読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

くにおくんシリーズだったら もっと売れたでしょうね 残念!! コンバットライブス

ベルトスクロールアクションの隠れた名作

 

[表紙はカッコイイのに ゲームの中では奇面組]

[コンバットライブス  テクノスジャパン  スーパーファミコン]

1992年発売  ジャンル ベルトスクロールアクション  参考価格1200円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  1時間

このゲームに対する世間の評価  くにおくんシリーズだったらヒットしたでしょうね

どんな人におすすめ?  ベルトスクロールアクションに目が無いなら ご馳走です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

皆さんがゲームセンターに行って

真っ先に遊ぶジャンルはなんですか?

 

私は「音ゲー」か「クイズゲーム」がメインでしたね。

 

格闘ゲームやシューティングゲームも好きですが

 

どんどん、反射神経が追い付かなくなってきたので

 

基本的には、まったり遊べるクイズゲームに落ち着きました。

 

 

しかし、ゲームセンターの華と言えば

ベルトスクロールアクションではないでしょうか。

 

あの、ボタンを連打して、敵を倒す快感

 

あの、絶対にクリアさせる気ないだろという、素晴らしい難易度

 

ド迫力のサウンド

 

こんな全ての要素が

「いまゲームセンターに遊びに来てるんだな!!」と興奮させてくれます。

 

 

そんな今回の、名作ベルトスクロールアクションをあなたに

コンバットライブスの感想です。

 

 

 

コンバットライブスとはどんなレトロゲーム?

 

このコンバットライブスですが

1992年に、テクノスジャパンから発売された

スーパーファミコン専用のアクションゲームでした。

 

テクノスジャパンというゲームメーカーは

「熱血硬派くにおくん」や「ダブルドラゴン」で有名なゲームメーカーでした。

 

そんなテクノスジャパンが

新たなシリーズに挑戦したのが

今作の「コンバットライブス」でしたね。

 

 

そんなゲームの目的は

 

犯罪者集団「グラウンドゼロ」に支配されている

大都会を救い出すために

 

屈強な男たちが、犯罪者集団のアジトに向かって行く…こんな目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

敵キャラクターを全て倒すことによって

次の道へと進むことが出来る

ベルトスクロールアクションのシステムで。

 

似たタイプのゲームで言いますと

「熱血硬派くにおくん」や「ファイナルファイト」が似ていました。

 

主人公は3人居まして

 

バランスタイプのバーサーカー 

 

パワータイプのブローヴァ 

 

スピードタイプのブリッツ

 

こんんあ、3人の個性的なキャラクターの中から

好きなキャラクターを選んで進んで行くアクションゲームでした。

 

スピードは最高だけど、体力が少ない ブリッツ 

 

パワーが最高だけど、動きが物凄くおそい ブローヴァ 

 

平均的な強さの バーサーカー

 

コンティニューする事に

キャラクターをチェンジ出来ますので。

 

最初はあまり悩まずに、好き勝手にプレイして

自分に合ったキャラクターを探すのが、攻略の近道でしたね。

 

 

短い時間で

濃厚なアクションゲームを遊びたい方には

最高にお勧めの作品なのでした。

 

 

 

コンバットライブスの感想でもあり レビューでもあり

 

[ゲームの難易度が相当難しい]

 

ベルトスクロールアクションというジャンルは

かなり難しいゲームが多い

硬派なジャンルです。

 

普通のアクションゲームならば

敵を無視して進むことが出来ますので。

 

苦手な敵が居る場合は

無視して進むのも攻略法の1つだと思います。

 

しかし、ベルトスクロールアクションに関していえば

全ての敵を倒さなければ、次のエリアに進めませんので。

 

どうしても、難しくなってしまいます。

 

 

しかし、今作のコンバットライブスでは

少しだけ、他のベルトスクロールアクションとは違いました。

 

今作の特徴としまして

全ての敵を倒すと、エリアを移動するのではなく。

 

全ての敵を倒すと、いきなりボスが出てきてくれます。

 

普通ならば、4回ほどエリア移動を繰り返して

その結果、ボスの登場となるのですが。

 

この作品では

その場の敵を全て倒した次の瞬間には、ボスが出現しますので

かなりサクサク進みます。

 

 

それならば、意外と簡単にクリア出来るのでは?

と思ってしまいますよね。

 

「今までのゲームは、雑魚戦が辛ったから難しかったんだよね」

 

「雑魚戦が殆どないなら、楽勝じゃん!!」なんて思います。

 

 

そこに大きな罠がありました。

 

まさか、ボスの強さが、あんなに異常だとは思いませんでした。

 

普通のゲームでも

ボスというのは、強めに設定されていると思います。

 

しかし、今作に関していえば

全てのボスが異常に強かったですね。

 

最初から最後まで、文句なしの強さでした。

 

 

と言いますのも、ボスは武器を持って登場してきます。

 

長い板だったり

 

ハンマーだったり

 

火を噴くのに使うたいまつだったり

 

そのものズバリ、大きな斧だったり

 

とにかく、酷い武器ばかりでした。

 

 

こちら側は、完全に素手ですので

相手に近づいて、攻撃しなければいけないのですが

相手は、遠くからでも攻撃できます。

 

 

何故ならば武器をもっているから…。

 

 

こんなゲームでしたので

どうやったらボスに勝てるのかを、とにかく考え出して

がむしゃらに進むしかありませんでしたね。

 

ボスが強ければ強い程

倒した時の快感は、凄まじいものがありますので

 

必死に攻略法を考えるのは、最高の時間でした。

 

 

 

[とにかく異常なラスボスの強さ  めちゃくちゃ美人だけど]

 

ちなみに、このゲームですが

ラスボスは、金髪の綺麗なお姉さんです。

 

最初のステージから

「うちのボスが、女だという事しか知らねえ」といった

ネタバレ満載で進んで行きます。

 

ですので、

どんなに筋肉ムキムキのお姉さんなのかな?なんて思いましたが

 

登場したのは、物凄く美人な金髪のお姉さんでした。

 

そして、このお姉さんの

異常な強さはトラウマものでした。

 

 

移動スピードが速い

 

攻撃の距離が長い

 

与えるダメージが半端ない

 

こんな、三拍子そろった完璧なボスでしたので

倒すのに、相当苦労しましたね。

 

 

プレイ時間で言いますと、5時間程だったと思いますが。

 

後半の3時間は、ラスボスをどうやって倒すのか?でしたので。

 

難しいゲームが好きな人は

チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

綺麗な見た目とのあまりのギャップに

トラウマになる事間違いなしだと思います。

 

 

 

コンバットライブスのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

くにおくんの様な、

新たなシリーズにしたかったであろう

物凄く惜しかった作品をお楽しみください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ベルトスクロールアクションのぜい肉を

これでもかと、そぎ落として

 

ギュッと凝縮したのが最高でした。

 

こんなにもサクサク進む、ベルトスクロールアクションは

他に無いかも知れませんね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが、あまり売れなかったそうです。

 

アーケードゲームからの移植なので

コアなプレイヤーには大人気だったそうですが。

 

いかんせん、ゲームの難易度が異常でしたので

敬遠されたのかも知れません。

 

正直、くにおくんのシリーズで発売していたら

相当ヒットしたと思います。

 

ゲームのボリュームで言いますと、かなり少ないのですが。

 

スーパーファミコンだけの、対戦モードも搭載されていましたので、

満足度で言えば、大満足でしたね。

 

是非とも遊んでほしいなと思います。

 

 

綺麗なお姉さんがまさかのラスボス 

 

しかも鬼強

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

くにおくんシリーズとして発売したら 絶対に大ヒットした名作

コンバットライブス

 

それこそが、今急いで1200円で買う理由です

 

こちらから購入できます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おれは男だ!くにおくん(全11巻)/送料無料/ 【中古】 全巻セット
価格:3380円(税込、送料無料) (2017/3/28時点)