読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

最初は短編小説、ページを切り刻むと長編小説

不思議な本達 修正版

ハサミを持ってお読み下さい

f:id:retogenofu:20141127000959j:plain

 

その昔、不思議な小説が発売されていました。

その本のタイトルは、「生者と死者」です。

この本のキャッチコピーが、「消える短編小説」なんです。

 

実はこの小説、小説の中に袋とじが沢山付いています。

袋とじを開ける前は、「十数ページの短編小説」ですが、

袋とじを全部開けると「200ページの長編小説」に大変身です。

 

この本の作者の「泡坂妻夫」さんは、

実は小説家の他に「手品師」も行っていたそうです。

自分の小説自体に、短編小説が消える手品の魔法をかけたんですねぇ。

 

この小説は、昔友達が持っていたのを借りて読んだのですが、

その頃には、もう短編小説の面影は一切無く、

ただの長編小説になっていましたねぇ。

何故か、ちゃんと読んだのにストーリーをまったく覚えてません。

きっと、消える短編小説のインパクトが強すぎたんでしょうね。

 

わたしは、この本を今でもたまに探してます。

勿論袋とじが、完全な状態で読むためにね(^O^)