読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

正解率100%という 異常すぎるクイズの王様に土をつけろ 史上最強のクイズ王決定戦

早押しクイズの奥深さを知る

 

[後半は問題を丸暗記して王者に挑む]

[ギミアぶれいく・史上最強のクイズ王決定戦  ヨネザワ  ファミコン]

1991年発売  ジャンル クイズ  参考価格630円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  3時間

このゲームに対する世間の評価  元はテレビ番組だったんですよね

どんな人におすすめ?  激ムズのクイズゲームが好きなら最高におすすめ

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

クイズゲームのクイズというのは

時事ネタが一番難しいと言われています。

 

「このアイドルって誰?」とか

 

「この漫画ってなに?」とか

 

「そのCMって今やってないよ」みたいな感じです。

 

 

しかし、今回のゲームに関していえば

その割合が、かなり低めに設定されていましたので

他のレトロゲームに比べて、長く楽しむことが出来ましたね。

 

 

そんな今回の、タイトル通り史上最強のクイズ王が居る

ギミアぶれいく・史上最強のクイズ王決定戦の感想です(*’▽’)

 

 

 

史上最強のクイズ王決定戦とはどんなレトロゲーム?

 

この史上最強のクイズ王決定戦ですが

1991年にヨネザワから発売された

ファミコン専用のクイズゲームでした。

 

ヨネザワというゲームメーカーは、このゲームの他にも

「バトルストーム」という

ファミコンのシミュレーションゲームも発売しており

そちらのゲームの方が、有名かも知れませんね。

 

 

ゲームの目的は

最強のクイズ王になるために、早押しクイズに挑んでいくという物でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスの4択クイズゲームで

いかに、相手よりも早く問題に答えるかが重要な作品でした。

 

今までのクイズゲームとは違い

時事ネタの割合がかなり少なかったので

今の時代に遊んでも、充分楽しめたのは良かったですね。

 

「このアイドルってだれですか?」みたいなクイズゲームが多い中

最年少の総理大臣の名前とか

ナスカの地上絵はどこにあるとか

いわゆる、今の時代でも分かる問題が多いゲームでもありました。

 

 

このゲームは早押しクイズなので

もたもたしていると相手に答えられてしまいます。

 

しかし、シンプルな問題もあれば、ひねくれている問題もありますので

「どのタイミングでボタンを押すのか」を考えるという

早押しクイズ本来の、奥深さを楽しむことが出来ました。

 

最大で6人プレイが出来るというのも

当時としては画期的な作品だったと思います。

 

 

最初は何も知らなかったクイズ問題も

何百問と繰り返し解いて行く内に

いつの間にか、自分の智識となりまして

いつの日か史上最強のクイズ王になれるのが、最高の作品なのでした(^◇^)

 

 

 

史上最強のクイズ王決定戦の感想でもあり レビューでもあり

                                              

[タイトル通り 史上最強のクイズ王と戦え]

 

このゲームですが

最初は予選ブロックを勝ち上がって

最後に、史上最強のクイズ王に挑戦するという流れでした。

 

しかし、予選ブロックは1人だけでプレイが出来まして

簡単にクリア出来ます。

 

1人でプレイできる…ではなく

1人だけでプレイできる、もはや意味不明な予選会でした。

 

おそらく、30秒もあれば予選を勝ち抜けます。

 

 

そこで、満を持して登場するのが

カンニング竹山さん瓜二つの、史上最強のクイズ王です。

 

このクイズ王との対決は、10ポイント先取のクイズで

お手付きするとマイナス1ポイント

マイナス3ポイントすると、強制的にゲームオーバーというシステムでした。

 

相手が9ポイントでリーチをかけても

こちらが早押しクイズで答え続ければ勝てるという

ハラハラドキドキの展開でした。

 

 

そして、驚愕しましたね。

 

あまりのクイズ王の速さに。

 

このクイズは早押しクイズなので、問題がゆっくり流れて行きます。

 

なので、問題をゆっくり読みたいのですが

流石はクイズ王です。

 

問題が全然流れていないのに答えてきます。

 

今までは7秒くらいの余裕があったのに

クイズ王は3秒で答えてきます。

 

しかも正解率100%です。

 

お手付きなんてシステムは

自分にしか意味のないシステムだとこの時に教えられます。

 

こんな、「クイズの為に生まれてきたサイボーグ」に

どうやったら勝てるのかを

何時間もプレイしながら考えて。

 

 

たどり着いた結論が

「問題をとにかく暗記する」という事でした。

 

相手に答えさせなければ、こちらにも勝ち目はあります。

 

そして、ファミコンのクイズゲームという性質上

問題の数がそれほど多くはありませんでした。

 

 

その結果

「相手が3秒で押してくるのなら、こちらは2秒で押す」という

暴挙で行くしかありませんでした。

 

 

なにせ問題を丸暗記していますので

2秒で押しても答えることが出来ます。

 

しかし、引っ掛け問題も数多く出題されますので

簡単に行くのかと言われると

これでも五分五分でした。

 

そんなこんなで、3時間プレイして

ようやく、史上最強のクイズ王というボスを倒すことが出来ました。

 

 

単純な早押しクイズだけなのに

こんなにも熱狂できた理由は

 

史上最強のクイズ王のあまりの強さに

絶対に負けたくないという闘志が、メラメラと燃えたからでしょうね。

 

 

なので、「我こそはクイズ王」という方は

挑戦してみてはいかがでしょうか。 

 

問題を丸暗記しないでクリア出来たら

まさに天才といった感じのクイズゲームなのでした(/・ω・)/

 

 

 

史上最強のクイズ王のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

正答率100%のクイズの王様に

どうやって土をつけるのか

こんな体験をどうぞ。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

時事ネタが少ないという事は

今の時代にでも遊べるという事です。

 

これだけでも買う価値があるのではないでしょうかね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームをプレイすることで

「早押しクイズの極意」みたいなものを発見することが出来たので

これからクイズ王を目指す人には

お勧めなのでした。

 

 

相手が3秒で押すのなら 

 

こっちは2秒で押してやる

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

タイトル通りのクイズ王が居る 激ムズクイズゲーム

ギミアぶれいく・史上最強のクイズ王決定戦

 

それこそが、今急いで630円で買う理由です

 

こちらから購入できます