読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

浮気し放題の不思議なゲーム ジンギスカン・蒼き狼と白き牝鹿の感想 

ゲームの話 愛すべきゲーム 修正版

後継ぎが居ないと即ゲームオーバー?

 

f:id:retogenofu:20170323020841j:plain

[訓練して 戦争して 浮気して?]

[ジンギスカン 蒼き狼と白き牝鹿  コーエー  ファミコン]

1989年発売  ジャンル シミュレーション  参考価格240円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  20時間

このゲームに対する世間の評価  浮気がメインって凄いよね

どんな人におすすめ?  イカレシミュレーションゲームが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

私がゲームを好きになったきっかけは

それこそたくさんあるのですが。

 

その中でも

「ジャンプ放送局」という漫画は

多大なる影響を与えてくれました。

 

ジャンプの後ろに載っている

読者コーナーをまとめた作品なのですが

 

ゲームのネタがめちゃくちゃ面白くて

「いつか、このゲーム達を遊んでみたいな」というのが

レトロゲームを好きになったきっかけだったのかも知れません。

 

 

そんな今回の、ジャンプ放送局で存在を知った カルト的な人気作

ジンギスカン・蒼き狼と白き牝鹿の感想です。

 

 

 

ジンギスカンとはどんなレトロゲーム?

 

このジンギスカンですが

1989年にコーエーから発売された

ファミコン用のシミュレーションゲームでした。

 

 

三國志は、中国を舞台にしたシミュレーションゲーム 

 

信長の野望は、日本を舞台にしたシミュレーションゲーム 

 

ジンギスカンは、モンゴルを舞台にしたシミュレーションゲームでした。

 

 

そんなゲームの目的は

モンゴルを制覇するだけでは飽き足らず

そのままの勢いで、全世界を制覇するのが目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなシミュレーションゲームで

 

コーエー作品お得意の

 

自分の国を豊かにしてお金を貯めて

 

国力と軍事力を高めながら、隣国とは上手く付き合って

 

徐々に勢力を広げていく…というお馴染のシステムでした。

 

 

今作が、他のコーエーの作品と違うのは

数値の割り振りをいじるだけで

国が自動で開発されていくシステムでしたね。

 

 

今までは

「農地にはこれだけのお金を懸けて…」とか

「治安維持にはこれだけのお金を懸けて…」なんて命令していましたが。

 

このゲームでは

国に住んでいる人達に仕事を割り振って

勝手に成長させてもらえました。

 

国民全員を兵士にしたり

国民全員を農民にしたりする

自由な楽しさこそが、このゲームのセールスポイントだったのかも知れませんね。

 

 

「モンゴルの歴史を知らないならば、このゲームで学ぼう」そんな作品なのでした。

 

 

 

ジンギスカンの感想でもあり レビューでもあり

 

[相手の国のお姫様と 堂々と浮気をしよう]

 

このゲームは、昔からかなり有名なゲームでした。

 

と言いますのも、

このゲームには「オルド」というコマンドがありまして

 

このオルドというコマンドを選択すると

後継ぎが生まれるというシステムだったからです。

 

 

他のゲームでは

時間が経過すれば、勝手に生まれてくる子供たちを

 

このジンギスカンでは

自分の意志で選択出来るという斬新なシステムでした。

 

 

これだけならば

特にカルト的な人気の作品にはならないと思いますよね。

 

ここで問題になってくるのが

「相手の国のお姫様とも浮気を出来る」というシステムでした。

 

 

最初は1国しかないので、奥さんは1人なのですが

 

統治する国が増えていけば、

本来は相手の奥さんだった「お姫様たち」とも

付き合えるようになります。

 

付き合えない人も存在するらしいのですが

ほとんどのお姫様と付き合えます。

 

 

モンゴルのお姫様から

イングランドのお姫様

はては日本のお姫様まで

 

全世界の美女を、自分の奥さんに迎え入れるという

とんでもなく豪快なゲームでした。

 

 

自分の子供は

「絶対に裏切らない将軍」になりますし

 

子供を嫁がせると、その将軍も裏切らなくなるという

「血の掟」的なものがありましたので。

 

いかに沢山の子孫を残して

「最大の勢力を築き上げていくのか」が大事なゲームでした。

 

 

今遊んでみると

当時としては、かなりきわどいシステムだと思うのですが

子供たちは、無邪気に遊んでいたのでしょうね。

 

 

ジャンプ放送局では

「オルドのやりすぎで死んだ主人公」こんなネタがありましたので

 

「オルドってなんだろう?」と思っていましたが

まさかガッツリとした浮気だとは思いませんでしたね。

 

そんな、今でもカルト的な人気を誇る作品なのでした。

 

 

 

ジンギスカンのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

小学生に浮気のコマンドを堂々と選ばせる

当時の寛大さをお楽しみください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

このゲームは

ジンギスカンが一応の主人公なのですが

 

世界編では

「モンゴル」の他にも

「日本」や「イングランド」でも始めることが出来ましたので

他のコーエーのゲームに比べても、相当スケールの大きな作品でした。

 

そんなゲームだったからこそ

豪快な浮気システムも許されたのかも知れませんね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

2016年という時代にこそ遊ぶべき作品

 

そんな浮気ゲームをお楽しみください

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

訓練して、戦争して、浮気をする

ジンギスカン・蒼き狼と白き牝鹿

 

それこそが、今急いで240円で買う理由です

 

こちらから購入