レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

遊戯王デュエルモンスターズ3 8時間最高に楽しんでから 突如地獄に叩き落とされる

遊戯王に戦略性が加わって 大幅に遊びやすくなる?

 

[前作の荒々しさを 絶妙なバランスで優等生に調整していく 流石です]

[遊戯王デュエルモンスターズ3  コナミ  ゲームボーイカラー]

2000年発売  ジャンル RPG   参考価格330円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  15時間?

このゲームに対する世間の評価  正統派のデュエルモンスターズの始まり?

どんな人におすすめ  コツコツ感が好きな人は 絶対に楽しめます

バーチャルコンソールで配信なし

 

 

大人気のゲームを遊ばない事ってありますよね。

 

何度も中古ショップで見かけているのに

 

「後で遊べばいいのかな?」なんて思ってしまう。

 

そんな作品たちです。

 

苦手なゲームジャンルならば、

遊ばないのも分かりますが。

 

大好きなゲームジャンルなのに、

手を出さないで、今の時代まで来てしまった。

 

そんな不思議です。

 

だったら遊びましょう。

 

 

そんな今回の 何百回と売っているのは確認している けど遊ぶのは初めて

遊戯王デュエルモンスターズ3の感想です。

 

 

 

 

遊戯王デュエルモンスターズ3とはどんなレトロゲーム?

 

この遊戯王デュエルモンスターズ3ですが、

2000年にコナミから発売された、

ゲームボーイカラー専用のカードゲーム作品でした。

 

1998年に、

荒々しすぎる初代デュエルモンスターズが

 

1999年に、

バランスよく調整したデュエルモンスターズ2が

 

そして、2000年に、

更にバランスよく調整して、

戦略性も大幅にプラスして、

考える楽しさもプラスされた、

デュエルモンスターズ3が発売されました。

 

 

そんなゲームの目的は

 

オリジナルの主人公となりまして

 

遊戯王お馴染の原作キャラクター達と、

カードゲーム、デュエルモンスターズを戦っていき。

 

ラスボスを目指して進んで行く。

 

今まで通りの、目的になっていました。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなカードゲームで

 

前作同様

 

強いカードを出して

 

相手のモンスターを撃破して

 

相手のライフを削って行く

 

シンプルなカードゲームでした。

 

そんなゲームでしたが、

今作から新たなシステムが導入されました。

 

その追加されたシステムによって

 

カードゲーム本来の、

考える楽しさがプラスされた作品になっていましたね。

 

 

まず一つ目は

出せるカードの制限です。

 

今までは、1ターン目から、

最強のカードを出すことができました。

 

こちらは3000の攻撃力

 

相手はそれを上回るカードを持っていない

 

その時点でほぼ終わり

 

こんなスピーディー過ぎるカードゲームでした。

 

前作では、

属性と言う物が加わりましたので、

そんなカードでも撃破できる可能性はありましたが。

 

基本的には、

強いカードを出されたら、

直ぐに電源を消すのが王道の遊び方でした。

 

そんな展開からガラリと変化しまして、

1ターン目に出せるモンスターカードに制限が加わりました。

 

今までは、無条件で出せたのに、

今作からは星4以下のモンスターしか出せない。

 

こんな新ルールでした。

 

星5以上のモンスターを出したい場合は、

モンスターを生贄に捧げなければならず、

ある程度の時間が掛かってしまうというのが面白かったです。

 

その他にも、

制限カードと呼ばれるルールが加わり。

 

3枚入れることができたカードが、

1枚に制限されるというのも、新たな試みでしたね。

 

強いカードは、制限しましょう、という訳です。

 

 

今までは、

ゲームボーイオリジナルのルールで遊んでいましたが。

 

今作からは、

ゲームボーイのデュエルモンスターズと

実際のデュエルモンスターズのルールを、バランスよく融合させ、

新たなゲームに進化していました。

 

モンスターには特殊効果も追加されて

 

今まではしょぼかったカードも、

今作で使い勝手が良くなるというのも

現実のデュエルモンスターズに近づいた部分でした。

 

 

「デュエリストレベル」や「デッキキャパシティ」などの、

ゲームでしか体験できない、RPG的なシステムを残しつつ

 

基本ルールは

現実世界のルールに近づけていく

 

ゲームとしても楽しい

 

デュエルモンスターズの練習用ソフトとしても、楽しい

 

そんな、後のゲームに繋がって行く、

記念すべき作品なのでした。

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

遊戯王デュエルモンスターズ3の感想でもあり レビューでもあり

 

[まず初めに おじいちゃんを召喚しよう]

 

前作では、

物語を後半まで進める事で、

「カードを貰える枚数が2枚になる」という、

優しすぎるシステムが搭載されていました。

 

その嬉しい存在が、

遊戯のおじいちゃんでした。

 

いじめられていた遊戯を、

温かく迎えてくる、頼りになるおじいちゃん。

 

世界最高のレアカードを孫にあげて、

孫がとんでもない悲劇に見舞われる原因を作る、おじいちゃん。

 

そんな優しいおじいちゃんでした。

 

 

そんなおじいちゃんですが、

今作では、隠しキャラの扱いです。

 

どうやって出現させるのか?

 

パスワードを打つんです。

(検索で直ぐに出てきます)

 

パスワードを打つことで、

ゲームの序盤からおじいちゃんが仲間に加わってくれます。

 

ですので、よっぽどの制限プレイをしたい人以外は、

まず初めにおじいちゃんを召喚してください。

 

 

私は、この情報をうっすらと覚えていました。

 

このゲームを遊んだのは、

2017年の今が初めてなのですが。

 

発売当時、ジャンプを購入していましたので、

このパスワードが載っているのを、鮮明に覚えていました。

 

「カードが2枚もらえるって凄いね!!」こんな印象でした。

 

なので、直ぐにインターネットで検索したところ、

載っているサイトがいくつもあったので、無事に体験することができました。

 

 

どうしてお勧めしたいのか?

 

 

今作の難易度が上がっているからです。

 

前作と前々作は、言っても簡単にクリア出来ました。

 

比較的強いカードが貰えましたので、

地道に頑張っていれば、いつかはクリア出来ました。

 

しかし、今作からは、

10勝事にレアカードを貰えるというシステムが廃止されまして。

 

完全なる運で、

レアカードをゲットしなければいけなくなりました。

 

この要素のお蔭で、

ゲームの進むスピードが、かなりゆっくりになっています。

 

そんなゲームですので、

カードを2枚もらえるというのは、最高に心強かったです。

 

なので、絶対におじいちゃんを召喚してから、

ゲームを始めて下さい。

 

 

レアカードをガンガンくれるおじいちゃん

 

最高です!!

 

 

 

[自分でオリジナルのカードを作ろうという ヤバすぎるシステム]

 

このゲームですが、

本当に強いカードを貰えません。

 

魔法カードは結構貰えます。

 

デッキに1枚しか入れてはいけない、

サンダーボルトや心がわりなどの、レアカードは貰えます。

 

ただ、デュエリストレベルが足りませんので、

ほぼ意味はありません。

 

前作のように、

「カードを使った分だけ、次のターンに補充される」という、

カードゲームにあるまじきルールも変更されていましたので。

 

魔法カードの強さはそれほどではなくなっていました。

 

 

そうなって来ると、

欲しいのはモンスターのカードです。

 

どんなに強力な魔法カードよりも、

欲しいのは攻撃力が1000のモンスターカード。

 

こんな当たり前になって行きます。

 

 

そんなゲームなのですが、

今作から搭載された「オリジナルカード」というシステムによって、

ほぼ意味がなくなります。

 

 

敵を倒します

 

するとカードを貰えます

 

ここまでは同じです

 

パックを開封するドキドキを、

毎回味わえる

 

これがカードゲームの醍醐味です。

 

そこに、プラスして、

「カードのパーツ」と言う物が貰えます。

 

これはおじいちゃんからも貰えますので。

 

カード2枚とパーツ2枚を貰う事ができます。

 

このパーツが何なのか?

 

オリジナルカードを作るためのパーツなんですね。

 

パーツには、

上半身と下半身というカテゴリーに分けられていまして。

 

2枚のパーツで、

オリジナルのカードを作くっていく訳です。

 

上半身は戦士で、

下半身はリバイアサン

 

自分だけのカードを作りましょうという訳です。

 

最初はパーツも少ないので、

満足の行くカードにはなりません。

 

しかし、沢山のパーツを集める事で、

とんでもないカードをバンバン作れるようになって行きました。

 

自軍のエースが750の攻撃力の時に、

オリジナルカードは2000の攻撃力。

 

しかも、星が4以下なので、最初のターンに出せる。

 

ここまではいかなくても、

妥協すれば、1700とかが3枚とか作れる。

 

こんなぶっ壊れた設定になっていました。

 

 

おそらくですが、

1700のカードをゲットしようと思ったら、

100回戦って、2枚程度だと思います。

 

しかし、オリジナルカードでいいのならば、

100回戦えば、10枚は確実に作り出せます。

 

こんな優しさが、

このゲームにどのような意味をもたらすのか?

 

 

ほぼオリジナルカードしか使わない、となります。

 

と言いますか、

カードをゲットして行く楽しみがほぼ無くなっていました。

 

だってカスカードしか貰えないのですから。

 

そこには期待しないで、

強力なカードに変化するかもしれないパーツに命を懸ける。

 

こんなゲームになってしまいましたね。

 

おじいちゃんもくれますので、

集まる速度は2倍ですからね。

 

なかなかのスピードで、強くなって行くのでした。

 

 

おまけで入れた、オリジナルカードの要素

 

そんな要素が、本来のゲーム性をぶち壊す

 

 

ただ、楽しいので文句はありません!!

 

 

 

[楽しい! 楽しい!! 楽しい!!! からの地獄に叩き落とされる]

 

そんな要素もありましたので、

まあ楽しかったです。

 

前作に比べると、

レベルの上がり方が異常に速くなっていまして。

直ぐにレアカードを使用できるようになっていました。

 

前作では、

レベルの関係上使用出来なかった、

憧れのレアカードなんかも使用できるところまで行けます。

 

もう楽しすぎました。

 

もっと早く知っていれば、

「100時間は遊んだかもな…」なんて感じです。

 

 

そこで、地獄に叩き落とされましたね。

 

二つ目のエリアを順調に進んで行きました。

 

レアハンターという敵なんて、

サンダーボルトを2回使ってきましたからね。

 

「制限があるんじゃないの?」なんて衝撃でした。

 

ただ、強い方が燃えますからね。

 

全然OKです。

 

そして、最後の海馬を5回倒しました。

 

さあ、次のエリアの開放です。

 

エンディングはもう目の前です。

 

 

あれ?

 

おかしいな?

 

次のエリアの矢印が出てないな?

 

5回倒してない敵がいたのかな?

 

 

それから、

他の敵を5回ずつ倒しました。

 

まったくイベントが進みません。

 

次のエリアへの矢印が一切出てこないんです。

 

もう必死に調べました。

 

遊戯王デュエルモンスターズ3 バグ

 

遊戯王デュエルモンスターズ3 進まない

 

こんな感じで、必死に調べました。

 

だけど、そんな情報は一切出てこないんです。

 

ゲームは今まで通りに遊べるんです。

 

だけど、次のエリアに行けないんです。

 

原因が分かりません。

 

 

もう絶望しか無かったですね。

 

 

8時間かけて育て上げたのに

 

先に進むことが一切できなくなる

 

そんな地獄でしたね。

 

ゲームを消して、

最初からやり直せば、進めるようになるのかも知れませんが。

 

このデータを消すことは、絶対にできません。

 

愛がこもっていますから。

 

 

一切情報が無いという事は、

このソフトに欠陥があるのかもの知れません。

 

本当に楽しかったのにな…。

 

残念。

 

 

 

遊戯王デュエルモンスターズ3のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

もうめちゃくちゃ面白いです。

 

前作程のスピード感はありませんが、

その部分も含めて大好きです。

 

バグる可能性は、ほぼあり得ないと思いますので。

 

是非とも遊んでほしいなと思います。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

今までは、強いカードをだせば100%勝てるという、

結構な安心感がありました。

 

今作からは、

敵も魔法カードを使用してきますので、

安心はしていられません。

 

あと一撃で勝てる状態から、

そのまま押し切られる可能性もある。

 

こんなヒリヒリ感が良かったですね。

 

サンダーボルトやブラックホールを使われて、

場のモンスターが全滅。

 

こちらの手持ちにはデッキを埋めるためのカスカードしか無い。

 

そして、負ける。

 

これがカードゲームですよね。

 

そんな当たり前が、

このゲームにはありました。

 

ガチのカードゲームには、

まだまだ到達していませんでしたが。

 

その部分が、

このゲームならではのセールスポイントですので、

そこも含めて愛してください。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

今まで、このゲームを遊んだ事は無かったのですが、

楽しんで遊べました。

 

カードのおまけにゲームが付いてくる

 

そんな言われ方も、たくさん言われていましたので、

勝手につまらないゲームなのかと思っていました。

 

しかし、ちゃんとしていました。

 

ちゃんとカードゲームとして楽しかったんです。

 

色々なカードゲームがあると思いますが、

そのカードゲームにも負けないくらい、楽しかったです。

 

残念なのは、エンディングまで行けなかったことでしょうね。

 

更に、敵が強くなって行き、

普通に負けるようになって行くそうですから。

 

そんな痺れる対戦もしたかったなというのが、

率直な感想でもありましたね。

 

今の時代ならば、

修正アップデートなんてあるのでしょうが。

 

昔にはありませんからね、

そこだけが残念なのでした。

 

 

最後まで遊べたら

 

最高のゲームだったと思う

 

そんな遊戯王デュエルモンスターズ3の感想でした。

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

荒々しさを調整して 優等生になって帰って来た 

それこそが、今急いで330円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます