読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ゲゲゲの鬼太郎2 ゲームバランスで言えば もはや罰ゲームレベルなのかな?

バランスはかなり大雑把でクソゲー扱いされていますが… 嫌いになれないよね

 

f:id:retogenofu:20170105165512j:plain

[今でも続く鬼太郎のゲーム  記念すべき初めてのRPG] 

[ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦  バンダイ  ファミコン] 

1987年発売  ジャンル RPG  参考価格400円

 

記事のネタバレ度  高め  

攻略に必要なプレイ時間  20時間

このゲームに対する世間の評価  もう少しバランスが良ければ名作になれたよね

どんな人におすすめ?  ゲゲゲの鬼太郎が好きなら遊んでほしいな

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

ゲゲゲの鬼太郎

何度死んでも、不屈の精神で蘇る最強のヒーロー。

 

ゲゲゲの鬼太郎

アニメだと、とても優しい熱血漢。

 

ゲゲゲの鬼太郎

漫画だと、かなりクールな冷たい少年。

 

 

「どの鬼太郎が、本物の鬼太郎なんだろうか?」を知りたいなら

「数ある鬼太郎のゲームをやっていくしかない!!」という事ですね。

 

そんな今回の 鬼太郎が初めてRPGに挑戦します

ゲゲゲの鬼太郎2の感想です。

 

 

 

ゲゲゲの鬼太郎2とはどんなレトロゲーム?

 

このゲゲゲの鬼太郎2ですが

1987年にバンダイから発売された

ファミコン専用のRPG作品でした。

 

「水木しげるさん」の大人気漫画

「ゲゲゲの鬼太郎」をゲーム化した作品で。

 

ゲームの目的は

ガールフレンドの「ユメ子ちゃん」を助け出すために

鬼太郎たちが妖怪軍団と戦うという目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなRPGで

似たタイプのゲームで言いますと

「ドラゴンクエスト」の様なコマンド選択式のRPGシステムで

鬼太郎の世界感でRPGを楽しめる素敵なシステムでした。

 

この作品の特徴的なシステムが

日本全国各地を、複数のエリアに分けて表現するというシステムで。

 

その各エリアに

凶悪なボスが存在するというシステムでした。

 

関東地方にはこのボス

東北地方にはこのボス…みたいな感じで、全国各地を進んで行きます。

 

全国各地には、原作お馴染のキャラクターが点在していまして

その仲間達と一緒に冒険していくのも楽しい作品でした。

 

猫娘

ぬりかべ

いったんもめん

砂かけ婆

こなきじじい

ねずみ男

 

こんなキャラクターが仲間になって行く展開が

原作ファンにもたまらない作品に仕上がっていましたね。

 

 

日本というダンジョンを、丸ごと冒険することで

圧倒的な親近感を感じることが出来るのでは、最高の作品でしたね。

 

 

 

ゲゲゲの鬼太郎2の感想でもあり レビューでもあり

 

[戦闘シーンのアニメーションが細かい]

 

このゲームが発売されたのは「1987年」なのですが

そんな時代のゲームとは思えない程

戦闘シーンがとても綺麗で、結構な衝撃だったのを覚えています。

 

バンダイのゲーム全般に言えることは

アニメーションのクオリティが凄いということです。

 

「ドラゴンボール」シリーズや

「聖闘士星矢」シリーズなど

綺麗な画面のゲームが、数多く発売されておりましたので。

今回のゲゲゲの鬼太郎2に関しても

アニメーションが売りのゲームでしたね。

 

 

 

[RPGとしてはかなり…、 いや、とんでもなくヤバい出来]

 

このゲゲゲの鬼太郎2ですが

初めてプレイしたころは

殆どゲームを進めることが出来ずに諦めてしまいました。

 

それから長い月日が経ち

もう一回チャレンジしてみたんです。

 

そして、直ぐに諦めてしまいましたね。

 

結構な忍耐力を持ち合わせている年齢ですら

あまりにも難しすぎて、直ぐに辞めてしまったんわけですからね。

 

いかに、このゲームの難易度が酷いのかは

ご理解いただけると思います。

 

 

その理由というのも

「鬼太郎のレベルが全然上がらない」という

RPGにとって、最大の弱点を抱えていたからでした。

 

なんでも

このゲームの最大レベルが10しか無かったそうで。

 

ポンポンと、簡単にレベルを上げてしまうと

物語の中盤で直ぐにマックスになってしまいます。

 

そんな設定を、どうにかしようと考え出された結果が

「敵の経験値を、物凄く低く設定する」という

RPGの楽しさを真っ向から否定する、結果になってしまったわけです。

 

 

しかし、そんな苦肉の策が上手くいくはずも無く。

 

結果的に「最弱の鬼太郎が体験できるゲーム」という

最悪のレッテルを張られてしまいましたね。

 

せめて、20レベルまで設定して

倍のレベルが上がる様になっていたとしたら

きっと、名作ゲームの仲間入りが出来たのではないのでしょうかね。

 

そんな、鬼太郎の世界をRPGで楽しめたのに

レベルの設定がおかしいために

クソゲー扱いされてしまったのが、最高に残念な所でした。

 

 

 

ゲゲゲの鬼太郎2の効率的な使用方法

 

例えば、あなたが

ダイエットをしているとします。

 

そんな時に、自分勝手な理由をつけて

お菓子を食べてしまうものです。

「ブログを書いたから、クリームパンを食べても良いな…」なんて感じで。

 

そんな時に

「ゲゲゲの鬼太郎2のレベルが1上がったら、クリームパンを食べても良い」

というルールに置き換えたらどうなるのか…。

 

きっと、あまりの辛さに、

ガリガリに変身できるでしょうね。

 

 

 

ゲゲゲの鬼太郎2のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

最弱の鬼太郎が体験できるRPGですからね

今の時代ではかなり貴重だったのではないでしょうか。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

もしも、鬼太郎でドラクエを遊んだらどうなる?

こんな夢の様な展開をお楽しみください。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲゲゲの鬼太郎2ですが、効率的にゲームを攻略していくと

大体5時間位でクリア出来るのだそうです。

 

しかし、非効率的にプレイすると

20時間位掛かってしまうそうで。

 

いかに、初心者にとって難しいゲームなのかが分かると思います。

 

このゲームをクリアするのは至難の業

 

だが、逆にそれがいい

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

いつの日かクリアしてみたい 最弱の鬼太郎が楽しめるRPG

それこそが、今急いで400円で買う理由です

 

こちらから購入できます