レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

桜井章一・なぜあの人は強いのか 体が熱くなり 心があったかくなる格言集

休憩なしで 一気に読んでしまう名著

f:id:retogenofu:20201103165909p:plain

[宇宙のヘソをつかむ 71の極意を心に刻もう]

[なぜあの人は強いのか  桜井章一 中谷彰宏  東洋経済]

 

2002年発売  

ジャンル  対談集 格言集

参考価格  160円

 

 

最近は色々な本の感想を書いています

 

 

retogenofu.hatenablog.com

retogenofu.hatenablog.com

retogenofu.hatenablog.com

retogenofu.hatenablog.com

 

 

過去の記事も読んでもらえると嬉しいです

 

 

今回感想を書きたいなと思ったのが

「桜井章一・なぜあの人は強いのか」という格言集です。

 

 

どんな内容になっていて

 

どんな部分が面白かったのか?を書いていきますので

 

購入する時の参考にしてみてください

 

 

そんな今回の

読めば体が熱くなり それと同時に心があったくなる

なぜあの人は強いのかの感想です( `―´)ノ

 

 

 

 

なぜあの人は強いのかとはどんな本?

 

このなぜあの人は強いのかですが

2002年に東洋経済から発売された

桜井章一さんと中谷彰宏さんによる対談集でした

 

裏麻雀界で20年間無敗だった

雀鬼こと桜井章一さんと

 

数多くの書籍を執筆している

中谷彰宏の対談集で

 

対談集という形ですが、

内容としては対談集というよりも、

桜井章一さんの格言集という感じでした。

 

桜井章一さんがなぜ

20年間もの間、麻雀で無敗だったのか?というのを

桜井章一の生き方や考え方から学んでいくスタイルになっていまして。

 

心が荒れてきたら自然に行くとか

 

イチロー選手がいかに凄いのか?とか

 

グレイシー一族との感動秘話とか

 

桜井章一さんや麻雀の事を知らなくても、

楽しく読むことができるでしょうし

 

桜井章一さんや麻雀が大好きな方には

とんでもなく楽しい一冊になっていますからね。

 

最近やる気が出ないな、とか

 

自分って嫌な奴になってきているな、なんて思っている人にこそ

 

この一冊を最高にお勧めしたいと思います。

 

 

この本を読むことで

やる気がみなぎってくると同時に

 

最高に心があったかくなる

 

何度も何度も読み返したくなる

心の栄養ドリンクなのでした

 

 

 

ネタバレしたくない人はこちらからお先にどうぞ

 

 

160円

 

 

 

 

なぜあの人は強いのかの感想でもあり レビューでもあり

 

この本の良かったところ

 

この本の良かったところで言いますと、

読むことで「やる気がみなぎってくる」でしょうか。

 

本の内容としては、

桜井章一さんの考え方や生き方を読んでいくという

スタイルなのですが。

 

嘘をついたら、その後は2倍正直になれ、とか

 

静でも動でもない、流れが一番強い、とか

 

ここぞという時ではないと、人間は変われない、とか

 

読んでいるだけで、最高に熱くなれます。

 

 

私の印象で言いますと、

この本を読む前は、

麻雀の割合が高めなのかなと思っていたのですが。

 

割合としては

麻雀以外の方が多めになっています。

 

ですので、

「麻雀を知らないからな…」なんて人でも

最高に楽しめる一冊になっています。

 

 

私が特に好きだったのが

イチロー選手とヒクソングレイシー選手関連の項目が

最高に面白くなっていまして。

 

雀鬼から見た

イチロー選手やヒクソングレイシー選手が

どういう人間なのか?というのを楽しむことができました。

 

この項目だけで、

一冊の本にしてほしいくらい濃厚な内容になっていましたからね。

 

イチロー選手やヒクソングレイシー選手が大好きな方にも、

この本を読んで欲しいなと思います。

 

 

その他の部分で

面白かった所で言いますと、

「結構泣ける」という所でしょうか。

 

やる気がみなぎってくるというのが、

今作の最大のセールスポイントではあるとは思うのですが。

 

結構泣けるというのも、

今作を読んで欲しい部分の一つです。

 

奥さんとの出会いの話なんて、

本当に泣けますからね。

 

やる気がみなぎってくると同時に、

心があったかくなるというのも、今作の魅力でしたね。

 

その他にも、

笑える要素などもたくさんありまして。

 

読んでいるだけで、ずっと楽しいというのは、

今作の最高に凄い所だったのかもしれません。

 

 

元気がない人にこそ読んで欲しい

 

心も体も熱くなる

 

太陽の様な一冊なのでした

 

 

 

 

この本を読んで私が感じたこと

 

ここからは内容に深く関わっていきますので、

本を読み終わった方に向けて書いていきたいと思います。

 

 

 

今作の楽しみ方としては、

この本を読んで、

「自分の中に雀鬼を取り込もう」という事でしょうか。

 

人生で迷った時は、

「自分が尊敬する人になったつもりで行動する」というのがありますが。

 

そんな人物の中に、

雀鬼を加えるという事です。

 

雀鬼だったら、こっちに行くかな、とか

 

雀鬼だったら、こういう行動をするかな、というのを、

今作を読んでより鮮明にしていくという感じです。

 

 

そんな今作を読んで、

私が感動したのが、

「自分をもっと好きになれる」という所でした。

 

雀鬼の生き方や考え方を読んでいくことで、

本当に為になります。

 

明日からこうやって生きていこうと思います。

 

そんな中で、

ごくたまに、

自分の考えと同じ項目が出てくるときがあります。

 

「あ!これは実践している!!」です。

 

そして、

この時の嬉しさったらなかったです。

 

雀鬼の漫画を大好きで読んでいたので、

もしかしたら、その時に自然と学んだ可能性もあるのですが。

 

自分が大事にしている生き方や考え方が、

ふと登場した時に

 

自分って意外といいな(*´▽`*)

と思えるんですよね。

 

確率としては、

71の項目がある中で7か8くらいではあるのですが。

 

10%くらいは

雀鬼と同じ考え方を持って生きてきたわけですからね。

 

今作を読んで

最も感動した部分で言うならば、

「自分をもっと好きになれた」という部分だったのかもしれません。

 

 

更に面白かったのが

私は今作を中古で購入したのですが。

 

「前任者が心に響いたであろう場所」に

アンダーラインを引いてありまして

 

「この人はここに感動したんだな」というのを

楽しめたのも良かったです。

 

私が感動した部分には引いていなかったり

 

逆に、私が普通に思った所に引いてあったり

 

私が感動した部分に、その人も感動していたり

 

推理小説でこれをやられると

きついかもしれませんが

 

格言系の本でやられるのは

友達と一緒に映画を見ているような感覚で

意外と楽しめるのだなとちょっと感動するのでした。

 

 

今の雀鬼率で言いますと10%です

 

ただ、これからはもっと確率がアップします。

 

皆さんも

何度も何度も読んで、

自分の中に雀鬼を取り込んでいきましょう( `―´)ノ

 

 

 

 

なぜあの人は強いのかのまとめ

 

私が大好きな本で言いますと

熱くなれる本と感動できる本です

 

楽しい本も大好きですし

 

怖い本も大好きなのですが

 

熱くなれる本と感動できる本は、別格で好きです。

 

そんな二つのジャンルを

この一冊で味わえるわけですからね。

 

一生をかけて、この本を楽しんでいきたいと思います(/・ω・)/

 

 

 

こちらから購入できます

 

 

160円

 

 

 

その他の関連商品