サッカー編とはどんなレトロゲーム?

 

この熱血高校ドッジボール部サッカー編ですが

1990年にテクノスジャパンから発売された

ファミコン用のスポーツゲームでした。

 

 

ゲームの目的は

 

くにおくんが所属する、熱血高校ドッジボール部が

 

集団食中毒になったため

試合に出ることが出来なくなった、サッカー部を助けるべく

 

くにおくん達が、暴力全開のサッカーを展開していく。

 

こんなストーリーでした。

 

ゲームのシステムは、

基本的にはオーソドックスなサッカーゲームなのですが

 

くにおくんシリーズお馴染の

ド派手な必殺シュートを撃てるというのが最高でした。

 

キャラクターごとに、全く異なる必殺シュートを撃てるので

「この選手は、この必殺シュートなのか!!」

「この選手だったら、どうなるのかな?」こんな

今まで通りの、くにおくんを楽しむことが出来ましたね。

 

シュートには

ドリブルシュート 

オーバーヘッドキック 

ダイビングヘッドがありまして

他のくにおくんシリーズに比べれば

必殺シュートを出しやすい作品でもありました。

 

 

ドリブルシュートのみ、少し難しいですが

それ以外は、当たれば必殺シュートになってくれますので。

 

どんどん必殺シュートが撃てるのは最高でしたね。

 

 

そんな、くにおくんシリーズの中でも人気の高い作品なのでした。

 

 

 

熱血高校ドッジボール部サッカー編の感想でもあり レビューでもあり

 

[相手のボールをそのままゴールに叩き込め]

 

このゲームは、

比較的簡単に試合に勝てるゲームでした。

 

前回のドッジボール部では

後半の敵の強さに、相当苦しめられたプレイヤーも多かったとは思うのですが。

 

今回のサッカー編では、かなりマイルドに調整されていました。

 

 

それは何故かと言いますと

 

相手のボールなのに、そこから必殺シュートを叩き込めるという

とんでもなく豪快なシステムだったからです。

 

 

サッカーというのは

自分が外にボールを出してしまうと、相手のボールになります。

 

実はこのゲームでは

このボールを、そのまま得点にすることが出来ました。

 

 

このゲームでは

空中にボールが上がると、必殺シュートの大チャンスです。

 

高い位置のボールなら、オーバーヘッドキックを

 

比較的低めのボールなら、ダイビングヘッドシュートを撃つ事が出来ます。

 

更に、この必殺シュートというのは

どんなに端から撃っても、コースさえ合っていれば最後まで届きます。

 

これが何を意味するのかと言いますと

まずは、わざと自分から外にボールを出します。

 

そうすると、相手のスローインかコーナーキックになります。

 

相手は絶好とばかりに、真ん中に高いボールを投げてきます。

 

そこを「ズドン!!」です。

 

 

本来ならば、相手にとって絶好球なのに

実は、こちらにとっても、絶好球という事になります。

 

 

特に凄いのが、コーナーキックです。

 

相手が、自分のゴールの目の前に、最高のボールを蹴ってきます。

 

本来ならば、このボールを

そのままゴールに叩き込んで、得点を決めるはずなのに

その少し前に、こちらが先に撃ってしまいます。

 

 

そうするとどうなるのか?

 

自分のゴール前から

「ギューン!!」と相手のゴールまで一直線に飛んで行き

そのままゴールネットに突き刺さる訳です。

 

 

相手が、「コーナーキックを得点に結びつけるぞ!!」と思った瞬間に

こちらが、オーバーヘッドキックを撃ってしまう。

 

こんな豪快な遊び方を覚えた瞬間に

ゲームの難易度が一気に下がりましたね。

 

後半の相手は、必殺シュートを簡単にキャッチしてくるのですが。

 

それでも、相手のボールを無理やりはじき返すのは

最高の快感がありました。

 

 

このゲームはパスワード方式だったので

ゲームを少しずつ進められたのも

サッカーゲームとしては好印象なのでした。

 

 

 

熱血高校ドッジボール部サッカー編のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

くにおくんシリーズの中でも

入門編的なソフトですので、この機会に遊んでみてはいかがでしょうか。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

このゲームでは

戦うステージによって、さまざまな仕掛けが用意されていまして

 

普通のサッカーテクニックだけでは

勝ち進むことが出来ない様になっていたはずなのですが。

 

コンピューターの強さがマイルドだったので

結構ゴリ押しで進められたのが、少し惜しい作品でしたね。

 

それでも、タックルなどで相手を吹っ飛ばす快感は

くにおくんシリーズならではなので

 

今でも遊べる、人気ソフトとして有名なのかも知れません。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

相手のコーナーキックが 

 

実は最高の得点チャンス

 

そんなバカゲー

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

相手の絶好球をそのままお返しする 豪快なサッカーゲーム

熱血高校ドッジボール部サッカー編

 

それこそが、今急いで650円で買う理由です

 

こちらから購入できます