読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

アメフト知らないのに楽しめるの? 絶対に楽しめる!! テクモスーパーボウル

まさかこんなに面白かったとは…  アイシールド21が最高に読みたい

 

[アメフトの細かいルールは知りませんが、最高のスポーツなのは分かりました]

[テクモスーパーボウル  テクモ  ファミコン]

1991年発売  ジャンル スポーツ  参考価格780円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  アメフトゲームの決定版…なのかな?

どんな人におすすめ?  アメフトを知らなくても楽しめるのですから本当に凄い

バーチャルコンソールで配信なし

 

 

野球のルールを知らない人が

野球ゲームを楽しめるのかというのは難しいと思います。

 

サッカーのルールを知らない人が

サッカーゲームを楽しめるのかというのは難しいと思います。

 

そんな事を、勝手に思っていました。

 

 

何故ならば、物心ついた頃から

どちらもルールを知っていましたので、

自分で試すことは出来ませんでしたから。

 

しかし、その考え方が間違っていたと気づかされましたね。

 

 

そんな今回の、アメフトのルールを知らなくても最高に楽しめる名作ゲーム

テクモスーパーボウルの感想です。

 

 

 

テクモスーパーボウルとはどんなレトロゲーム?

 

このテクモスーパーボウルですが

1991年にテクモから発売された

ファミコン専用のアメフトゲームでした。

 

 

皆さんも思っていたはずです

「アメフトとラグビーはなにが違うの?」

 

「アメフトってなにが面白いの?」

 

そんな疑問が、このゲームを通じて解明できるのか?

 

と言いますと…未だに良く分かりません。

 

しかし、アメフトというスポーツが

皆を虜にしている程の、最高のスポーツだというのは

このゲームをプレイして分かりましたね。

 

 

そんな、テクモスーパーボウルのゲームの目的ですが

一年間の長いリーグ戦を、自分で戦い抜くというのが目的でした。

 

 

ゲームのシステムは、

オーソドックスなアメフトゲームでした

と書きながらも

「オーソドックスなアメフトゲームってなんだろう?」と思いますよね。

 

 

簡単に書きますと

 

パスボタンを駆使しながらボールを繋いでいくのか

 

そのままボールを持って、ゴールまで駆け抜けていくのかを楽しむゲームでした。

 

 

なのですが、

これだけで終わるのであれば

そんなに熱中は出来なかったと思います。

 

アメフトには、さまざまなバリエーションの作戦がありまして

上から攻めるのか

下から攻めるのか

真ん中から攻めるのか…など

とにかく頭を使うゲームでした。

 

 

更に、その攻撃の作戦を守り抜くために

防御の作戦が、同じだけ用意されていましたので。

 

相手をどうやって騙しぬくのかを、考えるのも最高でしたね。

 

 

その結果、ファミコンの説明書にしては

異様に分厚いゲームになってしまいました。

 

アメフトを知らなくても楽しく遊べるのですから

「さすがテクモは凄いな」と思った作品なのでした。

 

 

 

テクモスーパーボウルの感想でもあり レビューでもあり

 

[アメフトゲームの決定版といっても過言では無い?]

 

このゲームですが

自分でチームを選んで、リーグ戦を戦い抜くモードがメインです。

 

そして、このリーグ戦ですが

自分で操らなくてもゲームを楽しむことが出来ます。

 

スポーツゲームなのに、自分で操らなくても良い?

 

実はこのゲームでは

選手を一切操作しないで

アメフトの作戦を指示するだけを楽しむことが出来る

玄人好みのモードも搭載されていました。

 

「グランツーリスモ」というレースゲームでは

自分は一切運転せずに

車のパーツを変更して、お金を稼ぐモードもありました。

 

そんな感じで

ここぞという作戦だけを指示して

監督気分でゲームをする人も多かったそうです。

 

「プレイするのは面倒だから、作戦だけ出させて」といった感じでしょうね。

 

 

なんでも、アメフトというのは

選手の能力も大事ですが

それ以上に作戦の指示が大事だそうです。

 

自分なりの攻撃パターンや

防御のパターンを考えるのが最高なんだそうです。

 

なので、単純なアメフトゲームにはせずに

高度な作戦だけを考えるモードが存在したという訳ですね。

 

 

スポーツゲームとしても

シミュレーションゲームとしても楽しめるのですから

「アメフトゲームの決定版」といっても過言では無いのでした。

 

 

 

[それでも、自分でアクションするのも最高]

 

作戦を考えるのが最高なのは分かりました。

 

それでも、自分でフィールドを駆け抜けるのも最高でしたね。

 

なんといっても素晴らしいのが

ボールを持ってそのままゴールに向かっていく

「タッチダウン」でしょうね。

 

相手の動きを読んで、

選手の脇をギリギリ駆け抜けていく。

 

まるで、激ムズアクションゲームを遊んでいる様な

ハラハラドキドキを味わうことが出来まして。

 

「早く自分の攻撃パターンに入らないかな」とわくわくしました。

 

 

アメフトは、攻撃と防御が分かれているスポーツでした。

 

4回相手の攻撃を防ぐと

自分の攻撃が出来るというルールだと、この時に初めて分かりまして。

 

いかに相手を早めに潰して

自分の攻撃を沢山するのかが、本当に面白かったです。

 

 

風の様に駆け抜けていくのか

 

パワーで相手を吹っ飛ばして進むのか、を選べるのも最高でした。

 

アメフトを知らなくても最高に盛り上がれるのですから

「アメフトを知っていたら、とんでもないゲームだったのだろうな」と

改めて思ったのでした。

 

昔は、「アイシールド21」というアメフトの漫画を読んでいましたが

ルールは一切分からないで読んでいましたので

今だったら最高に楽しく読めるのでしょうね。

 

全巻買っちゃおうかな。

 

 

 

テクモスーパーボウルのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

アメフトって難しいんじゃないの

こんな疑問を晴らすには、このゲームを遊ぶのが最良でしょうね。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

難しい作戦を楽しむのも最高なのですが

シンプルに相手に突っこんで行くのも最高でした。

 

相手の隙間を縫ってタッチダウン

ああ素晴らしい…。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

私は、説明書付きで購入することが出来ましたが

説明書を読まなくても、大体の事は分かる様になっていました。

 

おそらくですが、

製作者が日本にアメフトを広めるために

分かりやすいゲームにしたのでしょうね。

 

その結果、アメフトのルールを知らなくても楽しめますし。

 

アメフトが大好きな人の為の

ディープな監督モードも用意していたのかも知れませんね。

 

 

アメフトって面白いんだと 

 

このゲームとアイシールド21に教えられる

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

アメフトを好きになるには最高のゲーム

テクモスーパーボウル

 

それこそが、今急いで780円で買う理由です

 

こちらから購入できます