読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

バンゲリングベイ   敵だってこちらを攻撃してくる そんな常識という名の非常識 やらなきゃハドソン

ヘリコプター対戦闘機という格差

 

f:id:retogenofu:20170111152543j:plain

[どうして貧弱なヘリコプターで突入したのか…]

[バンゲリングベイ  ハドソン   ファミコン]

1985年発売  ジャンル  シューティング  参考価格360円

 

記事のネタバレ度 普通  

攻略に必要なプレイ時間  30分

このゲームに対する世間の評価  ファミコンと言えばこのゲームですよね

どんな人におすすめ?  バイオハザードの様な操作性が好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

ヘリコプターって物凄い乗り物だと思いますよね。

新幹線と比べてもそん色ないスピードだというのですから

とんでもないですよね。

 

私はヘリコプターに乗った事は無いのですが

地域のイベントなどで、何回かは実物を見たことはあります。

 

それはもう、凄い音と風だったのを覚えていますね。

いつか乗ってみたいと思いながらも、恐怖を感じたのも印象的でした。

 

 

そんな今回の、憧れのヘリコプターを操作して、相手の工場を破壊していく名作ゲーム

バンゲリングベイの感想です(*’▽’)

 

 

 

バンゲリングベイとはどんなレトロゲーム?

 

このバンゲリングベイですが

1985年にハドソンから発売された

ファミコン専用のシューティングゲームでした。

 

ゲームのストーリーは

敵国の「バンゲリング帝国」を破壊するために

バルカンと爆弾を搭載した

戦闘ヘリコプターで出撃するといったストーリーでした。

 

ゲームのシステムは

ヘリコプターを操作しながら相手の工場を爆撃していく

とても荒っぽい展開なのですが

ヘリコプターというコミカルな存在が

ゲームのバイオレンスさを少しだけですが和らげていた作品でした。

 

 

ヘリコプターの操作方法が独特でもありまして

 

バイオハザードの様なラジコン型の操作性に

新感覚のアクションシューティングゲームとして楽しんだ人も

多かったのではないでしょうかね。

 

ファミコンと言えばバンゲリングベイ、なんて

未だに人気が高い作品なのでした。

 

 

 

バンゲリングベイの感想でもあり レビューでもあり

 

[相手にも心があるというリアルさ]

 

このゲームの目的は、バンゲリング帝国を破壊するという事です。

 

ではどうやって破壊していくのか?というと

爆弾を落として、相手の工場を破壊していくんです。

 

しかし、そう簡単に破壊できるのかというと、そうではなく

積み込んである爆弾を全て直撃させて

やっと破壊できるという頑丈さでした。

 

 

つまり、工場を破壊した頃には

「手持ちの爆弾が全て無くなっており、次の工場に向かうことが出来ない」

という事なんですね。

 

そんな時にどうするのかというと

海に浮かんでいる、自分の補給基地に戻って

満タンにするというシステムでした。

 

工場を破壊する、爆弾が無くなる、自分の空母に取りに行く

この繰り返しで、ゲームが進んで行く作品でした。

 

 

そんな時に相手も思ったのでしょうね

「それなら空母を破壊すれば、もう補給できないじゃん!!」と。

 

そうなるとどうなるのか?

 

相手もこちらが工場を破壊するかのように

空母に戦闘機を出動させて、破壊しに来ます。

 

このリアルさが最高で

「自分の拠点には絶対に攻撃してこない」というお約束を

このバンゲリングベイでは、完全にぶち壊しているんですよね。

 

そんな、「宇宙戦艦ヤマト」の漫画を読んだ時の様な

「敵国にも戦う理由がある」と、今更になって気づいた作品でした。

 

 

 

[二人で遊べるという凄い設定]

 

このバンゲリングベイですが

二人で同時にプレイが出来るという、画期的なシステムが搭載されていました。

 

「二入でヘリコプターを操作して、協力しながらクリアを目指そう…」

なんて甘くないのが、このバンゲリングベイです。

 

というのも、このゲームの遊び方は

一方はヘリコプターを操作

一方はバンゲリング帝国を操作して、相手のヘリコプターを撃墜させるという

とんでもないシステムでした。

 

相手の帝国を破壊して平和な世界を…。

という正義の視点でプレイしても良い。

 

襲来した凶悪なヘリコプターを迎撃して

平和な世界を守り抜いていく…。

という敵の視点でプレイしても良い。

 

こんな、勧善懲悪では収まりきらない奥深さこそが

このバンゲリングベイという作品の凄い所でした。

 

 

 

バンゲリングベイのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

遊んだ事は無いのに

バンゲリングベイという名前だけは知っている。

 

そんな人も多いかと思います。

 

だったら、この機会に遊んじゃいましょう。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

やっぱり独特な操作性でしょうね。

 

その場所にとどまっていたいのに

そう簡単にはとどまれない。

 

こんなヘリコプターならではの展開が最高でした。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

ゲームの内容でいうと…とてもシンプル

 

ゲームのプレイ時間でいうと…15分位でクリア出来る

 

ゲームのお約束は…完全に破壊する

 

そんなリアルをお楽しみください。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

「ハドソーーーン」とマイクに叫んだ子供が続出した、名作シューティング

それこそが、今急いで360円で買う理由です

 

こちらから購入できます