レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

北斗の拳6という渋い格闘ゲーム  世紀末の格闘ゲームにコマンドなんて要らない

流石 北斗の拳、今までのお約束なんて関係ない

 

[面倒なコマンドなんていりません ボタン一つで北斗神拳が楽しめます]

[北斗の拳6・激闘伝継承・覇王への道  東映動画  スーパーファミコン]

1992年発売  ジャンル 格闘ゲーム  参考価格900円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  1時間

このゲームに対する世間の評価  キャラクターが盛りだくさんで 楽しすぎ

どんな人におすすめ?  全ての北斗ファンに遊んでほしい

バーチャルコンソールで配信なし

 

 

ゲームと漫画の関係と言うのは

本当に相性抜群ですよね。

 

特に、ジャンプのバトル漫画とゲームは

もう蜜月の関係です。

 

ジョジョの奇妙な冒険と格闘ゲーム

 

ドラゴンボールと格闘ゲーム

 

ナルトと格闘ゲーム

 

幽遊白書と格闘ゲーム

 

花の慶次と格闘ゲーム

 

そんな、真っ先にイメージしてしまうのが

ジャンプのバトル漫画と

格闘ゲームという最高の組み合わせですよね。

 

 

そんな今回の、北斗の拳だって格闘ゲームになっていました

北斗の拳6・激闘伝継承の感想です。

 

 

 

北斗の拳6とはどんなレトロゲーム?

 

この北斗の拳6ですが

1992年に東映動画から発売された

スーパーファミコン専用の格闘ゲーム作品でした。

 

原哲夫さんの大人気漫画「北斗の拳」をゲーム化した作品で

 

今までの北斗の拳のゲームと言うのは

「スパルタンX」や「飛龍の拳」の様な

アクションに格闘ゲームのシステムをプラスした

バリバリのアクション作品が多かったのですが。

 

今作では「完全なる格闘ゲーム」になって発売されましたね。

 

 

ゲームの目的は

原作キャラクターから好きなキャラクターを選びまして

覇王への道を目指して行くのが目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな格闘ゲームで

 

似たタイプのゲームで言いますと

「ストリートファイター」や「餓狼伝説」のような

2Dタイプの格闘ゲームでした。

 

敵をぼこぼこにする格闘ゲームのシステム

 

世紀末を舞台に、北斗神拳で相手を破壊する北斗の拳

 

そんな、最高に相性抜群の作品でした。

 

 

使えるキャラクター達も

 

主人公の 「ケンシロウ」 

相棒で最大のライバル 「レイ」 

序盤の難敵 「サウザー」 

最も盛り上がった、第1部のラスボス 世紀末覇者「ラオウ」 

後半のライバル 金色の「ファルコ」 

北斗神拳伝承者に仕える「黒夜叉」 

ラオウの実兄で 最強のラスボス「カイオウ」 

序盤に出てきた、脂肪が多すぎて北斗神拳が効かない設定の「ハート様」 

 

こんな、超有名なキャラクターから

「え?ラオウの上にまだお兄さんが居たんですか?」なんて

馴染の無いマニアックなキャラクターまで。

 

好きなキャラクターを選んで戦えるのも

素晴らしかったですね。

 

そんな、他の格闘ゲームとは一味も二味も違う

個性的な世界感が売りの作品なのでした。

 

 

 

北斗の拳6・激闘伝継承の感想でもあり レビューでもあり

 

[北斗のゲームに 必殺技のコマンドなんて要らない]

 

このゲームですが

初めてプレイした時は本当にびっくりしました。

 

必殺技のコマンドを入力しなくても、簡単に出せるからです。

 

基本的な操作方法としましては

パンチ、キック、ジャンプキック、たったのこれだけです。

 

そこに、原作お馴染の

「奥義」や「北斗神拳」などが細かく設定されている訳です。

 

ケンシロウで言いますと

「ホクトヒャクレツケン」「テンハカッサツ」「ムソウテンセイ」などの

ド派手な必殺技 

 

ラオウならば

「ホクトゴウショウハ」「テンショウボンレツ」 

 

ハート様ならば

「体当たりで突っこんで行く」、

 

こんな感じで、キャラクターごとに必殺技も決まっていたのですが、

この出し方が特殊だった訳です。

 

他の格闘ゲームならば

決められたコマンドを入力する事によって

必殺技を出すことができます。

 

この、必殺技のコマンドを、

いかに効率的に出すのかが

格闘ゲームの醍醐味だった訳です。

 

 

そんな醍醐味を壊したのが、今作の北斗の拳6でしたね。

 

このゲームでは

Rボタンを押しっぱなしにすることで

ゲージを溜める事が出来まして。

 

Rボタンを離すことで

必殺技を簡単に出せる、素晴らしいシステムでした。

 

パンチやキックは、与えるダメージが少ないので

「いかに必殺技を当てていくのか」を考えるゲームでもありました。

 

その攻撃を当てる事で

もう一つのゲージが勝手に溜まって行きまして。

 

このゲージを使用することで繰り出せる

必殺技の方が

更にダメージが大きいというのも、戦力性が広がって良かったですね。

 

 

ケンシロウで言うならば

簡単な必殺技が「ホクトヒャクレツケン」

ゲージを使用して繰り出すのが「テンハカッサツ」

ゲージを全て使用して繰り出す、究極の必殺技が「ムソウテンセイ」でした。

 

ムソウテンセイは攻撃力が大幅に上がって

敵の攻撃をかわしまくるという最高の技で。

 

この技を出すことで、ほぼ負けなくなるなど

まさにチート級の凄さがありましたね。

 

いかに「ムソウテンセイ」まで粘れるのか

こんな戦い方でした。

 

 

一見すると、基本攻撃と超必殺技しかない

大雑把な格闘ゲームの印象を持ってしまうのですが。

 

だからこその北斗の拳なんですよね。

 

小細工なんて必要なく、やるかやられるか

こんな緊張感が漂っているのが、この作品の素晴らしい所でしたね。

 

 

決して大雑把な格闘ゲームでは無いという事を

もう一度強めに繰り返しておきます。

 

 

 

[基本的なシステムが硬派すぎる]

 

このゲームですが、格闘ゲームでお馴染のシステムである

「2本先取で勝ち」では無く。

 

「1本取ったらその場で勝ち」こんな硬派なシステムでした。

 

他のゲームでもこう言ったシステムはあるのですが

オプションモードで変更することによって

1本先取になる場合が多いです。

(サムライスピリッツ等は1本先取に変える事が出来ました。)

 

しかし、このゲームでは

オプションモードなんてものは有りませんので

最初から最後まで1本先取の真剣勝負のままでしたね。

 

 

このゲームには

「ノーコンティニューで進まないと、グットエンディングを見られない」という

厳しい条件が設定されていました。

 

たった一回負けただけで

また最初からやり直しなのはきつすぎましたね。

 

バットエンドは見られますので

練習がてらに一度クリアしてから、気合いを入れてプレイするのが良かったです。

 

 

基本攻撃のダメージ量が少ないぶん

超必殺技を狙っていかなければならず。

 

攻撃を空振りすると

そのタイミングで相手が奥義を繰り出してくる。

 

せっかく後半まで進めたのに、また振出しに戻る。

 

こんな硬派すぎる作品でした。

 

 

「そんな格闘ゲームが、面白いんですか?」こう思うかもしれませんが

ゲームに慣れてくると、これが本当に面白いんです。

 

相手を「ホクトヒャクレツケン」でぼこぼこにして

ゲージを溜めて行きます。

 

そして最後に「ムソウテンセイ」を発動して

圧倒的な武力で叩き潰す。

 

カイオウには

「ムソウテンセイ」が効かないという設定どおりに

「ムソウテンセイ」を使用するだけで、一転ピンチが訪れる。

 

こんな展開が、大雑把な格闘ゲームという印象を

ガラリと変えてくれましたね。

 

 

そんな、北斗の拳シリーズ初めての、格闘ゲームだったからこその

バリバリの硬派なシステムなのでした。

 

 

 

北斗の拳6・激闘伝継承のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

今でも北斗の拳は大人気ですので

年代を超えて楽しめる、奇跡の作品だと思います

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

原作お馴染の必殺技を

ボタン1つで繰り出せるのは、最高に気持ちが良いので

北斗の拳が大好きな人にこそ遊んでほしい作品ですね

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが、結構なマイナーゲームでした。

 

しかし、昔ながらの北斗の拳ファンには、かなり売れたそうで

意外と中古ショップでも見かける事が出来ました。

 

しかし、当時は結構なお値段がしましたので

手を出すことが出来ませんでした。

 

「北斗の拳で格闘ゲームが遊べるなんて、絶対に凄そう!!」

こんな憧れのソフトだった訳です。

 

それから数年、購入して遊んでみると

やるかやられるかの、緊張感バリバリの渋い格闘ゲームですからね。

 

「相手の体を破裂させる」とか

「相手を逆向きに歩かせて、高い所から落とす」とか

ド派手な展開をイメージしていた時は、ガックリもしましたが。

 

それでも、繰り返し遊んでみると、結構な面白さでしたので

結果的には大満足でしたね。

 

北斗の拳の格ゲーが発売されていたの?なんて

このゲームの存在を知らない人も多いかと思いますので

 

格安の内に購入するのがおすすめです!!

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

ド派手な格闘ゲームかと思いきや、意外と渋い格闘ゲーム 

それこそが、今急いで900円で買う理由です!!

 

こちらから購入できます