読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

高橋名人のバグってハニー  アクションでは無く、ブロック崩し? クリアをしただけで褒められるでしょうね

ゲームの話 愛すべきゲーム 修正版

どうして普通にアクションゲームで出さなかったのか

 

f:id:retogenofu:20170227174659j:plain

[子供には絶対に分からない謎だらけ]

[高橋名人のバグってハニー  ハドソン  ファミコン]

1987年発売  ジャンル アクション ブロック崩し  参考価格350円

 

記事のネタバレ度  普通  

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  普通のアクションが遊びたかったな

どんな人におすすめ?  高橋名人が大好きなら絶対におすすめ

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

我らがヒーロー、高橋名人ですが

今でも陽気なおじさんとして、たまにテレビに出ていますよね。

 

そんな高橋名人を、有名にしたのは

「高橋名人の冒険島」という名作アクションゲームだと思いますが

 

実は、高橋名人が主役のゲームが他にも出ていたんですね。

 

 

そんな今回の、どうしてアクションゲーム100%で発売しなかったのか

高橋名人のバグってハニーの感想です。

 

 

 

高橋名人のバグってハニーとはどんなレトロゲーム?

 

この高橋名人のバグってハニーですが

1987年にハドソンから発売された

ファミコン専用のアクションゲームでした。

 

みんな思ったはずです。

 

「高橋名人が主役ってことは、絶対に骨太なアクションゲームだ!!」なんて。

 

しかしどうでしょうか、蓋を開けてみてビックリ。

 

まさかのブロック崩しがメインの、とんでもないゲームでしたね。

 

バグってハニーの目的は

 

ステージの中に隠されている、特殊な入り口を探して

 

ブロック崩しを遊びながら

ステージクリアのパスワードを集めて行くのが目的でした。

 

 

ゲームのシステムは、

石斧攻撃とジャンプという

本家の、高橋名人の冒険島をモチーフにしながらも

 

隠された卵を探していくアクションパート

 

八文字のパスワードを集めて行く、ブロック崩しパート

 

この二つを、交互に行き来しながらゲームを進めていきます。

 

そして、このブロック崩しのパートが

ゲームのメインといっても過言では無いんです。

 

と言いますのも、

パスワードを集めるために、最低でも8回は

ブロック崩しをクリアしなければならず

もはや、アクションパートは単なるおまけとかしていましたね。

 

そんな、骨太のアクションゲームかと思いきや

骨太な名作ブロック崩しなのでした。

 

 

 

高橋名人のバグってハニーの感想でもあり レビューでもあり

 

[英語嫌いの子供にとっては 悪夢だったでしょうね]

 

このバグってハニーですが

とんでもなく難しいゲームの一つとして有名です。

 

その理由というのが

基本的な英語を知らないと

パスワードを集めて行く事が、できない様になっているからです。

 

このゲームは、

ブロック崩しでパスワードを集めて行くのですが

 

どうやって集めて行くのかというと

ブロックの中に英語の文字が入っています。

 

AとかBとかCとか、文字がブロックの中に隠されています。

 

そのブロックに、球を当てて崩しながら

正解であるアルファベットを集めて行く展開でした。

 

しかし、そう簡単に集めさせてくれる訳ではありません。

 

正解の英語と、ダミーの英語が、ごちゃ混ぜに流れてきます。

 

正解はAなのに、BやCもブロックの中に入れられています。

 

そのダミーの文字を、誤って取ってしまうと

残機が減ってしまうので

注意深く見ながら、ブロック崩しをプレイしなければならないのですが

 

 

ハッキリ言って無理です!!

 

 

簡単なステージならば行けるのでしょうが

 

後半のステージの難しさプラス

アルファベットを避ける、瞬発力も試される

 

こんな、鬼の難易度こそが

当時の、英語嫌いの子供たちの心をズタズタにしまして。

 

未だに恐怖のゲームとして、語り継がれているのでした。

 

 

ブロック崩しを楽しみたいのなら

アクションパートは要らないですし

 

アクションパートを楽しみたいのなら

ブロック崩しパートは要らないですし

 

なかなかの、中途半端なゲームになってしまったのが

少し残念でしたね。

 

 

 

高橋名人のバグってハニーのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

高橋名人のゲームでありながら

 

アクションゲームでは殆ど無い

 

そんな不思議なゲームをお楽しみください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ゲーム音楽は、最高な部類

 

高橋名人を操れるだけで、充分満足

 

ブロック崩しも、なかなかやりごたえがある作品

 

こんな素晴らしさでしたね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

アクションパートとブロック崩しパートを

 

別々のゲームで出してほしいと、心底思うほどの難しさ

 

しかし、高橋名人が出ているのですから

 

結局は遊んじゃうよね

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

アクションゲームかと思いきや、名作ブロック崩し

高橋名人のバグってハニー

 

それこそが、今急いで350円で買う理由です

 

こちらから購入できます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 FC 高橋名人のBUGってハニー (ソフト単品)
価格:300円(税込、送料別) (2017/2/27時点)