読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

最強の兵士でも車には普通に轢かれる そんな戦争ゲーム 戦場の狼 ファミコン版

縦に画面が進むメタルスラッグ

 

[敵が無限に向かってくる だからそれを撃ちまくる]

[戦場の狼  カプコン  ファミコン]

1986年発売  ジャンル 縦スクロールアクション  参考価格950円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  30分

このゲームに対する世間の評価  ファミコン版メタルスラッグが楽しめる

どんな人におすすめ?  戦争ゲームが大好きならご馳走ですよね

バーチャルコンソールで配信なし

 

 

アメリカでは、軍隊に入隊してもらう為に

戦争ゲームを無料で配布して、広報活動をするそうです。

 

「こんなスリリングな展開をしたいでしょ…軍隊で待ってるよ」という事です。

 

そして、どんどん入隊していくそうですね。

 

ゲームの力って本当に凄いんだなと改めて思いますね。

 

 

そんな今回の、戦争アクションゲームの元祖的な作品

戦場の狼の感想です。

 

 

 

戦場の狼とはどんなレトロゲーム?       

 

この戦場の狼ですが

1986年にカプコンから発売された

ファミコン専用のアクションゲームでした。

 

ゲームの目的は

1人の兵士となって

作戦を成功させるために、敵が大勢いる戦場へと冒険しに行く

こんな感じでした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな縦スクロールアクションゲームで

ゲーム画面でいうと

「怒シリーズ」

「フロントライン」の様な感じでした。

 

攻撃方法は

マシンガン、手りゅう弾、たったのこれだけなのですが

 

雑魚敵にはマシンガンで対抗して

バリケードの向こうに居る敵には、手りゅう弾を投げて爆破する

こんな、二種類の武器だけでも充分に楽しめましたね。

 

 

ステージには捕虜が居まして

その捕虜を助け出しながら進んで行くという

メタルスラッグ的な目的もありました。

 

ステージの最後には

ボスの代わりとして、大量の雑魚敵がうじゃうじゃ湧いて来る

「これぞ!戦争ゲーム!!」といった仕掛けも最高でした。

 

コンティニューが無制限に出来るなど

当時のゲームとしては優しいシステムだったので

 

お手軽にアクションゲームを楽しむには

「こんなに素晴らしい作品は無い」といった名作ゲームなのでした。

 

 

 

戦場の狼の感想でもあり レビューでもあり

 

[最強の兵士でも乗り物には勝てない]

 

このゲームは、兵士と兵士のマシンガンの撃ち合いです。

 

常に銃弾が飛び交っている危険な戦場です。

 

そんな危険な戦場へと乗りこんで行くのですから

主人公はおそらく最強の兵士なのでしょうね。

 

 

そんな最強の兵士ですが、最大の弱点がありました。

 

それが、バンバン車に轢かれるです。

 

このゲームでは

ステージを進んで行くごとに敵の数が増えていきます。

 

そんな敵の中には

ジープに乗った兵士だったり

バイクに乗った兵士だったり

乗り物にのって、こちらを轢きに来るだけの敵が数多く存在します。

 

「あの兵士はマシンガンを避けまくるらしいぞ」

「どうやったら勝てるんだろうか」

「そうだ、乗り物で轢こう」といった感じです。

 

 

最初は、そんな乗り物の敵も避ける事が出来ます。

 

しかし、ステージを進んで行くごとに

どんどん数が増えて行きまして

後半では、まったく避ける事が出来ないんですよね。

 

マシンガンの銃弾はすいすいと避けられるのに

乗り物のスピードにはどうやっても避けきれない

本末転倒感が、このゲームにはありましたね。

 

 

 

[敵の秘密基地をあばき出せ]

 

このゲームでは

マシンガンの他にも手りゅう弾という武器もありました。

 

この手りゅう弾ですが

放物線をえがいて飛んでいきますので

バリケードを無視して攻撃できます。

 

そんな手りゅう弾ですが

敵の秘密基地をあばき出す効果もありました。

 

手りゅう弾で攻撃した場所に秘密の入り口があれば

地下に潜れる梯子が出現するというものでした。

 

 

地下には

捕虜が居たり

隠しアイテムがあったり

敵が沢山待ち受けて居たり

 

今までの殺伐とした戦場とは

どことなく雰囲気が違う世界が広がっていまして

入り口を探すのが楽しかったんですよね。

 

この秘密基地への入り口は、殆どノーヒントなので

とにかく手りゅう弾を投げまくって探すというのが

このゲームのもう一つの楽しみでしたね。

 

秘密基地探しに躍起になり過ぎて

どんどん死んでしまうのも、戦場の狼あるあるなのでした。

 

 

 

戦場の狼のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

マシンガンと手りゅう弾

 

こんなシンプルな武器で戦場へと乗りこんで行く

 

こんな素晴らしさを体験してください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ゲームの難易度は…マイルド

 

ゲーム音楽は…流石カプコン

 

ゲームの完成度は…ファミコン初期の名作

 

ゲームとしてはシンプル

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

今ではカプコンレトロゲームコレクションで

続編とセットで遊ぶことができますので

この機会に続編も遊んでみてはいかがでしょうか。

 

プレイステーションで遊べる

これだけでもご褒美ですよね。

 

 

秘密基地を探すのが最高に楽しい

 

そんな戦争ゲームをあなたに贈る

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

戦争アクションゲームの元祖的な作品

戦場の狼

 

それこそが、今急いで950円で買う理由です

 

こちらから購入できます