レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ヴェルヌワールド スーパーファミコン版  SFの神様を題材にした記念すべきRPG

サイエンスフィクションという夢のジャンルがRPGで登場

 

f:id:retogenofu:20170110174612j:plain

[作家の世界が魅力的なら、ゲームにしても魅力的?] 

[ヴェルヌワールド   バンプレスト  スーパーファミコン] 

1995年発売  ジャンル RPG  参考価格2400円

 

記事のネタバレ度  高め  

攻略に必要なプレイ時間 15時間

このゲームに対する世間の評価  ジュールヴェルヌの世界がRPGに?

どんな人におすすめ?  冒険小説が好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

皆さんは、「ジュールヴェルヌ」という作家はご存知でしょうか?

 

潜水艦に乗って、まだ見ぬ未知の世界へと冒険に出かける

海底二万マイル

 

金持ちの道楽で、80日間で世界一周を目指す

80日間世界一周旅行

 

15人の少年が無人島でサバイバルしていく

15少年漂流記

 

こんな、今でも語り継がれる名作小説を生み出した人こそが

ジュールヴェルヌという作家なんですね。

 

 

そんな今回の、ジュールヴェルヌの世界感でRPGを楽しんだらどうなる?

ヴェルヌワールドの感想です(*’▽’)

 

 

 

ヴェルヌワールドとはどんなレトロゲーム?

 

このヴェルヌワールドですが

1995年にバンプレストから発売された

スーパーファミコン専用のRPG作品でした。

 

SF界の神様である

ジュールヴェルヌの作品をモチーフにした

一風変わったゲーム作品でした。

 

ゲームのストーリーは

ヴェルヌの世界感をテーマパークにした

「ヴェルヌワールド」に遊びに来た主人公

巨大な地震によって、とんでもない世界へと巻き込まれてしまう…。

これぞSFというストーリーの作品でした。

 

日常と非日常の世界を

個性的な仲間達と共に大冒険していくのが目的でしたね。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなRPGシステムで

ゲームの画面で言いますと

「ロマンシングサガ」をイメージしてもらえると分かりやすいかも知れません。

 

このゲームならではの特徴としましては

 

ゲーム内で使えるエネルギーが

 

お金にも使用できるし

 

特集武器の使用にも必要というのが、オリジナルの要素でした。

 

「強力な技を使いたい、でも武器や防具も欲しい…。」

こんなジレンマが面白い作品でしたね。

 

オーソドックスなRPGでありながら

ジュールヴェルヌの世界を楽しめますので

読書好きの人にこそプレイして欲しい、不思議な作品でした。

 

 

 

ヴェルヌワールドの感想でもあり レビューでもあり

 

[物語の展開がとてもわくわくする]

 

このゲームは

比較的シンプルなストーリーの流れだと思います。

 

困っている人が閉じ込められている。

 

その原因を探して助ける。

 

そのお礼に、味方になってくれる。

 

こんなシンプルな展開で進んで行きます。

 

 

そんな、RPGの王道的な展開なのですが

謎解きがシンプルな分だけ

ゲームのストーリーに集中して向き合えるんですよね。

 

ヴェルヌ作品の主人公たちが

これでもかと物語を盛り上げてくれますので。

 

「あ!この作品、読書感想文の為に読んだな…」なんて

当時の小学生には、最高に感情移入出来た訳です。

 

小説でしか知らなかった主人公たちの

「見た目」や「乗り物」のイメージなどが楽しめたのが

最高な所でしたね。

 

「この作品は知ってるけど、この作品は知らない」なんて感じで

 

元ネタを知りたくて、ついつい図書館に行ってしまう

 

こんな魅力がこの作品にはありました。

 

 

 

[ゲームのバランスはかなり大味]

 

このゲームのもっとも凄いところは

パラメーターの伸び方の、異常さなのではないでしょうか。

 

レベルが上がる度に

パラメーターがグングン上がっていく

 

最高に嬉しい反面

ゲームバランスを壊しかねない、魔性のシステムでした。

 

RPGなのに

直ぐにヒットポイントが10000を超えるという

とんでもないゲームでしたね。

 

レベルが上がるだけで

さっきの自分よりも、とてつもなく強くなるので。

 

「さっきまでは強敵、レベルが2上がったら雑魚敵…」という

なんとも大味なゲームバランスには

 

「ストーリーが面白いんだかから、もう少し頑張ってよ…」と思ったのでした。

 

レベル上げが楽しい作品には、ハズレは有りませんので

その点からいえば、文句無しで楽しい作品では有りました。

 

 

  

ヴェルヌワールドの効率的な使用方法

 

このゲームをやる前に

ヴェルヌの小説を一冊読みます。

そして、テンションを高めてからプレイするんです。

 

そうすると、無限にこのゲームを楽しむ事が出来ます。

 

小説を一冊読む

ゲームをプレイする

エンディング画面を見る

セーブデータを消す

小説を一冊読む…こんな人生はいかがですか(/ω\)

 

 

 

ヴェルヌワールドのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ジュールヴェルヌのファンは

それこそ何千万人も居ると思いますが

 

このゲームを知っている人は、それほど多くはないと思います。

 

しかし、ジュールヴェルヌの世界感こそ

RPGの舞台にはもってこいなので。

 

ジュールヴェルヌファンにこそ、遊んで欲しい作品なのでした。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ステージ事に作品が変わって行きまして

どんどんヴェルヌの世界に引き込まれていくのが最高でしたね。

 

RPGとしては大味だとは思いますが

ストーリーは最高

こんな素晴らしさをお楽しみください。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームは、スーパーファミコンの後期に発売された事もあり

あまり、有名なゲームにはなれませんでした。

 

しかし、作家を題材にしたRPGというのは

かなり珍しいので。

 

「昔さ、ヴェルヌワールドってRPGがあってさ…」なんて感じで

今でもかなり人気がある作品だそうですね。

 

権利関係が複雑なので

バーチャルコンソールで配信される事はないのが残念ですが

 

わりと中古ショップで見かけますので、興味のある方はぜひどうぞ。

 

 

RPG好きは知っている 

 

ヴェルヌ好きには全く認知されて無い 

 

悲しいね

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

一風変わったRPGが好きなら 絶対にお勧め

それこそが、今急いで2400円で買う理由です

 

こちらから購入できます