レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ごめんね青春の最終回を見て20世紀少年のコメントの深さに気づく

本当に伝えたいのはそこでは無いんだなぁ、きっと

 〈両方の作品のネタバレを含んでいます···ごめんね〉

 

f:id:retogenofu:20141222235928j:plain

[ごめんね青春]が先日無事に最終回を迎えまして、

「最後の最後まで本当に面白いドラマだったなぁ」なんて感じです。

 

このドラマの凄い所は、

最初から主人公が[放火の犯人]だと分かっている状態で、

ストーリーが進んで行きます。

 

普通のドラマなら仮に主人公が放火の犯人だとしても、

分かるのがだいたい5~6話位でストーリーが進むはずです。

しかし、ごめんね青春は1話から犯人の状態で進むんです。

(知っているのは主人公と視聴者だけですが)

 

見ている人達の心境としては、

「どうせ違う犯人が出てくるんでしょ」や、

「きっと真犯人が居て、最終回ですっきりさせてくれる!」

なんて思っていたはずです。

(私もそう信じて最後まで見ていました)

 

しかし最終回を最後まで見た結果は、

「え?結局誰が犯人だったの?」

「これ完全に続編がある終わり方じゃん!!」

「でもストーリーが面白いから、これでも良いかも」でした。

 

確かに[ごめんね青春]は犯人を見つけるドラマでは、

最初から無かったのかも知れませんね。

あくまでも犯人は1つのキーワードにすぎなかったんですね。

 

そんな感動に浸っていた時にふと思い出したんです。

「これって昔20世紀少年の作者さんが言ってた奴だ!!」

 

昔マンガの[20世紀少年]が大ブームに成った時が有りました。

(映画も大ヒットでしたね)

何故大ブームに成ったかというと、

[真犯人の正体が全く分からなかった]からです。

「アイツが黒幕だと思う」や、

「いや、実は仲間の中に居るんじゃないか?」など、

それはもう、みんなでディスカッションしまくりでした。

 

そんな時に、作者さんが言っていたコメントを思い出したんです。

「僕にとっては黒幕なんてどうでもいい」

「みんな黒幕が誰なのか?にしか興味が無いけど」

「僕は、このマンガのストーリーに興味をもって欲しいんだよね···」

こんなコメントだったと思います。

 

私は、そのコメントを聞いた時に意味がよく分かりませんでした。

「え!真犯人を見つけるマンガじゃないの?」なんて。

「ストーリーを楽しむってなんだろう?」

そんなもやもやした気持ちでいっぱいでした。

 

そして今回のごめんね青春を見て思った、

「ストーリーが面白いなら犯人はどうでも良いかも」という答えが、

実は、20世紀少年の作者のコメントの答えだったのかも知れませんね。

黒幕の正体なんてマンガのストーリーからしたら、

キーワードの1つでしか無かったんですね、きっと。

 

ごめんね青春の最終回を見て、

20世紀少年の昔からのもやもやが解消したのでした。

あの時、20世紀少年の黒幕の正体に文句を付けて········ごめんね(^O^)

 

 

はてスターやコメント、ブックマークを付けて貰えると

やる気に繋がります、どうぞお気楽な気分で(^^)