読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

こんなに手に汗握るゲームは久しぶり チャンピオンシップボウリング

このゲームほど、説明書を欲しいと思ったことはない

 

[ゲームのルールが全く分からないので  純粋にボウリングだけを楽しむ]

[チャンピオンシップボウリング  アテナ  ファミコン]

1991年発売  ジャンル ボウリング  参考価格800円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  30分

このゲームに対する世間の評価  ボウリングゲームって 意外と珍しいですよね

どんな人におすすめ?  無性にボウリングを遊びたくなる時に あれば便利

バーチャルコンソールで配信なし

 

 

ボウリングというのは、年齢を重ねてからが面白いそうです。

 

昔は、圧倒的なパワーで

ボウリングのピンを吹っ飛ばしていたプレイヤーも

 

年齢を重ねるごとに、筋力の衰えを感じて行き

 

後半はテクニックでカバーして行くそうで。

 

その結果、年齢に比例して

ボウリングが上達する人が多いそうですね。

 

なので、老後の楽しみにはボウリングが大人気なんだそうです。

 

 

そんな今回の、実際のボウリングの予習用に持っておきたいゲーム

チャンピオンシップボウリングの感想です。

 

 

 

チャンピオンシップボウリングとはどんなレトロゲーム?

 

このチャンピオンシップボウリングですが

1991年にアテナから発売された

ファミコン専用のボウリングゲームでした。

 

ボウリングをゲームで遊ぶのってどうなの?とお思いでしょうが

意外とこれがハマれるんですよね。

 

 

ゲームの目的は、

純粋にボウリングを楽しむのが目的です。

 

 

ゲームのシステムは、

ゴルフゲームの様な感じでした。

 

ボールを投げる場所を自分で選びまして

右曲げるのか

左に曲げるのか

まっすぐ投げるのかを

動いているゲージに合わせて、タイミング良くボタンを押します。

 

そして最後に、投げるパワーの調整をします。

 

このパワーが強いほど、ボールは奥の方で曲がります。

 

パワーが弱ければ、真ん中の方でボールが変化します。

 

このゲームを簡単に言ってしまえば

みんなのゴルフのシステムで、ボウリングを楽しむといった感じでしょうかね。

 

 

選べるキャラクターも4人居まして

 

それぞれのキャラクター事に、投げる利き手が違いますので

どのキャラクターが、自分に合っているのかを楽しむ作品でもありました。

 

そのほかの特長としましては

ボールの重さによって曲がり方が変わるなど

同じキャラクターでも、違いを楽しむ事も出来ました。

 

 

しかし、このゲームには不明な部分も多かったですね。

 

いかんせん、説明書が無い状態で購入しましたので

最初に選べる、複数のボウリングレーンの違いが未だに分かりませんでした。

 

それでも、ボウリングゲームと言う

数少ないゲームジャンルを楽しむには、最高の作品なのでした。

 

 

 

チャンピオンシップボウリングの感想でもあり レビューでもあり

 

[こんなに手に汗を握ったのは、高橋名人の冒険島以来…]

 

私は、あまりにも沢山のゲームを遊びすぎたために

あまり手に汗をかかなくなりました。

 

ドキドキを感じる事はあるのですが

昔の様に、手に汗をびっしょりかいて

コントローラーが滑るという事は無くなりました。

 

 

しかし、あったんですね。

 

それが、今回のチャンピオンシップボウリングでした。

 

まさか、シンプルなボウリングゲームで

こんなに緊張するとは思いませんでした。

 

こんなに緊張したのは、「高橋名人の冒険島」を遊んだ時以来です。

 

 

どうしてそんなに緊張するのかと言いますと

このゲームでは、ストライクを取る度にちょっとしたお祭りが始まります。

 

最初はおとなしめだったチアリーダーが

どんどん派手に踊ってくれますし

 

4連続の時は七面鳥が走り去っていくなど

ゲームを最高に盛り上げてくれます。

 

ストライクを取るのは、本当に難しく

少しのミスで、簡単に途切れてしまいます。

 

なので、未だに5連続のお祭りを見たことが無いくらいです。

 

 

ゴルフゲームで例えるならば

「このショットを入れれば、次のコースが解禁される」という

あの最高潮の緊張感が常に襲ってきました。

 

 

私の最高スコアは243でしたが。

 

そのゲームが終わった時は

コントローラーが数年ぶりにびちょびちょでした。

 

このゲームの隠れた目標としては

パーフェクトの300を狙うという事なのでしょうが。

 

そんな緊張感に耐える事は出来ないでしょうね。

 

 

最後の5連続目のストライクに挑戦した時なんて

完全に手元が狂って、4本しか倒せませんでしたから。

 

5回目のストライクであれならば

最後の10回目を投げる瞬間はとんでもないのでしょうね。

 

 

今までは、

ボウリングゲームという物を遊んだ事はありませんでしたが。

 

このゲームをプレイしてからは、

「ボウリングゲームってこんなに面白かったのか!!」なんて見直しましたね。

 

 

その結果、他のボウリングゲームも

めちゃくちゃ集めたくなってしまいましたとさ。

 

 

 

チャンピオンシップボウリングのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ボウリングのゲームというのは

こんなにも面白いのかと

今の時代に再認識してみてはいかがでしょうか。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

簡単にストライクを取れないという事は

それだけ嬉しさも増すという事です。

 

そんなゲームでパーフェクトを狙う

最高ですよね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームは

音楽が最高にカッコよかったのですが。

 

あまりの緊張感で、正直音を消してプレイしていました。

 

真ん中に投げただけでは

絶対にストライクが取れないなど、リアルな設定も最高でしたので。

 

音楽を消して、最高に集中するのが定石でしたね。

 

 

5連続ストライクを取ると 

いったいどんなお祭りが行われるのか?

 

気になるね

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

手に汗を握りたい人にお勧めの 名作ボウリングゲーム

チャンピオンシップボウリング

 

それこそが、今急いで800円で買う理由です

 

こちらから購入できます