読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

苦行以外の何者でもない ファミコン屈指の激ムズクイズゲーム 史上最強のクイズ王決定戦2

問題が物凄く難しすぎて頭が割れそう

 

[前作だって難しかったのに、今作では更に難しい]

[ギミアぶれいく・史上最強のクイズ王決定戦2  ヨネザワ  ファミコン]

1992年発売  ジャンル クイズ  参考価格2000円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  5時間

このゲームに対する世間の評価  前作もたいがいでしたが 今作も激ムズでしたね

どんな人におすすめ?  激ムズのクイズゲームが好きならおすすめ

バーチャルコンソールで配信なし

 

 

今の時代では

スマートフォン1つで

トップクラスのクイズゲームを楽しめるのですから、最高ですよね。

 

昔は、みんなでクイズの問題を仕入れてきて

お互いに出し合うというのが当たり前だったのに

 

今では、指先ひとつで

無限に広がるクイズの世界に行けるのですからね。

 

 

そんな今回の、前作よりも遥かにスケールアップした名作ゲーム

ギミアぶれいく・史上最強のクイズ王決定戦2の感想です。

 

 

 

史上最強のクイズ王決定戦2とはどんなレトロゲーム?  

 

この史上最強のクイズ王決定戦2ですが

1992年にヨネザワから発売された

ファミコン専用のクイズゲームでした。

 

 

前作の「史上最強のクイズ王決定戦」というゲームでは

3秒で問題を早押ししてくる、怪物の様なクイズ王に土をつけるため

日夜努力したものです。

 

そんな前作の問題点が

クイズの問題を丸暗記できてしまうという物でした。

 

ファミコンの性質上

それほど多くの問題を搭載できなかった為に

最終的には、ほとんどの問題を覚えてしまい

「クイズ王が3秒ならば、こちらは2秒で押す」という事で

なんとかエンディング画面までたどり着くことが出来ました。

 

そんな前作の反省点を活かし

パワーアップして帰って来たのが

今回の「史上最強のクイズ王決定戦2」という事ですね。

 

 

このゲームの目的は

地方予選から勝ち抜いて行き

本戦の予選を勝ち抜き

史上最強のクイズ王への挑戦という流れでした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなクイズゲームで

早押しクイズがメインのゲームでした。

 

早押しクイズの醍醐味である

 

正統派のクイズ問題なのか?

 

正統派のクイズ問題に見せかけた引っ掛け問題なのか?

 

を見極めている間に、ライバルに先に押されてしまう。

 

こんな、ハラハラドキドキを体験する作品でした。

 

 

みんなでクイズを楽しむ パーティーモードもあり

一人でも楽しめる

大人数でも楽しめる

まさに最強のクイズゲームだったのでした。

 

 

 

史上最強のクイズ王決定戦2の感想でもあり レビューでもあり

 

[前作をクリアしたから今回も余裕でしょ……無理でした!!]

 

前作では、予選をクリアしたら

すぐにチャンピオンに挑戦できました。

 

さらに、クイズの予選も

予選とは名ばかりの、一人でプレイ出来るモードで

早ければ15秒くらいで優勝出来ました。

 

さらに、そこから直ぐにチャンピオンと戦うことが出来ました。

 

そんなおかげで、クイズ王戦のみで出題される問題を

暗記できるほど、何十回もプレイ出来ました。

 

 

なので、「今回も楽勝でしょ」と思っていたんです。

 

しかし、待ち受けていたのは

地方予選

地方予選の決勝

本選の予選

本選の決勝といった流れでした。

 

前回に比べて、問題の種類が圧倒的に本当に多く

そう簡単には、暗記できない程の問題が襲ってきます。

 

このゲームにはパスワード方式が採用されていたのですが

「ドラクエ2」もビックリの長さで

「パスワードを打ってまで、次のプレイをしたくない」というほどの

プレッシャーがありました。

 

 

なので、最初の予選から

ほとんどミスをできないゲームだったんですよね。

 

本来のクイズゲームならば、

こんなに、長ったらしいパスワードは要らないはずなのですが。

 

このゲームでは「主人公に好きな名前を付けられる」という

余計なシステムが搭載されていましたので

自然とパスワードが長くなってしまったのでしょうね。

 

 

本当ならば、パスワードが共通で用意されているはずなのに

名前が莫大な量あるので

こんなにも長くなってしまったのかも知れません。

 

 

ちなみに、私は3時間プレイして

本選の予選までしか行く事が出来ませんでした。

 

なので、クイズ王の姿を未だに見ていません。

 

「クイズのことなら任せろ!!」という人はプレイしてみて下さい。

 

きっと、燃えるような程の激ムズ問題が

あなたを待っているでしょうね。

 

 

 

史上最強のクイズ王決定戦2のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

こんなにも難しいゲームを出していいのか

こんな凄さがありましたので

 

我こそクイズ王という方は遊んでください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

今作と前作を比べた場合は

圧倒的に今回の方が面白いと思います。

 

やはり、クイズゲームは問題の数が多い方が面白いですよね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

ハラハラドキドキの展開を味わいたいのなら

問題が難しくて、ミスしたら終わりという絶望的な方が良いですからね。

 

なので、骨太なクイズゲームが好きなら

今作品は絶対にお勧めです。

 

 

長ったらしいパスワードを打つくらいなら 

 

地獄の予選をクリアする

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

前作よりも遥かにスケールアップした名作ゲーム

ギミアぶれいく・史上最強のクイズ王決定戦2

 

それこそが、今急いで2000円で買う理由です

 

こちらから購入できます