読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

SD戦国伝・国盗り物語 ガチャポン戦士をこれでもかと荒々しく進化させた 名作

ゲームボーイ初期を代表する 荒々しい名作ゲーム  和風のBGMも最高

 

f:id:retogenofu:20161120001754j:plain

[にくんにつかえるきはない…にくんってなんですか?]

[SD戦国外伝・国盗り物語   バンダイ  ゲームボーイ]

1990年発売  ジャンル アクション・シミュレーション  参考価格200円

 

記事のネタバレ度  高め  

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  

こんなにもスピード感溢れるシミュレーションゲームは珍しい

どんな人におすすめ?  ガンダムが好きなら絶対にお勧め

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

「司馬遼太郎」原作の

国盗り物語という小説がありました。

 

この小説は

織田信長の人生を描いた小説で

大人気シミュレーションゲーム、

「信長の野望」のモチーフにもなった歴史小説でした。

 

そんな大人気歴史小説を題材にしたゲームが

他にもあったのです。

 

 

そんな今回の、ガンダムと司馬遼太郎 奇跡の融合

SD戦国伝・国盗り物語の感想です(*’▽’)

 

 

 

SD戦国伝・国盗り物語とはどんなゲームレトロゲーム?

 

このSD戦国伝・国盗り物語ですが

1990年にバンダイから発売された

ゲームボーイ用のアクションゲーム作品でした。

 

ゲームの目的は

ガンダムで国盗り物語を行ったらどうなるのか?

そんな夢物語を実現したのが

今回のSD戦国伝・国盗り物語という訳です。

 

「ガンダム軍」と「ザクト軍」どちらかを選び

戦国の舞台で雌雄を決するのが目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションゲームで

アクションゲームにシミュレーションをプラスした作品でした。

似たタイプのゲームで言いますと

「ガチャポン戦士」をシンプルにしたシステムでしたね。

 

 

ガンダム軍なら

将軍ガンダム

ぜーだガンダム(なぜか?ぜーたでは無い)

ひゃくしき

 

ザクト軍なら

ささびい

さいこ

くいんまんさ

 

「機動戦士ガンダム」お馴染のモビルスーツたちが

戦国武将として登場しまして。

自分の味方となり、全国制覇を目指していく作品でした。

 

ファミコンで大人気だった、ガチャポン戦士をモチーフに

信長の野望の様なシミュレーションゲームと

格闘ゲームの様なアクションゲームが楽しめる。

なんとも贅沢な作品でした。

 

 

ガチャポン戦士との違いは

ガチャポン戦士は、お金を使用してユニットを生産していくのに対して

 

今作の国盗り物語では

マスに居る中立的なユニットを説得しながら

徐々に戦力を増やしていく作業でした。

 

主力ユニットは、最初から城の中に居るのですが

その他のユニットは、フィールドのマスに住んでいまして

そこに足を運んで説得していく訳です。

 

この部分こそが

戦国時代の「在野武将」を探すシステムと同じだった訳です。

 

「あそこには、とんでもない天才が居るらしいぞ」とか

「あそこには、とんでもない剛腕の持ち主が居るらしいぞ」とか

優秀な人材を探す事こそが、戦力強化に繋がっていた時代を

上手く表現した訳ですね。

 

シナリオごとにキャラクターが決まっていますので

いかに、中立のキャラクターたちを

こちらの陣営に引き込めるのかが重要でした。

 

危険を冒してでも

相手の近くのキャラクターを説得しに行くのが

このゲームの最大の攻略方法だったのかもしれません。

 

 

アクションのテクニックだけで進むのではなく

どうやって仲間を増やしていくのか?が最高に楽しい。

ゲームボーイ初期を代表する偉大な作品でしたね。

 

 

 

SD戦国伝・国盗り物語の感想でもあり レビューでもあり

 

[リアルタイムで進んで行くのが新感覚]

 

このゲームですが

ターン制で進んで行くモード

リアルタイムで進んで行くモード

二種類から選べるシステムでした。

 

ターン制の方は

自分と相手の交互にターンが進んで行く。

オーソドックスなシミュレーションゲームのシステムです。

 

リアルタイム制の方は

自分も相手も、ターンという概念を無視して

好き勝手に進んで行くというのが斬新でした。

 

こちらがもたもたしている内に

相手の軍は素早く戦力を拡大して、こちらに攻め込んで来る。

 

このヒリヒリ感が最高で

どうやったら相手よりも早く戦力を展開出来るのか?を考えるのが

とても重要なゲームでした。

 

ターン制ならば

「相手がここに移動するのかな?」を考えるのが必要なのですが。

 

リアルタイム制ならば

「相手が移動する前に、戦力を素早く展開するんだ!!」なんて

大興奮を味わうことが出来たのは、最高のセールスポイントでした。

 

 

 

[二つの軍で遊べるのが楽しい]

 

今までのゲームならば

主人公のチームだけしか使えないものでした。

 

「敵のチームを選べて嬉しいの?」こんな感じだったと思います。

 

しかし、このゲームでは

ガンダム軍とザクト軍で遊ぶことが出来ます。

 

つまり

「ガンダム軍に飽きたから、今度はザクト軍で」とか

「ザクト軍に飽きたから、今度はガンダム軍で…」というふうに

その日の気分でチームを変えて遊ぶのが最高でした。

 

中立キャラクターも

ガンダム軍に好意的

ザクト軍に好意的と言うのが決まっていましたので

チームを入れ替える事で、同じシナリオでも2倍楽しめるのは素敵でしたね。

 

「ウルトラマン」でも

正義のウルトラマンではなく

悪の怪獣に肩入れする子供も多かった時代ですから。

 

正義のガンダム軍のみならず

悪側のザクト軍側に肩入れする子供も居ると考えたのかも知れません。

 

その結果が「二つの軍勢で楽しめる」という

素晴らしいシステムに繋がったのでしょうね。

 

 

[ストーリーモードが無い]

 

このゲームですが

短いステージが10本入っているのですが

ストーリーモードというものは無く、そこが少し物足りなかったですね。

 

こんなにも面白いゲームシステムだったので

もっと沢山のステージを遊んでみたかったなとも思いましたね。

 

 

そんな不満点からなのか

続編の「天下統一編」では、濃厚なストーリーを楽しむことが出来たのでした。

 

荒々しい感じは今作の方が強めでしたので

今作にストーリーモードがあれば

おそらく伝説になれたでしょうね。

 

 

 

SD戦国外伝国盗り物語のまとめ

 

こちらから購入できます

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

このゲームには難しい言葉が沢山出てきます。

「にくんにつかえるきはない」とか

「かえりうちにしてくれる」とか

子供の頃には分からなかった

難しい言葉の意味が、最近になってようやく分かる様になりました。

 

特に「にくんにつかえるきはない」ですが

漢字にすると意味が分かります。

 

「二君に仕える気は無い」となり、

二人の君主に仕える気は全く無いという

かなり深い意味だとようやく分かったのでした。

 

勉強にもなるゲームって最高ですよね。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

こんなにもスピード感溢れるシミュレーションゲームは

かなり珍しいと思います。

 

なにせ、とんでもない速さで敵が進行してきますから

ぼけっとしている暇なんてありません。

 

そんな荒々しい感じこそが

今なお名作シミュレーションとして語られている理由なのかもしれませんね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

シミュレーションゲームというのは

考えて、考えて、考えまくって、ターンを進める。

 

こんな玄人好みのジャンルだと思います。

 

そんなジャンルをこれでもかと破壊しまして。

 

「急がないと、敵軍に仲間を根こそぎ持っていかれる!!」なんて

とんでもないゲーム性になっていた訳です。

 

こんな凄いシミュレーションゲーム

まさに戦国時代の織田信長の様なゲームを遊んでみませんか?というのが

今急いで買う理由です!!

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

二君に仕える気は無いという敵軍の武将を

無理矢理説得するのが最高に楽しい

それこそが、今急いで200円で買う理由です

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

retogenofu.hateblo.jp