読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

機動戦士ガンダム・逆襲のシャア  シャアモードの面白さ 伊達じゃない!!

発売日に速攻でクリアした 悲しい思い出が蘇る

 

[ゲームのボリュームでいえば かなり少ないのですが そこにも利点がありました]

[機動戦士ガンダム・逆襲のシャア  バンダイ  プレイステーション]

1998年発売  ジャンル 3Dシューティング  参考価格200円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  90分

このゲームに対する世間の評価  面白い!! けど短い!!

どんな人におすすめ  バーチャロンが好きなら 遊んでほしいな

アーカイブスで配信なし

 

 

ゲームを購入して

物凄く悲しくなる時というのは

沢山あると思います。

 

とてつもないクソゲーだったり

 

とてつもない激ムズゲームだったり

 

とてつもない謎ゲーだったり

 

発売日に購入して

たった数十分で絶望する

 

こんな悲劇だと思います。

 

 

そんな今回の 発売日に速攻でクリアしてしまう  でも憎めない

機動戦士ガンダム・逆襲のシャアの感想です。

 

 

 

機動戦士ガンダム・逆襲のシャアとはどんなレトロゲーム?

 

この機動戦士ガンダム・逆襲のシャアですが

1998年にバンダイから発売された

プレイステーション用の3Dシューティングゲームでした。

 

ゲームの目的は

 

「独立を認めないとブチギレちゃうぞ」と言いだした

シャアを倒すために

 

アムロが様々なミッションをクリアして、問題を解決して行く

こんな目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな3Dシューティングゲームで

 

「アクション」と「シューティング」と「格闘ゲーム」を

ミックスさせたようなシステムでした。

 

ガンダムで遊ぶ「バーチャロン」という感じでしょうかね。

 

0079から始まった

一年戦争の名シーンを体験しながら

 

0093に始まる

ネオジオンとの戦争を体験していく。

 

こんな流れでした。

 

一年戦争の思い出を体験しながら

逆襲のシャアの時代へと進んで行く

 

こんな展開も良かったですね。

 

 

シャア専用ザクと戦い

エルメスとゲルググと戦い

ジオングと戦い…。

 

こんな感じで

過去の名シーンを体験しながら

いま現在に進んで行く

 

この流れは素晴らしかったです。

 

ムービーが流れる

 

ステージをクリアする

 

ムービーが流れる

 

ステージをクリアする

 

そして逆襲のシャアの世界を思う存分体験する。

 

こんな、素晴らしすぎる流れを

一度でいいから体験して欲しいなと思います。

 

 

 

 

機動戦士ガンダム・逆襲のシャアの感想でもあり レビューでもあり

 

[ゲームの難易度でいいますと  まあビックリするくらい簡単]

 

このゲームですが

リアルタイムで購入した作品でした。

 

それはもう、ワクワクしながら遊びました。

 

そして、あまりの簡単さにびっくりしましたね。

 

と言いますのも

武器の多さが異常でして

常に相手を攻撃している感覚でした。

 

ビームライフル

ビームサーベル

こんな2種類のメイン武器を切り替えながら

相手と戦っていくのですが。

 

サブの武器として

ガンダムバズーカ

ガンダムハンマー

バルカン

こんな武器が用意されていました。

 

普通のゲームならば

サブの武器というのは、回数制限が設けられています。

 

5回しか撃てないけど

当ればとてつもない破壊力

だから、切り札として持っておく。

 

こんな流れだと思うのですが。

 

このゲームでは

一度使用した武器でも、時間の経過でフルチャージされます。

 

つまり

バズーカを撃ちまくる

ハンマーを投げつける

ビームライフルを撃ちまくる

バルカンを全弾発射する

武器が切れたので、ビームサーベルで時間を稼ぐ

気づくと武器がマックスまでチャージされている

また武器を撃ちまくる…。

 

こんな圧倒的な戦力で戦うことができました。

 

更に、ゲージが溜まると

超必殺技みたいなものが使用出来まして

この超必殺技が、まあ強力でしたね。

 

手持ちの武器を全弾発射するとか

 

ビームサーベルで、連続で斬りまくるとか

 

無敵のIフィールドを張って、一方的に攻撃しまくるとか

 

まさに超必殺技でした。

 

武器を使い切るころには

超必殺技を発動できるまでのゲージが溜まる

 

超必殺技を使った後には

武器がフルチャージされている

 

もはや、負ける方が難しい

こんな、圧倒的な戦力でした。

 

その結果が

購入したその日に、エンディングまで行ってしまう

中々の悲劇を体験できるのでした。

 

 

激アマなガンダムゲーム

それこそが、逆襲のシャアという作品の印象です。

 

 

 

[逆襲のシャアという事は 主人公は?]

 

ゲームのタイトルは「逆襲のシャア」です

それなのに、主人公はアムロです。

 

それは、おかしいと思ったのでしょうね。

 

アムロモードをクリアする事で

シャアモードが解禁されます。

 

このシャアモードこそが

このゲームの最大の売りでしょうね。

 

 

今までは、連邦サイドでストーリーが展開していたのに

 

シャアモードでは

ジオンサイド、ネオジオンサイドでゲームを楽しむことができました。

 

シャア専用ザクでガンダムと戦う

ゲルググでガンダムと戦う

ジオングでガンダムと戦う

サザビーでニューガンダムと戦う…。

 

こんな感じで

あの圧倒的な戦力差を、どうやってひっくり返すのか?を楽しむわけです。

 

アムロ側なら、簡単だった戦況も

シャア側なら、かなりの苦戦を強いられる

こんな、もしもの世界を体験できるのは良かったですね。

 

 

皆思っていた訳です。

「自分がシャアだったら、ガンダムを撃ち落とすのにな」と。

 

こんな体験を出来るようにしてくれたのが

今作のシャアモードなのでした。

 

ただ、欠点もありまして

特にストーリーは変わらないです。

 

ガンダムを倒しているのに

ストーリーは同じ

 

ニューガンダムを倒しているのに

ストーリーは同じ

 

こんな感じで、歴史をねじ曲げる事は出来ませんので

その部分だけは少し残念でもありました。

 

名作シミュレーション

「ギレンの野望」では

ガンダムの歴史そのものを捻じ曲げる事ができました。

 

負けるはずのジオンを

勝利に導くことも出来ましたので

 

「アクション版のギレンの野望か!!」なんて

熱すぎる展開を期待していた人にとっては、少し残念でしたね。

 

それでも、このおまけモードが無ければ

40分ほどで終っていましたので

 

満足度で言えば、大満足のモードなのでした。

 

 

 

機動戦士ガンダム・逆襲のシャアのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

フルで遊んでも

90分で終ってしまう短さなのですが

 

このゲームの短さが絶妙で

最初から、最後まで、マックステンションで進めることができ

「短いゲームも、意外といけるね」と再認識できましたね。

 

下手に、ゲームを薄められるよりも

 

ギュッと濃縮した、ゲームを一気飲みする

 

こんな素晴らしさを体験してみて下さい。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

機動戦士ガンダムでバーチャロンを楽しんだら

 

そんな豪華すぎるゲームをお楽しみください。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

アムロから見た逆襲のシャア

 

シャアから見た逆襲のシャア

 

そんな二つの世界を、この機会に遊んでください。

 

きっと、映画を見直したくなるでしょうね

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

本編よりも おまけのシャアモードが熱い

それこそが、今急いで200円で逆襲のシャアを買う理由です

 

こちらから購入できます