読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ファミリージョッキー  リッジレーサーの攻略方法が使えるの? というかこのゲームが元祖なのか!!

相手の馬にぶつかってもらう そんな攻略方法

 

[負けたら最後ゲームオーバー]

[ファミリージョッキー  ナムコ  ファミコン]

1987年発売  ジャンル アクション  参考価格570円

 

記事のネタバレ度 普通

攻略に必要なプレイ時間  1時間

このゲームに対する世間の評価  ファミコン初期の超名作ゲーム

どんな人におすすめ?  全ての競馬好きに遊んでほしいな

バーチャルコンソールで配信なし

 

 

シンプルな方が

意外と面白い場合って結構ありますよね。

 

最近ドラえもんの映画を見直しているのですが

シンプルなストーリーは良いなと思います。

 

画面がめちゃくちゃ綺麗な、ドラえもんの映画も最高ですが

画面が古い、シンプルなドラえもん映画も意外と最高です。

 

そんな今回の、シンプルなゲームなのに、異常に興奮できるアクションゲーム

ファミリージョッキーの感想です。

 

 

 

ファミリージョッキーとはどんなレトロゲーム?

 

このファミリージョッキーですが

1987年にナムコから発売された

ファミコン用のアクションゲームでした。

 

後にゲームボーイやPCエンジンでも発売されましたし

Wiiでも発売されるほど愛された

大人気シリーズの原点ですね。

 

ゲームの目的は、好きな競走馬を選びまして

全16レースを戦ってG1レース制覇を目指すのが目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションゲームで

似たタイプのゲームで言いますと

「ステークスウィナー」や「ギャロップレーサー」などの

ジョッキー体験ゲームでした。

 

 

ボタンの操作も

ダッシュ

ジャンプ

たったのこれだけです。

 

このシンプルな操作が、逆に最高なんですよね。

 

直線ではボタン連打でダッシュ

 

障害物が出てきたらギリギリでジャンプ

 

こんな、物凄くシンプルなアクションゲームです。

 

 

ではなぜ、こんなにもシンプルなゲームなのに

遊んでいて異常に興奮するのでしょうか?

 

 

それは、レース中の育成要素にあるんです。

 

ファミリージョッキーは

競馬のジョッキーになって進んで行くのですが

 

自分の競走馬は、めちゃくちゃ弱いです。

 

 

そんな弱い相棒を、どうやって頼もしい相棒にするのか?

 

 

それは、レースの道端に落ちている

「パワーアップマーク」をがむしゃらに拾っていくんです。

 

スピードを一段階上げる スピードマーク

 

スタミナを一段階上げる スタミナマーク

 

ガッツを一段階上げる  ガッツマーク

 

ジャンプを一段階上げる ジャンプマーク

 

ターボを一段階上げる  ターボマーク

 

こんなパワーアップアイテムをどんどん拾っていきます。

 

 

レースの結果も大事なのですが

パワーアップマークを取らないと、後半のレースでは絶対に勝てないので。

 

必死にパワーアップマークを取るのが

ファミリージョッキーというゲームのセールスポイントなのでした。

 

 

最初は弱かった相棒を、徐々にパワーアップさせていく

シンプルなんだけど異常に興奮する

素晴らしいゲームでした。

 

 

 

ファミリージョッキーの感想でもあり レビューでもあり

 

[負けたら終わりの過酷なレース]

 

このゲームですが、ゲームオーバーの条件は

 

五着以下になる

 

画面から自分の馬が消える…のたったの二種類です。

 

そして、このゲームオーバーの条件が頻繁に起きるんです。

 

 

その理由は、障害物コースにありました。

 

 

障害物コースには

引っかかると大幅にタイムが遅れる

「大きな障害物」が設置されています。

 

そして、この障害物に引っかかると

後半のレースでは、画面の外へ吹っ飛ばされていきます。

 

そうなってしまうと

いとも簡単に、ゲームオーバーになってしまう訳ですね。

 

 

あんなにスタミナが無くて苦戦していた愛馬

「ミスターダービー」を

パワーアップマークを取って行きながら育成していたのに。

 

たった一つの、障害物に引っかかるだけで

全てが水の泡ですからね。

 

急ぎ過ぎると、障害物に引っかかる

 

安全に行きすぎると、ライバル達にどんどん追い抜かされてしまう

 

そんなジレンマこそが

ファミリージョッキーの面白さを何倍も増やしてくれましたね。

 

普通ならば

コンテニューくらいは用意してくれるものですが

このゲームでは、コンテニュー機能がありませんので。

 

たった一度のミスが、数十分のロスに繋がるのが

ファミリージョッキーのクリア出来ない理由でしたね。

 

 

 

[リッジレーサーはこのゲームを参考にした?]

 

このゲームですが

レースに効率的に勝つ方法としましては

「自分の馬を、相手の馬で後ろから押してもらう」という方法です。

 

まずはボタンを連打して、先頭に立ちます。

 

そうなったら

相手の前に来るように位置取りをしまして

あとは相手がぶつかってくるのを待ちます。

 

このゲームでは

ぶつかられた方が前に進み

ぶつけた方が後ろに後退するという事が起こります。

 

この行為を繰り返すことで

スタミナゲージを消費すること無く

レース展開を有利に進められました。

 

 

こんな時にある事を思い出しました。

 

「あれ?これって、リッジレーサーだよね?」と。

 

リッジレーサーの攻略方法も同じで。

 

後ろから、猛スピードで突っこんで来るライバルカーを

自分の愛車でブロックする事で

 

自分は猛スピードのまま前進

 

相手はそのまま急停車

 

この数秒間を利用して相手に勝つ、こんな卑怯な展開でした。

 

こんな卑怯な攻略方法が

まさかのファミリージョッキーという作品から引き継がれているとはね。

 

沢山のレトロゲームを遊んで気付けた

幸せな体験なのでした。

 

 

 

ファミリージョッキーのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

相棒の名馬と一緒に

沢山のレースをクリアして行く

こんなマキバオーの様な熱い展開が最高でした

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

最初は弱かった相棒を

どんどんパワーアップさせていく快感は

どんな育成シミュレーションにも負けない魅力がありましたね

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

ファミリージョッキーというゲームを購入してから

ずいぶん長い年月が経ちますが

こんなにも面白い作品だとは思いませんでしたね。

 

「ファミリージョッキーってシンプルなゲームなのかな?」

こんな、漠然としたイメージしかありませんでしたが。

 

まさかのガッツリとハマるとは思いませんでした。

 

今ではWii版の方がお手軽に遊ぶ事が出来ますので、

興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか

 

WIIでも最新版を楽しめますが

原点であるファミコン版も忘れないでプレイしてください!!

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

そんな今回の、リッジレーサーの攻略方法が何故か使える?

ファミリージョッキー

 

それこそが、今急いで570円で買う理由です

 

こちらから購入できます