読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

遊戯王デュエルモンスターズ GB版 名作ゲームなのに 買い取り拒否の店が続出  その理由とは!?

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 修正版 良く読まれています

おまけのカードが付いていなくても  爆発的に大ヒットしたんですよね

 

f:id:retogenofu:20161216005715j:plain

[買い取り拒否が相次いだ  ゲームボーイの中でも伝説的なゲーム]

[遊戯王デュエルモンスターズ   コナミ  ゲームボーイ] 

1998年発売  ジャンル カードゲーム  参考価格200円

 

記事のネタバレ度  高め  

攻略に必要なプレイ時間 15時間

このゲームに対する世間の評価  物凄くシンプルなゲームなのに 超名作

どんな人におすすめ?  当時デュエリストだったなら もう一度遊んでみては

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

この世には、無くてはならない

相棒的な物が数多く存在します。

 

納豆に醤油

お刺身に醤油

目玉焼きに醤油たまにソース

なんて感じで、相棒が無ければ困る存在です。

 

 

そんな今回の、ゲームにとって最高の相棒が居なかったらどうなるのか?

遊戯王デュエルモンスターズの感想です(*’▽’)

 

 

 

デュエルモンスターズとはどんなレトロゲーム?

 

このデュエルモンスターズですが

1998年にコナミから発売された

ゲームボーイ専用のカードゲーム作品でした。

 

遊戯王という作品は

「高橋和希」原作の大人気漫画で。

 

初期の遊戯王は

「不気味な遊びで対決する」という雰囲気が残っていた時期で

「藤子不二雄」作品の「魔太郎が来る」の様な

なんとも、後味の悪いストーリーが人気の漫画でした。

 

しかし、徐々にカードゲームが主体のストーリーに変わって行き

カードゲームブームを引っ張る

象徴的な作品へと変わっていたのでした。

 

 

そんな遊戯王と、子供に大人気のゲームボーイが

タッグを組んだらどうなるのか?

 

爆発的な大ヒットになるという訳ですね。

 

そんな、記念すべき初めての遊戯王のゲーム化作品なのでした。

 

 

ゲームの目的は

様々なキャラクターとカードバトルをしながら

物語を進めていくタイプのゲームなのですが

イベントシーンというものはほとんどなく

ストーリーよりも、カードゲーム自体を楽しむ作りになっていました。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなカードゲームで

今までもカードゲームは有りましたが

RPGの要素をプラスしたのは、珍しかったのかも知れません。

 

デュエルモンスターズというゲームの流れは

 

カードを一枚引く

手持ちのカードから一枚モンスターカードを出す

相手のモンスターとどちらが強いのかを決める

相手のライフを減らしていく

また次のターンに戻る

 

こんな繰り返しで進んで行きます。

 

相手に勝つとカードが貰えまして

そのカードを貯めながら、どんどんデッキを強化していき

来たるべき、友達との戦いに備えるという作品でした。

 

私も発売日に購入しまして

時間を忘れて遊びまくった、偉大なゲームの一本でしたね。

 

 

 

デュエルモンスターズの感想でもあり レビューでもあり

 

[基本的には、相手を100回倒す]

 

このゲームですが、ルールはいたってシンプルです。

 

強いカードを出して、後は殴る。

たったのこれだけです。

 

強いカードさえ出せば、ほとんど負けることはありません。

 

本来の、デュエルモンスターズのルールでは

沢山の対処法が用意されていまして。

その対処法を考えるのが楽しい作品だったはずなのですが。

 

このゲームでは、そんな複雑な方法はありません。

 

つまり

最強のカードを先に出せば勝ち

最強のカードを先に出されれば負け

 

こんな、本来のカードゲームなら、絶対にダメなルールでした。

 

 

しかし、子供にはシンプルなルールの方が遊びやすかった為に

この大雑把過ぎるルールだったとしても

大歓迎だったんですよね。

 

そんなゲームでしたので

とにかく最強のカードを集めるのが日々の日課でした。

 

ではどうやって、最強のカードを手に入れるのか?

 

相手と、戦って、戦って、戦いまくって

カードを強奪するという訳です。

 

このゲームでは

相手に勝てば勝つほど、強いカードを貰えるシステムでした。

 

なので、とにかく相手をボコボコにするんです。

 

そして、一番強いカードを貰うには

「相手を100回倒さなければいけない」というスパルタなルールでした。

 

この100回倒すというのが、本当に大変で

だいたい3分位掛かりますので、約5時間は掛かっていたでしょうかね。

 

それでも、頑張ったご褒美は最高でしたので

RPGで最強装備を集めるかの如く

チート級の最強カードを集めるのでした。

 

全てのカードを集めるには

「軽く100時間は掛かる」そんな凄すぎる作品でしたね。

(ここからが、ようやくスタートラインなのですから、いかに凄いのかはご理解いただけると思います。)

 

 

 

[ゲームにとって最大の相棒が居ないと 大変なことになる?]

 

このゲームには

RPGになくてはならない

大事なシステムが搭載されていませんでした。

 

 

その大事なシステムとは

 

「セーブを消す」機能です!!

 

 

セーブを消す機能が無いとどうなるのか

 

ゲームのイベントが楽しめない

(初めて戦う時に少しだけ相手の台詞が違います)

 

カード集めが楽しめない

(前のプレイヤーがカード集めをしていたら、全く楽しめません)

 

中古ショップで買い取りを拒否される、となります。

 

 

この、中古ショップで買い取りを拒否される理由が

「ゲームがつまらない」という理由なら問題はありません。

 

「クソゲーなんて買いたくありません」というまっとうな理由です。

 

しかし、ゲーム自体は

とても面白い作品だったと思います。

 

シンプルだけど面白い

そんな中毒性の高い作品でした。

 

 

そんな作品の、買い取り拒否の理由が

「セーブデータを消せないから、お店に並べる事が出来ない」という

前代未聞の理由だった訳ですね。

 

このゲームは

爆発的に大ヒットしたので

どこのお店も品切れが続出していたのですが。

 

お店側も「セーブデータが消せない」という理由だけで

泣く泣く買い取りを拒否しなければいけない

なんとも悲しい理由だったんですよね。

 

 

RPGの最高の相棒

それはいつでもデータを消せること

 

うーん勉強になった。

 

 

 

デュエルモンスターズのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

強いカードを出したら勝ち

強いカードを出されたら負け

 

こんなシンプルなゲームデザインながら

休日は友達が5、6人集まって遊ぶというのが当たり前でしたね。

 

勝負に負けると、自分のカードを取られますので

皆本気で遊んでいました。

(あまりにも強いカードを取ってしまったら、トレード機能で返すというのが暗黙のルールでした。)

 

当時熱中していた人にとっては

もう一度遊ぶのは辛いと思いますが。

 

それでも、当時集められなかった「エグゾディア」を

今の時代に集めてみてはいかがでしょうか。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

最強のカードを集める

たったのこれだけなのに、最高に楽しいです。

 

今では、友達と対戦モードで遊ぶのは

ほぼ不可能だと思いますが。

 

それでも、いつか友達が帰って来た時の為に

カード集めに励んでください。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

最高に面白いゲームなのに

中古ショップで購入することができなかった。

 

そんな状況を打破するべく

データをリセットする方法が存在したそうです。

 

その方法というのが

「カセットの電池を外して、強制的に初期化する」という力技だったそうです。

 

しかし、電池を外すには

それ専用のドライバーが必要だったようで

ほとんどのお店では拒否されたそうです。

 

 

デュエルモンスターズという作品は

今でも続く大人気シリーズなのですが。

 

その理由は

「おまけの強力なカード付いて来る」というのが、大人気の理由でした。

 

ですので、発売から一か月もすると

新品同様のゲームを格安で購入することが出来ます。

 

カードが欲しい人は、発売日に新品で買う

 

ゲームだけが欲しくて、カードがいらない人は、中古で買う

 

こんな、不思議な光景が毎年の様に繰り返されるのでした。

 

 

しかし、初代の遊戯王には

おまけのカードは付いていませんでした。

 

厳密には、付いてきたのですが

実際のカードゲームでは使用できませんでしたので

まさに、普通のおまけカードといった感じでした。

 

それなのに、爆発的な大ヒットになった訳ですから

いかに皆が熱狂して遊んでいたのかを

改めて思い知らされましたね。

 

 

キャラクターゲームという事もあり

バーチャルコンソールでは配信されていないのですが。

 

それでも、一度は遊んでほしい超名作なのでした。

 

まっさらな状態で遊びたいって?

 

だったら電池を無理やり外せ!!

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

どんなに面白いゲームでも

大事な相棒が居ないと、買い取りを拒否されるんだなと分かった

それこそが、今急いで200円で買う理由です

 

こちらから購入できます